奥の細道を英語で10(中尊寺)

Next, I visited Chuson-ji Temple and saw two famous halls.

First was the Kyodo with 16000 rolls of Buddhist prayers and statures of the three Fujiwara leaders.
Next was the Hikarido.
It holds the bodies of the three leaders and three Buddhist statues.
Inside, the hall was decorated with gold, silver and beautiful stones.
Such decorations would naturally fall off or be damaged by rain and wind.
But someone smart built a new building to covver the Hikarido itself.
I was very impressed by this quiet and beatiful hall.
It was 500 years old, but kept in surprisingly good condition.
It felt as if the rain didn’t fall on Hikarido because it wanted to protect it.
This haiku came to mind.

May rains fall, but not
On the shining Golden Hall
So it still remains

*Buddhist prayers; 経
*It felt as if the rain didn’t fall on Hikarido; まるで光堂には雨が降らないかのように感じられる。

兼(かね)て耳驚(おろどか)したる二堂開帳す。
経堂(きょうどう)は三将(さんしょう)の像をのこし、光堂(ひかりどう)は三代の棺(ひつぎ)を納め、三尊の像の仏を安置す。
七宝(しちほう)散(ちり)うせて、珠の扉風にやぶれ、金(こがね)の柱積雪に朽(くち)て、既(すでに)頽廃(たいはい)空虚の叢(くさむら)と成(なる)べきを、四面新(あらた)に囲(かこみ)て、甍(いらか)を覆(おおい)て風雨を凌(しのぐ)。
暫時(しばらく)千歳(せんざい)の記念(かたみ)とはなれり。
        五月雨(さみだれ)の
           降(ふり)のこしてや光堂

*三尊の仏; 阿弥陀三尊像のこと。
*七宝; 仏教で言う七種類の宝物。代表的なものとしては,金,銀,瑠璃,玻璃 (はり。水晶) ,しゃこ (貝) ,珊瑚,瑪瑙 (めのう) 。
*経堂;一切経1万6千巻などを納めた蔵。英文の16000 rolls of Buddhist prayers
はここから来ている。

橋本治さんの訳を引用する。
「かねてから、話に聞いていて、そんなものがあるのかと驚かされていた平泉中尊寺の二堂を見た。そのひとつの経堂には、藤原三代清衡、基衡、秀衡三将の像が残されている。いっぽう光堂には三代の棺が納めてあり、阿弥陀三尊の像安置されている。
かつて装飾として光堂内をかざった七宝は散りうせてしまい、珠玉がちりばめてあった扉は長い年月のうちに風雨で傷められ、金色に輝いていた柱も霜や雪の力でくさりがきていた。
もう、とうにただ虚しい廃墟とそれをかこむ草原になってしまっていても、少しもおかしくないところを、堂を四方から囲う建物を新しく建て、屋根に瓦をのせて風雨を防ぐ手当だけはしてある。そのおかげで、今のところは、なんとか後の世に長く残る記念の形は整えられていた。
        五月雨の振りのこしてや光堂                」

*残念ながら経堂には三将の像はないそうだ。あるのは、文殊菩薩・優填王(うでんのう)・善財童子の三体が祀ってあるそうだ。
*光堂を囲んでいるのは、覆堂(さやどう)と呼ばれているもの。芭蕉は光堂を守るために最近作られたもので風雨から守ったと考えていたようだが、じつは光堂建立直後から作られていたそうだ。ただ再三に渡って作り替えていて、芭蕉が見たものは南北朝期に造営されたものらしい。現在のものは1960年代に更新されたものであり、光堂の修理に伴い移転されているそうだ。

長谷川櫂著「『奥の細道』をよむ」の解説を引用する。

「五月雨の降のこしてや/光堂」
句中の切れのある一物仕立て。
降りしきる五月雨もこの光堂だけは濡らさない。鞘堂でおおわれ、時の猛威からかろうじて守られている。
 芭蕉は壺の碑では「ここに至りて疑いなき千歳の記念、今眼前に古人の心を閲(えつ)す」といい、光堂を「暫時千歳の記念とはなれり」という。
 この「千歳の記念」とは、全てを廃墟にしてしまう猛々しい時の流れに耐えて、かろうじて残っているもののことである。」

芭蕉たちはこのあと、尿前の関(しとまえのせき)、尾花沢(おばなざわ)をへて立石寺に5月27日頃に到着。そのあと日本海に出て、6月には最上川にやってくる。次回は芭蕉の有名な句がふたつ登場する。