南総里見八犬伝を英語で6

One day, Shino decided to go and see his father’s master.
So he traveled to Koga, in today’s Ibaraki Prefecture.
When Shino gave back the sword, the Ashikaga family found it was not the real Murasame-maru.
In fact, Shino’s bad aunt had switched the sword with a different one.

信乃の叔母、つまり蟇六夫妻の手によって村雨丸は偽物にすり替えられていた。
そのすり替えを手助けしたのが左母二郎(さもじろう)という男であった。
信乃が旅立つ前に、蟇六にさそわれて魚とりに川にでかけた。船に乗った信乃と蟇六。舟が突然揺れて蟇六が川に落ち、溺れたようにしている。
信乃は村雨丸を船において、蟇六を助け上げるために川に飛び込む。
信乃が川の中で蟇六を助けている間に、左母二郎が刀をすり替えた。

信乃は村雨丸がすり替えられたのを知らないまま、古河(こが)に出発した。
あとには信乃を慕う浜路が残るが、左母二郎は浜路もさらって蟇六のもとから逃げ去ってしまう。

信乃は邸に向かう前に、村雨丸を点検しておこうとして刀を調べた。そしてそれが偽物であることに気づく。
驚いた信乃は、説明すればわかってもらえるだろうと考え、邸に行くが・・・・

The master became very angry and ordered his men to arrest Shino.
Shino ran away and ended up on the roof of the highest tower of the castle.
A samurai called Genpachi was sent to catch Shino.
The two started to fight on the roof.
Many people came to watch them.
Finally, the two slipped and fell off the roof together.

スパイと間違えられた信乃は捉えられようとする。
逃げる信乃に差し向けられたのが犬飼現八(いぬかいげんぱち)。

犬飼現八は、捕物の名人として名を馳せていたが、与えられた職務が嫌で拒否したため、牢に閉じ込められていた。信乃をつかまえるために、牢から出される。
(上の本の左が犬塚信乃、右が犬飼現八)
激しく戦った二人は、足を滑らせ坂東太郎ー利根川の激流にに落ちてしまう。

Townspeople; Oh, no !

Narration: They fell into a river with a big splash.
All the people looked for Shino and Gempachi, but they were nowhere to be found.
The next morning, an old man found two men in a boat.
They had floated down the Tone River together to Chiba.
When the old man looked at their faces, he knew one of them.
A flower-like mark on his face was the proof.
It was Genpachi !

川に落ちた二人は利根川の激流にたたきつけられ、小舟の上に放り出され、川の流れに乗って下流に流されていった。
翌日、魚を釣っていた老人に発見される。
現八のほほにある花の模様の痣に気づく。
「これは現八どのではないか?!」

物語は新しい水晶の珠をもっている八犬士の登場となる。