ほぼ皆既月食


2021年11月19日。
満月の日。
西の雲の層から顔を出した月はもう欠けていた。
この日はほぼ皆既月食になると言われていた。
池の周りには月食を見ようとする人たちが集まっていた。カメラを持っている人もいた。

月が登るにつれてその月の欠けている割合が大きくなってくる。
大阪市立科学館の「こよみハンドブック」によると、
2021年11月19日
満月(18時)
皆既に近い部分月食(最大値0.98 、欠けて月の出。最大18時3分。終了19時47分)
とある。

場所を家の近くに移動する。
本来なら満月なのに光っている部分が細くなっていくのは天体ショーのようだ。
少し拡大して撮影すると、地球光によって丸い月がわかる。
今年の5月26日は、皆既月食だったが残念ながら見ることはできなかった。

望遠レンズで撮影をする。
赤い満月、ぼんやりと見えるウサギの耳、リングの端が光って見えるような月。
国立天文台のホームページの記事を紹介すると、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月19日の夕方から宵にかけて、全国で部分月食が見られます。

月食は、月が地球の影に入ることによって起こります。地球の影(本影)によって全て隠される「皆既月食」と、一部が隠される「部分月食」があります。今回は部分月食ですが、月の大部分が影の中に入り込みます。

部分月食の始まりは、16時18.4分です。ただし、北海道や東北地方北部を除く地域では、月食の始まりは月が地平線の下にあって見られず、月が欠けた状態で空に昇ってくる月出帯食(げつしゅつたいしょく)となります。今回の月食は、とくに前半で月の高度が低いので、東の空が開けた場所で観察しましょう。

月が最も欠けて見える、食の最大は18時02.9分です。皆既月食の場合には、完全に影の中に入った月が赤黒い色(赤銅色とも呼ばれる)になって見えることが多いのですが、一方で、多くの部分月食では影の部分の色は暗いだけではっきりしません。ただ今回の部分月食では月の大部分が影に入りますので、食の最大の頃には影の部分が色づいて見えるかもしれません。

月はその後、空を昇りながら地球の影から出ていきます。19時47.4分には月が影から離れ、部分月食が終わります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月食はどうして起きるのだろう。
図書館で借りてきた「げっしょく」(中西昭雄写真、えびなみつる絵、旬報社)には上の図のような説明があった。
太陽、地球、月が一直線上に並び、その時に地球の影によって月の姿が見えなくなるといった説明だ。
ではどうしていつもの満月のときには月食にならないのだろう。2021年には年に2回しか月食にならなかった。

なるほど、月の軌道は傾いているのだ。
同じ満月でも、月の軌道が傾いているため、地球の影に入るときと入らないときがあることが図でよく分かる。地球の影に入ることが珍しいのだ。
月食が赤く見える理由も書いてある。夕焼けが赤く見えるのと同じ理由のようだ。

時刻は19時32分。
月食が終わりかけている。 赤い色もすっかり消えてしまった。

19時59分。 ほぼ満月の状態に戻っている。夕方の17時ごろから20時ごろまでの天体ショー。
月食がおきる理由を知らなかった時代の人たちには、驚くような異変に思えたのに違いない。
しかしネットで調べてみると:前漢時代(紀元前200年ごろ)には月食がおきるのに規則性があることがわかっていたらしい。天文観測が長期的に行われていたのだろうと考えられる。

さて次回の大阪で見える皆既月食は2022年11月8日。ほぼ1年後だ。
次は皆既月食だから完全に満月が地球の影に入ってしまう。ぜひ観測してみたいし、写真にも取りたいものだ。