都七福神めぐり5

次にお参りしたのが「ゑびす神社」。パンフレットには次のように書かれている。
「南座横の大和大路を南へ5分ほど歩くと、「京のゑびっさん」として京都の人々から親しまれているゑびす神社があります。 鎌倉時代初期に建仁寺の鎮守社として創建されたもので、「商売繁盛」の守り神として1月の十日ゑびすは沢山の人たちで賑わいます。 また、栄西禅師が無事中国から帰朝し、お祀りになったという故事から「旅ゑびす」ともいわれ、交通安全の神としても信仰を集めています。」

ビニル越しにお神楽が奉納されているのが見える。
大阪の今宮戎ではお神楽の舞を境内から見ることはできなかった。
今宮戎と比べると少し小ぶりの境内だが、その分アットホームな感じがする神社だ。
ここで七福神にゆかりのあるお守りを買うことにした。

この日は1月10日を過ぎているので、それほど大入り満員という感じではなかったけれど、十日ゑびすは大混雑だっただろうなあと予想できる。

本殿左横に「横参り」という掲示があった。 ネットで調べてみると、下の写真のように板壁がある。
私達が行ったときには、そこには白い布がかぶしてあり、
「新型コロナ対策のため、本殿横の横参りを 中止させていただきます」とかかれた掲示板が置かれていた。

横参りというのは、下の写真によると「ゑびす様のお肩をたたくお参りです。
ノックをされるように優しくお願いいたします」という注意書きが書かれている。

ゑびす様は耳が遠いので、「お参りに来ましたよ」と肩をたたいてお知らせするというお参りの仕方だそうだ。
大阪の今宮戎の本殿裏にある「ドラ」と同じようなものだと思う。
布が貼られていない写真はネットの
https://bqspot.com/kansai/kyoto/7782

より引用したもの。

えびす神という神様の由来はなかなか奥が深い。
京都では「ゑびす神社」、大阪の「今宮戎」、書き表し方もちがう。

ウィキペディアによると、
「えびすは日本の神で、現在では七福神の一員として日本古来の唯一(その他はインドまたは中国由来)の福の神である。古くから漁業の神でもあり、後に留守神、さらには商いの神ともされた。夷、戎、胡、蛭子、蝦夷、恵比須、恵比寿、恵美須、恵美寿などとも表記し、えびっさん、えべっさん、おべっさんなどとも呼称される。・・・
「えびす」という神は複数あり、イザナギ、イザナミの子である蛭子命(ひるこのみこと)か、もしくは大国主命(大黒さん)の子である事代主神(ことしろぬしかみ)とされることが多い。
少数であるが、えびすを少彦名神(すくなひこなのかみ)や彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)とすることもある。
また、外来の神とされることもあり、「えびす」を「戎」や「夷」と書くことは、中央政府が地方の民や東国の者を「えみし」や「えびす」と呼んで、「戎」や「夷」と書いたのと同様で、異邦の者を意味する。
このように多種多様の側面があるため、えびすを祀る神社でも祭神が異なることがある。」

「えびす」にかかわる伝説は多そうだ。私は小野不由美さんのゴーストハントシリーズ「海からくるもの」で蛭子伝説とえびす信仰の関係を知ったことを思い出した。

「ゑびす神社」でお参りを済ませた私達がつぎにむかったのが「六道の辻」。
えびす伝説を考えていた私にとっては、ちょっとゾクッとする感覚。