魔改造の夜 その7

技術者養成学校7

第7回目。講師は「太刀川英輔さん」。
太刀川英輔(たちかわえいすけ)さんはデザインストラテジスト。ビジネスとデザイナーを繋ぐ人ということらしい。

数々の賞を受けている人で、ウィキペディアでみると日本デザイン賞などずらっと受賞歴が並んでいる。

左の「東京防災」という本は、2015年9月1日に東京都が都内の全世帯に配布した防災ハンドブック。
私もあまりに評判なので買ってみた。この本をデザインしたのが太刀川英輔さん。
太刀川さんのユニークな発想に学ぶ学習会などが進んでいるそうだ。

今回の技術者養成講座のテーマは
「お掃除ロボット走り幅跳びに学ぶ アイデアの出し方」

このときの魔改造の番組は、左のようなお掃除ロボットを改造し、走り幅飛びをさせてその飛行距離を競うというもの。

優勝したのは左の写真のようにロケット推進装置をつけた掃除機。私もこのときの魔改造の放送を見ていたがロケットエンジンで飛ぶ姿にはびっくりした。他のチームはジャンプ力を競うことを目的とした改造だった。
太刀川さんは学生に尋ねる。「技術で勝ったのか、アイデアで勝ったのか?」

太刀川さんはいう。「創造力を才能の問題にしてはいけない。」
「自然界の進化の過程を見てみると、生物はデザイナーなしに素晴らしいデザインに仕上がっている。
例えばヘビから足がなくなり、猿から尾がなくなるという「欠失」
キリンの首が長く、象の鼻が長くなる「変量」
枝や花に似せて獲物を待つ「擬態」
これらを考えて整理すると上の9パターンに分類できる。」といって、上記の表が示された。
なるほどこの9つのパターンを利用するとバラエティに飛んだ発想が出てくくる。

実習として学生に与えられた課題は「ミキサーのジュース投げ」。ミキサーで作ったジュースをいかにして遠くまで飛ばすか。
学生たちはそれぞれ上の表を使って考えていく。

・劇団ひとりは写真のようなミキサーにエアガンを突っ込んだものを考えた。
・その他に劇団ひとりのような「水鉄砲系」のもの。
・注射器でジュースを飛ばすもの。
・ジュースを水風船に入れて振り回して飛ばすもの。
・ホースに入れてぐるぐる回してジュースを飛ばすもの。などなど

今回の講義は「アイデアの出し方を学ぶ」といっていいだろう。
太刀川さんは「アイデアを出すということは練習で身につく。それは才能ではない。筋トレと同じだ。上の表をもとにするなどして、一つのパターンを決めたらそれを何回も何回も、どこの場面でも使ってみる。その繰り返しが短時間でアイデアにたどり着くことのなる」という。
最後に『世の中は変わっていく。今使っている技術は100年後には使われていないだろう。そのとき新しいアイデアが大事になる。そしてそこで発生するエラーが大事なのだ。失敗を恐れてはならない・・・・」と講義がしめくくられた。