スペイン「カルメン」紀行25

あたらめてカルメンについて

IMG_20151204_0001このツアーで松本侑子さんに質問したことがある。

「スペインで歌劇カルメンが上演される時は、スペイン語で上演されるのですか?」

松本侑子さんの返事は「フランス語です」。

その時に聞いたお話の内容が、「ヨーロッパ物語紀行」にこんなふうに書かれている。

**************

スペインの人に「スペインの物語といえば『カルメン』を知っています」などと口にすると、無知な東洋人だと秘かに軽蔑されるかもしれない。
 舞台はアンダルシアでも、フランス人がフランス語で書いたフランス文学だからだ。オペラにいたっては、台本を書いたR・アレヴィとH・メイヤック、作曲家ビゼーもすべてフランス人。ビゼーは一度もスペインに行かずに、スペイン的とされる旋律を作ったのだ。作者のメリメはスペインへ二度、旅をしているが、いずれにしてもこれは「フランダースの犬」と同じように外国人が書いた小説だ。
 もっと厄介なことに、ホセはバスク人、カルメンは流浪の民だ。しかもホセの母国語はバスク語、カルメンはロマーノ語で、主な登場人物は、スペイン語を話すスペイン人でさえないのだ。
・・・・・・・・・・・略・・・・・・・・・・・

スペイン人にしてみれば、侵略国フランスの役人メリメが、スペインとは言語も文化もちがうバスク人の山賊とロムの女の殺傷沙汰を、人から聞いて書いた外国文学が『カルメン』だ。スペインには、ほかに優れた古典、名作があるにもかかわらず、これがもっとも有名な物語として世界中に流布していることに対して、微妙な心情があることだろう。
 また、バスク人とロムは長らく差別されてきた人々だ。被差別者の男と女が不道徳で犯罪の匂いのする色恋沙汰をする設定そのものに、今の考え方かるすると、政治的な公平性(PC)の観点からの批評も生じるだろう。
 『カルメン』は、スペイン人、バスク人、ロムの三者それぞれを複雑な心境にさせる物語なのだ。どこの国にも、マイノリティとされる人々の問題はあるが、それが『カルメン』には集約的にあらわれているからだ。

**********************************

原作本の「カルメン」には文庫本では二種類の本がある。 IMG_20151119_0002IMG_20151204_0001 - バージョン 2

「カルメン」の第4章には、カルメンとは直接関係のない、作者が調べたことを読者に教えるような文章が10数ページ書かれている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ボヘミヤン、ヒタノス、ジプシー、チゴイネルなどの名で知られ、ヨーロッパ全体に散在している御承知 の放浪民族が、今日なお多数に存在する国の一つはスペインである。多くは南部および東部の諸州、すな わちアンダルシア、エストレマドゥラおよびムルシア王国に住んで、というよりは、放浪生活を送ってい る。カタルーニャにも相当たくさんいる。このカタルーニャの連中はたびたび国境を越えてフランスへや って来る。南仏で市の立つ場所では、いたるところ、この連中を見かける・・・・・」
(岩波文庫より)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在であったら、本の編集者などが、「あとがき」としてこの記述についての解説を書いているだろうと思われる内容の文章が続いている。
残念ながら上の二冊の文庫本にはそのような解説はのっていない。

私がこのスペインへの旅行に行きたかった理由の一つが「ジプシー」のことだった。
10数年ぐらい前からだろうか、「ジプシーという言葉は使ってはいけない言葉だ」とか「ジプシーという言葉よりロマと言う言葉のほうがいい」とか「ロマと言う言葉は彼らの言葉で人間という意味だ」というような論調の評論を読んだことがあるからだ。
そう言われているのならそのほうがいいのだろう、というあまり自覚のない根拠で、「ジプシーよりもロマと言い換える方がいい」と思ってそうしてきた。

