都七福神めぐり3

昼食は南禅寺前にある「順正」。
京都の湯豆腐は有名だ。そして湯豆腐発症の地は南禅寺前だという説がある。
京都に行ったら食べてみたかった料理だ。
ツアーの案内に湯豆腐があったからこのツアーを申し込んだともいえる。

お庭が美しい。
ここには順正書院という建物がある。江戸時代に医学学問所として建てられたもので、現在は京懐石の客室となっている。
もちろん私達はここを利用したのではない。

こんな風情のある料亭で湯豆腐がいただけるなんて、このツアーに参加してよかったなあと思う瞬間。

京都の湯豆腐、どんな歴史があるのだろう。「順正」のホームページを見ると、

順正のゆどうふ
とうふは、中国より奈良時代に遣唐使により伝えられ、寺院の精進料理に用いられました。 室町時代になると、門前より出て庶民の食べ物となり、町にとうふ売りも現われ、茶店では田楽にして供されます。 江戸時代の京案内書花洛名勝図会には『丹後屋の湯豆腐は、いにしえよりの名物にして旅人かならずこれを賞味し…』と記され、この頃には南禅寺のゆどうふが名物であったことが分かります。 順正では、こだわりの国産大豆を使った味わい豊かなおとうふと、旨味を十二分に引き出す、特製のゆどうふのたれでお召し上がりいただきます。とうふ自体の甘みと余韻に残る大豆の苦味。ひと味もふた味も違う、順正名物ゆどうふをご堪能ください。

とある。

そして京都の水が良いから豆腐が美味しい、という説があることを付け加えておこう。

豆腐田楽もおいしかった。赤米、野菜の天麩羅がだされ、もうお腹がいっぱい。
最後に豆乳プリン。
まさしく豆腐づくし。

順正を出るとすぐ左に「大本山南禅寺」の門が見える。
南禅寺前の駐車場にはほとんど車が止まっていない。観光バスは私達のバスが1台だけ。新型コロナ・オミクロン株の急激な感染拡大が原因だろう。
私達もソーシャルディスタンスに注意しながら次の目的地に向かう。