秋のグリーン・ゲイブルズ

以前に、松本侑子さんの主催する赤毛のアンツアーに一緒に行った人から、上のようなオンラインツアーの取り組みの紹介があった。

講師は上記写真の左から二人目の人、増田かつ江さん。この人は私達の赤毛のアンツアーでもガイドをしてもらった人。松本侑子さんの知り合いで、赤毛のアンの大ファンそうだ。
秋の風景の中にあるグリーン・ゲイブルズが見たくって、このオンラインアカデミーに申し込んだ。
以下の写真はオンライン上のものをカメラでうつしたもの。増田さんに問い合わすと、現地の了解ももらっているのでブログで使っても良い、ということなのでここで使わせていただく。

グリーン・ゲイブルズの部屋の中から外を望んだところ。
窓枠の赤いお花、ガラス越しに見える庭、差し込んでくる朝の太陽の光は、私達が行ったときのことを思い出させる。

2020年10月9日、朝9時過ぎのグリーン・ゲイブルズ。 パソコンの画面なのですこし歪んで見えるが、青空と白い雲は秋の空だ。
私達がグリーン・ゲイブルズに行ったときは6月だった。アンの部屋は2階にあり、東向きに窓がある。
朝日が窓に反射してキラリと光るところを私はカメラで撮そうと苦労したことを思い出す。
この日の大阪は台風の影響で雨が降り続き、鬱陶しい感じだったが、プリンスエドワード島の青空を見て心も晴れてきたように感じた。
日本とプリンスエドワード島の時差は12時間。このオンラインアカデミーは午後9時からはじまったが、プリンスエドワード島は朝の9時だったのだ。

アンの部屋。
袖がふくらんだ赤い服など小説「赤毛のアン」の世界を再現している。

増田かつ江さんの話によると、プリンスエドワード島も新型コロナウイルスの影響で例年の観光客の9割減だそうだ。コロナの感染者は61人。入院者や死者はゼロ。感染拡大防止に全力をそそいでいるのが想像できる。

これは台所にある薪ストーブ。暖房のためだけではない。お湯を沸かしたり、パンを焼いたり、アイロンを温めたり、一台で何役もするすぐれものの薪ストーブ。
現在NHKで「アンという名の少女」が放送されているが、そこでもこの手の薪ストーブが登場する。私はどのようにして小麦粉からパンに仕上げていくのか、このストーブをどのように使ってパンに焼き上げるのかを知りたいと思っていたが、ズームの機能がうまく使えないので、質問できなかったのが残念だった。

プリンスエドワード島は木々に花が咲き、色とりどりの花が咲き誇っている。
私達が行ったのは6月というのに、季節外れの寒さで、花はほとんど咲いていなくて
モンゴメリーさんのお墓の前は黒い土だけだった。上の左の写真はモンゴメリーさんのお墓。今は秋の草花で飾られている。やっぱりこうじゃなくっちゃあ。

世界中が新型コロナウイルスの影響で下を向きがちだが、グリーン・ゲイブルズの青空を生中継でみると、少し元気が出てくる。

モンゴメリー公園にある、赤毛のアンの作者モンゴメリーさんの像。最近できたそうで、私達がカナダに行ったときにはなかった。
赤毛のアンの時代には、私達が当たり前のように使っている電気はなかった。水もそうだ。しかしアンの生活はなんと豊かだったのだろう。アンという人間の心の豊かさがその世界をつくったのだろう。そのことを感じさせるのが小説「赤毛のアン」なのだと思う。
日本を遠く離れて仕事をされている増田かつ江さん、アイルランドの山下直子さん(山下直子さんもこのオンラインアカデミーに参加かされていた)、そのたくましさに私はとても励まされる。ありがとうございました。
さあ台風も過ぎ去ったし、がんばらなくっちゃあ。

 

 

 

赤毛のアンの英語3

IMG_6793

三回講座の最終日。
今日もホワイトボードは松本侑子さんの例文や説明でいっぱい。
今日は、赤毛のアンの中でも大抵の人が記憶に残っていると思う、パフスリーブの場面。今日の講義も内容たっぷりだった。テキストは前回通りの、「英語で親しむ 赤毛のアン」(松本侑子 対訳・解説・写真 ジャパンタイムズ社)