スペインへ行く機会に現地の様子を見てみたい、できたら何かスペインでの知識を得たい、そんな気持ちがあった。
松本侑子さんの本には、きっちりとそのあたりを押さえた記述があった。

****************************

「メリメの書く「ボヘミア』とは、流浪の民、英語でいうジプシーだ。もっとも最近は、ジプシーという言葉は使われなくなっている。
 というのもこれはジプシー以外の人がつけた呼称であり、本人たちが呼びならわした名称ではないからだ。そもそもエジプト出身説は誤りで、古い時代にインドを出た人々だと今ではわかっている。また最近は放浪しているわけではなく定住者が増えている。さらにスペイン語ではヒターノ、ジプシーの話すロマーノ語ではロム(複数形はロマ)という言葉があるため、昨今は、ヒターノ、もしくはロム、ロマと称されることが多いようだ。

***************************

ジプシーという言葉は、周りの人々の呼び名だったのだ。それは差別的な響きを伴い、差別の意図を持って使われてきたからその名前を拒否する人が出てくるのも当然だと思う。その結果ロマやロムと言う言葉を選び、使うような運動も起こってきたのだろう。このツアーを前後して何冊かの本、ビデオ見た。そこでわかったことは、

1.ジプシーという言葉は外から与えられた言葉で、その言葉を嫌う人たちは、ジプシーよりもロマを使うほうが良いと世界に訴えている。また逆に誇りを持ってジプシーということばを自分たちのミュージックグループ名にしたり、ジプシー音楽として広めている人達もいる。
2.ジプシーと言われて人たちは多様で、肌の色も髪の色も眼の色も宗教もひとくくりにできるものではない。私たちはこれまでの「ジプシー観」に規定されて見ていることが多い。
3.第二次世界大戦で、ナチスドイツは多くのジプシーの人達を虐殺している。その数はユダヤの人たちよりも多い言う説もある。ただジプシーの人たちはそのことを、ユダヤの人たちのように世界に訴えなかった。だから私のようにそのことを知らない人が多い。

IMG_20151227_0001

私が読んだ本で、手に入れやすくて新しい資料と作者の体験・経験を読みやすくまとめてあると感じたのが左の「ジプシーを訪ねて」(岩波新書 関口義人著)

ジプシーの研究は現在急速に進んでいる。起源についても様々な説があるようだがこの本でも詳しく取り上げられている。ただ現在進行形のものも多くあるので断定することは控えていると思う。たとえば起源についは、

「1990年代末から一気に進んだヒンディ、サンスクリットとロマニとの密接な関連性の研究は、ジプシーのインド起源を示唆する、というより、その言語ロマニが確実にアジア系のそれであること、もっと厳密には、南アジア系の言語であることを立証するにいたっている。無論、だからといって彼らがインド起源であるといえるのか、そうは言えない。しかし同様に、そうではないとは『なおさら』言えないのである」。

IMG_20151227_0002

 プログてお世話になっている風見鶏さんのお知り合いの人から映画「パプーシャの黒い瞳」を紹介してもらった。その映画上映を記念して日本で作られた本が左の「パプーシャ その詩の世界」(発行ムヴィオラ)。谷川俊太郎さんの寄稿やジプシーについての歴史的な論文ものせられている。(フィツォフスキー著「ポーランドにおけるジプシー 歴史と習俗」)

映画はビデオになっている。そのビデオも風見鶏さんのお知り合いを通じて見ることができた。

映画はモノクロで、1910年ごろから1971年ごろまでの実在したパプーシャという女性の人生がテーマになっている。
古いジプシーの人達の生活ぶりや周りの人達の様子が丁寧に描かれている。
文字を持たないジプシーの中で、パプーシャは文字を習い、自分の生活や自然を詩にあらわしていった。その詩がジプシーとジプシー以外の人達との垣根を越えるきっかけになることもあり、かえって閉ざすことにもなる。現在にも続く課題が提示されているように思える映画と思った。

