赤毛のアンの英語3

IMG_6793

三回講座の最終日。
今日もホワイトボードは松本侑子さんの例文や説明でいっぱい。
今日は、赤毛のアンの中でも大抵の人が記憶に残っていると思う、パフスリーブの場面。今日の講義も内容たっぷりだった。テキストは前回通りの、「英語で親しむ 赤毛のアン」(松本侑子 対訳・解説・写真 ジャパンタイムズ社)

IMG_20150621_0001

IMG_20150621_0001 - バージョン 2

今回学んだことの一つは、

動詞の形容詞用法

①名詞+to do (これから)〜する名詞 ⇒ things to do これからすること
②doing+名詞 ⇒ sleeping baby 眠っている赤ちゃん  
 名詞+doing ⇒   a baby sleeping on the bed ベッドの上で眠っている赤ちゃん
③名詞+過去分詞 by……… ,(すでに)……..によって〜された名詞
               two puffs divided by rpws  横線でわけられたふくらみ
 過去分詞+名詞 (すでに)〜された名詞     
      puffed sleeves,  ふくらまされた袖⇒ ふくらませた袖
                      his scattered senses ちりぢりにされた正気 ⇒ ちりぢりになった正気
 *②と③は、現在分詞と過去分詞の形容詞的用法として習った記憶がある。

このことがわかると、本文の
Long elbow cuffs and above them two beautiful puffs divided by rows of shirring and bows of brown silk ribbon.
がよくわかる。
「長いカフスがひじまで続き、その上には二段の見事なふくらみが、シャーリングの横筋と茶色の絹のリボンの蝶々結びで、分かれていた」

◎二つ目は、数えられる名詞に着目すること

章の題となっている、
Matthew insists on Puffed Sleeves
マシュー、パフスリーヴにこだわる。

袖は右と左に二つあるから、  
と複数になっている。

さきほどの例文もそう、
Long elbow cuffs and above them two beautiful puffs divided by row s of shirring and bows of brown silk ribbon.

また、
Anne’s eyes had suddenly filled with tears.

Anne laid the dress over a chair and clasped her hands.

複数あるものはすべて複数形で表されていて、受ける代名詞はthemのように複数の代名詞になっている。英語は日本語よりも数えられる名詞へのこだわりが強い。

◎三つ目は「これ」「この」と訳すthat, thoseの存在

マシューがパフスリーブのドレスをアンに渡して言う。

That’s Christmas present for you, Anne.

アンの返事に、

Oh, I can never thank you enough.  Look at those sleeves!

(これは)クリスマスプレゼントだよ、アン」
「ああ,どんなにお礼を言ってもたりないわ。 この袖を見て!」

と訳す。断じて「あれはクリスマスプレゼントだよ、アン」でないし、
「ああ、どんなにお礼を言ってもたりないわ。あの袖を見て!」ではない。

このthatは、今話題になっているものをさしている。「あれ」でも「あれら」でもない。このthatの使い方は、学校では習っていない。しかし口語表現ではよく使われる、と松本侑子さんの説明があった。

このthatの使い方は、全く知らなかった。
家に帰って辞書を見たが、明確な説明はのっていなかった。
インターネットでも、このような使い方の説明は、ごくわずかしかヒットしなかった。これはこの講義に参加したから獲得できたもの。ラッキー!

さて、内容たっぷりの松本侑子さんの「英語で楽しむ赤毛のアン in 名古屋」も,来年も引き続いて開催されることがわかった。
第1回は1月24日、第2回は2月21日、第3回は3月20日。
内容は、「アンとギルバートの初恋物語」。
これはおもしろそうだ。

頭を使った後はコーヒーブレイク。

IMG_6898松本侑子さんから、カナダのおみやげとして、紅茶(TEA MERCHANTS),ジャム(Wild Blueberry & Lemon)をいただいた。
この紅茶を使って、以前作ったロイヤルティーブレッドをつくった。

簡単に作り方を紹介。詳しくは前回のブログを参照。

IMG_6820

ホームベーカリーを利用して捏ねる。

材料はレシピによると、 強力粉300グラム、塩3グラム、砂糖45グラム、生種21グラム、水30グラム、牛乳60グラム、卵30グラム、無塩バター60グラム、紅茶の葉13グラム。
紅茶はいただいたTEA MARCHANS.