IMG_20150621_0001

IMG_20150621_0001 - バージョン 2

今回学んだことの一つは、

動詞の形容詞用法

①名詞+to do (これから)〜する名詞 ⇒ things to do これからすること
②doing+名詞 ⇒ sleeping baby 眠っている赤ちゃん  
 名詞+doing ⇒   a baby sleeping on the bed ベッドの上で眠っている赤ちゃん
③名詞+過去分詞 by……… ,(すでに)……..によって〜された名詞
               two puffs divided by rpws  横線でわけられたふくらみ
 過去分詞+名詞 (すでに)〜された名詞     
      puffed sleeves,  ふくらまされた袖⇒ ふくらませた袖
                      his scattered senses ちりぢりにされた正気 ⇒ ちりぢりになった正気
 *②と③は、現在分詞と過去分詞の形容詞的用法として習った記憶がある。

このことがわかると、本文の
Long elbow cuffs and above them two beautiful puffs divided by rows of shirring and bows of brown silk ribbon.
がよくわかる。
「長いカフスがひじまで続き、その上には二段の見事なふくらみが、シャーリングの横筋と茶色の絹のリボンの蝶々結びで、分かれていた」

◎二つ目は、数えられる名詞に着目すること

章の題となっている、
Matthew insists on Puffed Sleeves
マシュー、パフスリーヴにこだわる。

袖は右と左に二つあるから、  
と複数になっている。

さきほどの例文もそう、
Long elbow cuffs and above them two beautiful puffs divided by row s of shirring and bows of brown silk ribbon.

また、
Anne’s eyes had suddenly filled with tears.

Anne laid the dress over a chair and clasped her hands.

複数あるものはすべて複数形で表されていて、受ける代名詞はthemのように複数の代名詞になっている。英語は日本語よりも数えられる名詞へのこだわりが強い。

◎三つ目は「これ」「この」と訳すthat, thoseの存在

マシューがパフスリーブのドレスをアンに渡して言う。

That’s Christmas present for you, Anne.

アンの返事に、

Oh, I can never thank you enough.  Look at those sleeves!

(これは)クリスマスプレゼントだよ、アン」
「ああ,どんなにお礼を言ってもたりないわ。 この袖を見て!」

と訳す。断じて「あれはクリスマスプレゼントだよ、アン」でないし、
「ああ、どんなにお礼を言ってもたりないわ。あの袖を見て!」ではない。

このthatは、今話題になっているものをさしている。「あれ」でも「あれら」でもない。このthatの使い方は、学校では習っていない。しかし口語表現ではよく使われる、と松本侑子さんの説明があった。

このthatの使い方は、全く知らなかった。
家に帰って辞書を見たが、明確な説明はのっていなかった。
インターネットでも、このような使い方の説明は、ごくわずかしかヒットしなかった。これはこの講義に参加したから獲得できたもの。ラッキー!

さて、内容たっぷりの松本侑子さんの「英語で楽しむ赤毛のアン in 名古屋」も,来年も引き続いて開催されることがわかった。
第1回は1月24日、第2回は2月21日、第3回は3月20日。
内容は、「アンとギルバートの初恋物語」。
これはおもしろそうだ。

頭を使った後はコーヒーブレイク。

IMG_6898松本侑子さんから、カナダのおみやげとして、紅茶(TEA MERCHANTS),ジャム(Wild Blueberry & Lemon)をいただいた。
この紅茶を使って、以前作ったロイヤルティーブレッドをつくった。

簡単に作り方を紹介。詳しくは前回のブログを参照。

IMG_6820

ホームベーカリーを利用して捏ねる。

材料はレシピによると、 強力粉300グラム、塩3グラム、砂糖45グラム、生種21グラム、水30グラム、牛乳60グラム、卵30グラム、無塩バター60グラム、紅茶の葉13グラム。
紅茶はいただいたTEA MARCHANS.