スペインの日本人のガイドさんからもジプシーと言われる人たちの話も聞いた。その人達が個人的に経験したり、聞いたりした話なのでここでは控えておく。どなたもジプシーについて差別的な予断や偏見を持たせるような説明や言い方をされなかったことは日本人としてうれしかった。ただ一般的に言えるのは、「意識しないと見えない」ということだ。

岩波新書の「ジプシーを訪ねて」の著者関口義人さんは本の最後のほうでこんなふうに書かれている。

「本来私にとって、ジプシーの言語や起源の問題は、どちらでもいいことに思えるのだ。彼らが生きる厳しい現実を見つめていると、あらたな研究(いかなる分野であれ)がジプシーの現状の打破につながるのであれば、一層進んでほしいと願っているが、「ジプシー」自身をないがしろにした単なる研究のための研究に関してはよく吟味されるべきだと思っている。しかし、何もしなければ彼らの生活は現状のまま、ないし劣悪化の一途をたどることは間違いない。人権団体などの支援や経済援助などのさまざまな取り組みもあるが、ヨーロッパ自体の経済危機の煽りを受けて現在は停滞していることが大変に懸念される。
 本書で繰り返し述べてきたような、ジプシーを訪ね歩いたり、ジプシー関連書を読み漁ったりする作業は、まったくの個人的で風変わりな趣味だと思われるかもしれない。が、私は現代に生きる私たちがジプシーを知ることには、大きな意味があると思っている。ジプシーを見つめること、それは私たちが住む社会を見つめることでもある。・・・・」。

フラメンコ人口はスペインを上回るという日本。日本の地でフラメンコからスペイン、ジプシーのことを考えていくのはなかなか自分でも大変なことと思う。でも、このツアーがきっかけで少しは考えることは良かったと思う。
日本に帰ってから「アラビアのロレンス」のビデオをあらためて見たが、初めて映画を見た高校生の時にはまったく気づかなかった、イギリス軍将校やアメリカの新聞記者達のアラブの人たちへの上から目線が描かれていることに気がついたのも、収穫だと思った。

全くの個人的な経験を記録としてブログに書いた。多々のまちがいがあるかもしれないが、私も現在進行形なので、今後も考えていこうと思う。

最後にパプーシャの詩を引用し、このスペイン紀行の終わりとしたい。

       森よ、わが父よ

森よ、わが父よ、
黒い父よ、
あなたは私を育て、
あたなは私を捨てた。
あたなの葉は震え、
私も葉のように震える。
あなたが歌い、私も歌う。
あなたが笑い、私も笑う。
あなたは忘れなかったし、
私もあたなを覚えている。
おお、神様、私はどこへ行けばいい?
何をすればいい、どこから
おとぎ話と歌を取ればいい?
私は森へは行かない、
川にも出会わない。
森よ、わが父よ。
黒い父よ!

 

 

 

スペイン「カルメン」紀行24

パリ、そして日本へ

_MG_8657

_MG_8658

IMG_5537

ここはパリの「オペラ座」。
ACDEMIE NATIONALE DE MUSIQE
の文字が見える。

オペラ座の周りは賑やか。
夕方になると正面の階段付近に沢山の人が集まってくる。
待ち合わせの場所に最適なんだろう。
階段には多くの若者が座っている。

私達がパリにいた間、オペラ座では、夕方になるとだれかがパフォーマンスなのだろうか、歌を歌っていたり楽器の演奏をしていて、その歌声や楽器の音色がオペラ座の周りにただよっていた。