IMG_6826

 

水と牛乳と卵で120グラムになるように水の量を調整した。
また無塩バターがなかったのでケーキ用マーガリンで代用。 マーガリンはこねている途中で追加。
捏ねの時間は約20分。

 

IMG_6830 IMG_6834

上の右の写真が約7時間の発酵後の様子。フキンを掛けて40分のベンチタイム。
パウンド型の大きさに合うように伸ばす。三つに折って重ねる。

中央から落とすように入れ、30分の二次発酵。右下の写真が発酵後の様子。

IMG_6843

IMG_6844

200度に予熱したオーブンで35分焼きあげる。レシピには35分と書いてあるが、私のオーブンでは20分ぐらいでいい焼き加減になった。ここは各自のオーブンの性能による。

IMG_6851 IMG_6847

IMG_6894

トースターで少し焼いて食べるととても美味しい。

紅茶の香りもほんのりとして、カナダのワイルド・ブルーベリー&レモンのジャムをつけて食べると、もうカナダ気分。

 

 

アンもこんなパンを食べていたのだろうか。

身も心も豊かになれる一瞬であった。
松本侑子さん、美味しい紅茶とジャム、ありがとうございました。

 

 

赤毛のアンの英語2

IMG_6182

上の写真は松本侑子さん作成の学習プリントの一部。
今日のレッスンは、「第20章 豊かな想像力、道をあやまる」(A Good Imagination Gone Wrong)、と「第21章 風変わりな香料」(A New Departure in Flavourings)
の二つから選んだ会話文をもとに勉強。
「第20章」のテキストを以下に紹介する。見開きになっていて、左が原文、右が訳と注釈になっている。カラフルな写真もあって、一人で勉強できるようになっている。テキストの本は、松本侑子さんの「英語で楽しむ赤毛のアン」(ジャパンタイムズ発行)。

IMG_20150514_0001

IMG_20150514_0001 - バージョン 2

松本侑子さんが毎回強調されているのが、現在完了形。
今回もらった資料のパンフレットと私のノートから抜き書きをしてみると。

★現在完了形 have(hss)+過去分詞 「過去との違いは、現在に関係していること。意味は三つ」
1)完了 (すでに、ちょうど)〜し終えた。 副詞 just(丁度)、already(すでに)
2)経験 (以前)〜したことがある。 befor(以前)
3)継続 (過去から現在まで)ずっと〜している。
      since(〜から)、for….years.  for…months,  for…days. 
      現在完了進行形 have been doing は、3)継続の強調

Who has been telling you such stuff?
誰があなたに、そんなたわごとを(過去から今まで)言っているのですか?

We have imagined the most harrowing thing ( since April ).← since April が省略されている
(4月から)一番怖いことを考えたのよ。→4月からずーっと考え続けてきたから現在完了形の継続と考える。

時間の流れに敏感な英語では、現在完了形が非常に重要であるようだ。
アンの英語から、日常での現在完了形の使い方がよく分かる。

それから今回のレッスンで勉強したのは関係代名詞の使い方。
松本侑子さんの資料を引用すると、

★関係代名詞 〜するところの名詞 「目的格」
 直前の名詞を修飾する節を導き、その節の動詞の目的語の働きをする。
 目的格の関係代名詞のthat(whom、which)は一般的に省略される。

vanilla ( that . which ) you used        あなたが使ったヴァニラ you used vanilla

the cake ( that . which ) Mrs Allan ate      アラン夫人が食べたケーキ 
                         Mrs Allan ate the cake

the textbook ( that . which  ) you use       あなたが使っている教科書 
                          You use the textbook

★関係代名詞 〜するところの名詞
 直前の名詞を修飾する節を導き、主語の働きをする。「主格」

There is a white lady ( that ) walks along the brook.  小川に沿って歩く白いご婦人

Japanese people that love Anne of Green Gables.  「赤毛のアン」を愛する日本の人々

本文のように主格のthat(ここではwhoでもよい)を省略するのは一般的ではない。
古風な雰囲気を出すために用いる場合もある。

なるほど。
関係代名詞の主格の省略というのは、学校で習ったような習わなかったような。
ネットで調べてみると確かにある。例文を紹介。

There is (was) / Here is (was)に続く場合

There is nothing (that) can be done about it. それについてはどうすることもできない。

There is a gentleman at the door ( who ) wants to see you.
君に会いたがっている紳士が玄関のところにいますよ。