IMG_6826

 

水と牛乳と卵で120グラムになるように水の量を調整した。
また無塩バターがなかったのでケーキ用マーガリンで代用。 マーガリンはこねている途中で追加。
捏ねの時間は約20分。

 

IMG_6830 IMG_6834

上の右の写真が約7時間の発酵後の様子。フキンを掛けて40分のベンチタイム。
パウンド型の大きさに合うように伸ばす。三つに折って重ねる。

中央から落とすように入れ、30分の二次発酵。右下の写真が発酵後の様子。

IMG_6843

IMG_6844

200度に予熱したオーブンで35分焼きあげる。レシピには35分と書いてあるが、私のオーブンでは20分ぐらいでいい焼き加減になった。ここは各自のオーブンの性能による。

IMG_6851 IMG_6847

IMG_6894

トースターで少し焼いて食べるととても美味しい。

紅茶の香りもほんのりとして、カナダのワイルド・ブルーベリー&レモンのジャムをつけて食べると、もうカナダ気分。

 

 

アンもこんなパンを食べていたのだろうか。

身も心も豊かになれる一瞬であった。
松本侑子さん、美味しい紅茶とジャム、ありがとうございました。

 

 

赤毛のアンの英語2

IMG_6182

上の写真は松本侑子さん作成の学習プリントの一部。
今日のレッスンは、「第20章 豊かな想像力、道をあやまる」(A Good Imagination Gone Wrong)、と「第21章 風変わりな香料」(A New Departure in Flavourings)
の二つから選んだ会話文をもとに勉強。
「第20章」のテキストを以下に紹介する。見開きになっていて、左が原文、右が訳と注釈になっている。カラフルな写真もあって、一人で勉強できるようになっている。テキストの本は、松本侑子さんの「英語で楽しむ赤毛のアン」(ジャパンタイムズ発行)。

IMG_20150514_0001

IMG_20150514_0001 - バージョン 2

松本侑子さんが毎回強調されているのが、現在完了形。
今回もらった資料のパンフレットと私のノートから抜き書きをしてみると。

★現在完了形 have(hss)+過去分詞 「過去との違いは、現在に関係していること。意味は三つ」
1)完了 (すでに、ちょうど)〜し終えた。 副詞 just(丁度)、already(すでに)
2)経験 (以前)〜したことがある。 befor(以前)
3)継続 (過去から現在まで)ずっと〜している。
      since(〜から)、for….years.  for…months,  for…days. 
      現在完了進行形 have been doing は、3)継続の強調

Who has been telling you such stuff?
誰があなたに、そんなたわごとを(過去から今まで)言っているのですか?

We have imagined the most harrowing thing ( since April ).← since April が省略されている
(4月から)一番怖いことを考えたのよ。→4月からずーっと考え続けてきたから現在完了形の継続と考える。

時間の流れに敏感な英語では、現在完了形が非常に重要であるようだ。
アンの英語から、日常での現在完了形の使い方がよく分かる。

それから今回のレッスンで勉強したのは関係代名詞の使い方。
松本侑子さんの資料を引用すると、

★関係代名詞 〜するところの名詞 「目的格」
 直前の名詞を修飾する節を導き、その節の動詞の目的語の働きをする。
 目的格の関係代名詞のthat(whom、which)は一般的に省略される。

vanilla ( that . which ) you used        あなたが使ったヴァニラ you used vanilla

the cake ( that . which ) Mrs Allan ate      アラン夫人が食べたケーキ 
                         Mrs Allan ate the cake

the textbook ( that . which  ) you use       あなたが使っている教科書 
                          You use the textbook

★関係代名詞 〜するところの名詞
 直前の名詞を修飾する節を導き、主語の働きをする。「主格」

There is a white lady ( that ) walks along the brook.  小川に沿って歩く白いご婦人

Japanese people that love Anne of Green Gables.  「赤毛のアン」を愛する日本の人々

本文のように主格のthat(ここではwhoでもよい)を省略するのは一般的ではない。
古風な雰囲気を出すために用いる場合もある。

なるほど。
関係代名詞の主格の省略というのは、学校で習ったような習わなかったような。
ネットで調べてみると確かにある。例文を紹介。

There is (was) / Here is (was)に続く場合

There is nothing (that) can be done about it. それについてはどうすることもできない。

There is a gentleman at the door ( who ) wants to see you.
君に会いたがっている紳士が玄関のところにいますよ。

ネットでは「関係代名詞の主格の省略がある場合もある」ということはわかったが、どんな雰囲気になるのかは説明されていない。
松本侑子さんの資料で、それが古風な雰囲気になることがわかってラッキー。

やっぱりここに来ないとわからないことがあるのだ。
来月もがんばってこよう。