オペラ座の周りにはお店がいっぱいあり、日本でいうスーパーマーケットやデパートがいくつも出店していた。

IMG_5668 IMG_5666 IMG_5667

パリの街のゴミの収集。 スペインと同じように大きなゴミ用のコンテナが歩道にある。パッカー車を見ると、興味津々。

IMG_5665

デパートに入る。 エスカレーターは人が右側に立っている。
大阪と同じだ。

添乗員さんに聞くと、ヨーロッパでは右側に立つほうが多いと思う、という返事だった。

ヨーロッパでは大阪方式が主流なのだと思うと、自然に笑みが出る。

デパートでは食料品売場を見つけることはできなかった。このことはパリのデパートだけなのか、それがヨーロッパでは一般的なのか、それを質問することを忘れていた。

IMG_5670

私達が止まっていたホテル近くのスーパーマーケットには、お寿司が売っていた。お値段は?
11.49€
と書いてある。

1ユーロが130円とすると、1494円。

やっぱり高いなあ。

IMG_5671

日も沈んで、夕闇があたりを覆うようになってきた。

ホテルとオペラ座のあいだにあったスターバックスに入ろうと思ったら、
日本と同じで、満員。スターバックスもパリでは人気なんだ。中で座って飲むことをあきらめて、買ったコーヒーを飲みながら、ぶらぶらと歩いてホテルに帰ることにした。

IMG_5682

さあ、エールフランスで日本へ戻ろう。 旅というのは、終わりに近づくとこれまでの旅程がうそのように短く思えるものだ。
20時にホテルを出発し、10月26日月曜日23時25分のエールフランス274便で羽田に向かう。飛行時間は12時間の予定。
日本には10月27日火曜日19時25分到着予定。

10月25日まではヨーロッパはサマータイムだった。26日からは通常に戻り日本との時差はマイナス8時間。23時25分発ということは日本時間で27日午前7時25分。飛行時間が12時間だから、日本到着の時間は27日午後7時25分となるわけだ。

IMG_5683

シートについているディスプレイに昼夜境界線を映しだしてみた。
日本は午後4時ぐらいか。
あと3時間半ほどで日本に着く。
左の写真のように、日本は夜に向かっていっている。

帰りの飛行機で見た映画。
日本の映画では、
・エイプリル・フール・・・これも戸田恵梨香の映画。映画のラストで少年は宇宙に帰っていったのだろうか?どこまでがエイプリル・フールか、最後にニヤリ。
・王妃の館・・・水谷豊が相棒と同じ右京と言う名前で出演。ホテルのダブルブッキングで経営危機を逃れようとする話。挿話されているルイ15世の生い立ちが現実と虚構を融合させていく、、、ルイ14世もお城もちよっとものたりないなあ、、。
海外の映画は(日本語の吹き替え映画)
・100年目の恋・・・ある事件で不死になった女性の話。SFとしてはおもしろいが突っ込みどころ満載。女優さんの美しさに最後まで見てしまった。
・キングスマン・・・世界を悪の手から守るスパイもの。あまりのバトルの激しさと私にはグロテスクに思える描写にちよっと引き気味。

映画を見て、食事をとっているうちに、眠ることもあまりなく、12時間がたってしまった。

ほぼ予定通りに日本に帰ってきた。気流も良かったようだ。
トランク二つは羽田から宅配便で自宅に送ることにした。大阪まで二日間の猶予が必要ですといわれたが、こうすれば新幹線への移動や列車の中でゆっくりすることができる。京浜急行に乗って、品川駅へ。品川駅から新幹線に乗る。この時間ならのぞみ自由席で座って大阪に帰ることができた。新幹線の中の日本製のビールはやっぱりおいしかった。
新大阪に11時過ぎに到着。さあ地下鉄に乗ろう。最終にならなくてよかった。

このツアーを企画した松本侑子さん、ケイライントラベルのスタッフの皆さん、お疲れさまでした。天気に恵まれ、良い旅になりました。
ツアーでご一緒した皆さん、楽しい旅の思い出をありがとうございました。
怪我も病気もなくてホントによかった。

 

 

 