ネットでは「関係代名詞の主格の省略がある場合もある」ということはわかったが、どんな雰囲気になるのかは説明されていない。
松本侑子さんの資料で、それが古風な雰囲気になることがわかってラッキー。

やっぱりここに来ないとわからないことがあるのだ。
来月もがんばってこよう。

 

 

 

 

赤毛のアンの英語

IMG_5643

ここは名古屋市内にある中日文化センター。
講師に松本侑子さんをむかえて、「英語で楽しむ赤毛のアン」と題して4月、5月、6月の計3回の講座が開かれている。
その第1回目の講座の様子が上の写真。ホワイトボードいっぱいに例文が書かれて、松本先生の準備万端の講義がはじまる。

IMG_20140720_0001

テキストは松本侑子さんの「英語で楽しむ 赤毛のアン」。
昨年の秋に三回連続(毎月1回)の講座がシリーズ1回目。
シーズン2として今年の春に同じように、毎月1回の講座が開かれている。

今回は第18章の「アン、救援に行く」(Anne to the Rescuey)と
第19章の「演芸会、悲劇、そして告白」(A concert, a Catastrophe, and  a Confession )の部分から選んだ英文をもとにしての講義。
テキストになっているこの「英語で親しむ 赤毛のアン」は見開きになっていて、左に英文、右に和文と注が載せられている。

一人で学習できるようになっているが、松本侑子さんの解説があってこそ深く理解できる部分もたくさんある。

IMG_20150430_0001

IMG_20150430_0001 - バージョン 2

松本侑子さんからはA4で4枚の資料が配布。前のホワイトボードにはいっぱいの英文が書かれている。講義の中で私がメモしたことの一部を紹介すると、

「小説では章のタイトルは現在形で書き、地の文は過去形で書きます。そして会話文は現在形で書いています」なるほどなるほど。

「scare は怖がらせる、という動詞です。『私は怖い』を英語に直すと
I am scared. と受動態で書きます」なるほどなあ、日本語では能動態だが英語では受動態になるのか。

「Mary Joeというのはフランス娘の総称。この時代にはフランス人に対する偏見があありました」 全く知らなかった話し。アメリカのアンクル・トムという言い方のようなものなのかもしれない。「赤毛のアン」といえども、その時代の社会的意識を反映している。

「現在完了形は、現在に関係している動作。過去形は過去に終わった動作で現在には関係がありません
 Has she relented at last?  彼女(ダイアナの母)の怒りはほぐれたの?
 She has got croup.  彼女(ミニー・メイ)はクループにかかった。
 get の活用は get got got(アメリカはgotten)」
 怒りがほぐれた状態が続いているかどうかを聞いているから、現在完了形。
 クループに罹った状態が今も続いているから現在完了形。なるほど、英語は時間 の感覚に敏感だった。
中学校ではget,got,gottenと習ったが、それはアメリカ式で、カナダではget,got,gotを使っていたのだな。

「Minnie May is awful bad. ミニー・メイはすごく悪い。
ここのawfulは形容詞で、本来はawfullyと副詞になりますが、口語では形容詞で副詞の代用をすることがあります。」
へーっ、そんなことは知らなかって。来てよかった。

本の注と解説でも気付かされたことがある。
Young Mary Joe says ~ and Father and Mother are away to town and there’s nobody to go for the doctor.
メアリ・ジョーがそう言うのよ。なのにお父さんもお母さんも町へ出かけていて、お医者さんを呼びに行く人が誰も居ないの。

辞書を見ると確かにandにこういう使い方があることが書いてあった。知らなかったら単純に、そして、そしてと訳していて、小説の深みを感じなかったと思う。

頭から汗が出るような1時間半の講義があっという間にすぎてしまった。
松本侑子さんからは、「次回までに予習をしっかりしてきてくださいね」とダメ押しが出る。厳しくも充実感が残る学習会だった。