スペイン「カルメン」紀行23

ルーブル美術館3

IMG_5638

私達のツアーにはこのルーブル美術館見学のオプションが二つあった。 一つは半日コース、もう一つが私達が選んだ1日コース。これには昼食が付いている。

私達が予約してあったレストランは、カフェ・リシュリー/アンジェリーナ。

レストランの前には何人もの人が順番待ちをしていたが私たちは予約してあるので、列を横目に見て店内に入る。人気の店のようで、窓からは中庭のガラスのピラミッドが正面に見えるロケーションの良いレストラン。

IMG_5640

IMG_5613

 

お昼時なのに、美術館への入館の人の列が見える。
レストランの中はいろんな国の人が来ているようだ。スタッフの人の肌の色も多様だった。メインの魚料理、パンもある。でも飲み物は別途注文。

IMG_5642

そしてこれが有名なモンブラン。 IMG_5644

1日コースの費用の中に昼食代も入っているので、昼食だけをここですると費用がいくらかかるのかわからない。
たまたま私達の席の隣に日本人のカップルが後からやってきた。キッシュとモンブランと紅茶・コーヒーをたのんで60数ユーロを払っていた。ということは一人4000円ぐらい?

IMG_5645

アンジェリーナのモンブランはとても有名らしい。
私達がモンブランを食べていると、親子風のヨーロッパの女性が私達のモンブランを見て「あれ、あれ」と言う感じでしゃべっていた。
ガイドさんと別れるときにチップのことを聞いておいた。
予約してある料理と追加のお茶代を含めた全体の額の10〜15%ということだった。
支払いは、請求書が置かれたのでみるとそこにはチップの記載がないので、お釣りが出るぐらいの紙幣を渡し、かえってきたお釣りから適当に小銭を置くことにした。
カードで払っている人もいたが、その人達はチップをどうしているのだろうなあ、と思いながらレストランを出る。

昼食の後は任天堂のガイドをたよりにしながらの自由見学。
プシュケさがしで苦労したことは前回に書いたとおり。

ルーブル美術館で日本人の高校生を発見。

IMG_5660

日本大学のどこかの付属の高校生らしい。
ルーブル美術館に来る地下鉄の中で見た高校生はこの子たちだったのだ。
いいなあ、高校の修学旅行でフランス、ルーブル美術館。見ているとなんとなく女子高校生の方がしっかりしてそう、、、。

夕方にホテルに集合し、日本に帰る飛行機にのるので、ホテルに戻りながらパリの街を散策することにした。

IMG_5662

カルティエで腕時計を見てみよう。
入り口は閉まっていて、人が来ると開けてくれる。
中に入りショーケースを見ていると、戸を開けてくれた男性が二階にあがるような仕草をしている。
階段を上がってみると、「さあ,いらっしゃい。何にしますか」という表情で経験豊かな女性の店員さんが英語でお出迎え。
娘がほしがっている腕時計の色、形、デザインを言うとカタログを出してきて、パソコンで調べてくれる。でもほしかったデザインのものが見当たらない。
それに近いものを見せてくれる。

How much ?

8000€

百万円か、、、ちよっと高い、予想以上に高い、かなり高い、高すぎる。

ほしいデザインと色でないので、と笑顔で言ってお店を出る。ちょっとした冒険。

IMG_5663ユニクロ発見。

ジュンク堂書店も発見。日本帰ってから、ジュンク堂に入って写真をとっておいたらよかったのに、と思う。

ルーブル美術館からオペラ座に向かって歩いていると、たくさんのお店がならんでいた。そのなかに数十人の人が列を作ってお店が開くのをまっている。
並んでいる人たちは若いカップル、家族連れ、年配の人と多様だ。何のお店?と近寄って見てみると、「アンジェリーナ」とかかれていた。ルーブル美術館で昼食を食べたあの「アンジェリーナ」だった。
へーっ、やっぱり有名なお店なんだ。そんな有名なお店のルーブル美術館店でお昼を食べたなんて、いい経験だったなあとうれしくなった。

もう少しパリの街を探検してみよう。