 

 

 

 

カナダ・赤毛のアンツアー 42

IMG_20141017_0001

この本は、インターネットの本の紹介のメールマガジンで案内してあったもの。

英文多読という勉強方法が最近話題になってきている。
昔から各国の名作をリライトして、読みやすくした本というのは売られていた。
赤毛のアンの小説のリライトしたものも多い。
Graded Readers (GR)と言われるものには、Penguin Readers(ペンギンリーダーズ)やOxford Bookworms(オックスフォードブックワームズ)、Macmillan Guided Readers(マクミランガイデッドリーダーズ)、Cambridge English Readers(ケンブリッジイングリッシュリーダーズ)などがある。
この「マクミランランゲージハウス」もその流れの中の本のようだ。
この本の特徴は、英検のレベルに合わせて単語等が選択されているということ。

目次とこの本の趣旨がかかれているページを見てみよう。
(クリックすると拡大します。)

IMG_20141026_0001

「英検でレベル分けした、日本人のための英文リーダー」と書いてある。英文を書いている人がイギリス人で、NHKの「基礎英語」にも携わっている人だから、英文には心配はない。 また、この本には「赤毛のアン』の作者のモンゴメリさんと、日本語に訳した村岡花子さんの伝記がのっているのも特徴で、私としてはとてもありがたかった。 英検2球レベルの本と書いてあるが、読みやすかったし、「赤毛のアン』の翻訳本を読んだことがあればなおさらわかりやすい本だと思う。

ところで、モンゴメリさんの伝記の部分で気になったところがあった。

IMG_20141026_0002

本文の68ベージの部分である。このまま読むと、モンゴメリさんと祖母の二人がHalifaxに住んだことになる。Halifaxに行ったのはモンゴメリさんだけで、祖母はずっとプリンス・エドワード島にいたはず。 このマクミランランゲージの本には、日本語訳の全文がネットでダウンロードできるという、すばらしい特典がある。さっそく日本語訳を見た。それがこれ。 モンゴメリと祖母1

ここでも英文通りにモンゴメリさんと祖母がHalifaxで住んだという訳文になっている。
疑問に感じたので、そのことをホームページを通じて問い合わせてみた。

二日後に返事が来た。

IMG_20141026_0003

この素早い回答に感激してしまった。
お礼のメールを送ったら、そのことにも返事を頂いた。
インターネットによって、反応がはやく返ってくることの良さがここにある。
英文に関わっている出版社へ質問を送ったのは初めてのことだが、丁寧に対応してもらえるとうれしくなる。

自分も何事にもそうありたいと自分自身にも言い聞かせた。そんな機会を与えてもらった本だった。

 

 

カナダ・赤毛のアンツアー 41

アンとChestnut(栗)

IMG_2943

写真はChestnut cake 、クリのケーキ。

栗の実をもらったので、クリを使ったスイーツを、とおもって調べてみた。 ホットケーキミックスを使った簡単に作れそうなクリのケーキがあったのでそれをつくってみた。
クリは圧力鍋をつかって柔らかくし、皮をむいた。

参考にしたレシピは以下のとおり。マロンペーストの作り方ものっていて、とてもありがたかった。

http://cookpad.com/recipe/1977105

このケーキを作りながら、フット考えた。
アンは秋にクリを使ったお菓子や料理をしたのだろうか。

そこで「赤毛のアン」「アンの青春」「アンの愛情」の三冊について調べてみると、なんと植物のクリ Chestnut の単語があるのは、「赤毛のアン」の一冊だけだった。

アンとクリ2

「アンの青春」「アンの愛情」には、 chestnut curls という言葉が出てくる。
これは「栗毛色したカール(巻き毛)」のこと。

 松本侑子さんの訳を見てみよう。

「もうすぐ1年度が終わるなんて、信じられないわ」アンが言った。「去年の秋には、ずっと先のような気がして、冬の間中、勉強や授業に励むんだと楽しみにしていたのに、それが、来週は、いよいよ試験だなんて。でもね、みんな、今度の試験ですべてが決まるような気がするけど、あの栗の樹では若葉が大きくふくらんでいるし、通りのむこうには青い霞がかかっているでしょう。そんなのを眺めていると、試験なんか、半分も大したことじゃないって気もするの」
その場にいたジェーンとルビーとジョージーは、そんな暢気なことは言っていられなかった。彼女らにとって、目前に迫った試験は、いつ何時も頭から離れない最重要課題で、栗の新芽や五月の霞どころではなかった。アンにとっては、少なくとも及第は間違いなしだから甘く見てかかっても大丈夫だったが、この試験に全生涯がかかっているーと、この三人は本気で思っていたー者にとっては、そんな哲学的に達観してなどいられなかった。」

そうするとアンのいるプリンス・エドワード島には栗の樹があったのだろうか。栗の実はどのように利用していたのだろうという疑問が出てきた。
ネットで調べてみると、とても詳しく研究した記事があったので、詳しいことはそのブログを見ていただくことにして、

http://www.h3.dion.ne.jp/~a-garden/plants/chestnut.html

ここに書かれていることと、私の調べたことを、まとめて書いておくことにする。

結論から言って、

★「赤毛のアン」に書かれている Chestnut tree  は、日本で言う栗・クリではなく、Horse chestnut らしい。これは日本で言う「マロニエ」の樹であって、その実は食べられない。

★ 「マロニエ」は「パリのシャンゼリゼ」の街路樹で有名。フランス語で「マロン」と言っている。

マロニエの木2

マロニエの木1マロニエの実

マロン、マロニエは、日本名では「セイヨウトチノキ」と言い、トチノキ科トチノキ族の植物で、英語で Horse chestnut と言う。クリはイガの中に数個の実をつけているが、セイヨウトチノキ・マロン・マロニエの実は1個で、食用ではない。
日本の栗は「ブナ科クリ属」に分類される。

 

★マロングラッセのマロンは日本ではクリを使っているが、本来はマロンとよばれている実である。このマロンという呼び名が混乱の元凶のようだ。

マロングラッセなどのように、食用に使われているのは、シャテニエとよばれる樹の実で、ブナ科クリ属のもの。日本の栗と同じ仲間だ。
このシャテニエの実は食べることができて二つに分類される。一つはシャテーニュとよばれ、イガの中に小型の実が2、3個はいっている。
もう一つはマロンとよばれ、一つの大きな実が一つなる。

シャテニェ1

写真はシャテーニュ。日本の栗とよく似ている。
そしてイガの中に1個の実がなっているものをマロンとよんでいる。
つまり、マロンという言葉が二つの違った場面でつかわれている。 一つはマロニエの樹になる実のマロン。
二つ目は、日本の栗と同じ種類のシャテニエの樹になる実で大きな1つの実がなるもの、その実もマロンとよばれている。
つまり、マロンには食べられないものと、食べられるものがあるということがわかった。 そしてこの食べられるシャテニエの実を使ったお菓子がマロングラッセという。

表に書いてみると、

マロニエ(セイヨウトチノキ)(Horse chestnut )・・・トチノキ科トチノキ族
    実・・・マロン(大きな一つの実 食べられない)

シャテニエ(ヨーロッパグリ)・・・ブナ科クリ属(日本の栗と同じ)
    実・・・①シャテーニュ(イガの中に2〜3個 食べられる)
        ②マロン(一つの大きな実 マロングラッセに使われている)

★「赤毛のアン」で書かれている樹は、日本のクリの仲間のシャテニエか、それともセイヨウトチノキのマロニエのどちらだろう。

まず、クリの木はプリンス・エドワード島のような緯度の高いところ、寒い地方に育たない。 
現在のプリンス・エドワード島にはマロニエの木はよくみられるという。そしてこのマロニエは1900年代初頭に持ち込まれたという記録があるそうだ。

★これらのことから、最初に書いたように、「赤毛のアン」で Chestnut tree とアンが言っているものは、日本のクリの仲間ではなくて、パリのシャンゼリゼ通りで有名なマロニエだったと推測される。Chestnut という名前から、カナダの人は今もマロニエとクリを混同しているそうだ。なるほど、プリンス・エドワード島に行かれる人は是非ともマロニエの木を見てきてほしい。私はこのことを知らなかったので、全く見た記憶が無い。残念。

*植物の写真はインターネットより。