The Torikaebaya Tale とりかえばや物語11

When they were finally ready, Aki went back to the city as Haru. People were very happy to see him again.
Only Fuyu was not.
Her husband knew she had a baby with another man.
She didn’t know how to act in front of him.
But Aki said kindly,
“How are you, my wife?
You look as beautiful as ever.” Fuyu was surprised to hear such sweet words.
She felt her husband was a 
little different from before, but she was happy that her husband was back.

■身のことわりを思ひ知りつつも、なほ恨めしかりし御心ばへを背きぬべくやと、心見に吉野の峰の奥深くはたづね入りて侍りしかど、おぼつかなさも忍びがたく、幼き人のあはれなど、わりなき絆に、人わろく思ひ返され侍りにしも、いと罪深きも、君は心安げに承はりしこそ

田辺聖子さんの「とりかえばや物語」では、次のように説明されている。

久しぶりだね。君はやっぱり美しい。・・・
ぼくはきみにきらわれているのは知っていたが、きみを思いきることができるだろうかと吉野の山奥へ入ってみた。でもやっぱり、きみを忘れることができなかったよ。幼い子も気になるし、きまりわるいけど、世の中へもどってきてしまったよ。きみはかわりなく暮らしていると聞いたがね。
・・・・略・・・・
さあ、おたがいに、意地のはりっこはやめようじゃないの。きみはなんといっても、ぼくの妻なんだから、どうして忘れることができよう。

Fuyuは、Haruが以前と少し変わったように感じるが、
「やっぱり春風さまだわ。おたがい、いろんな目にあって変わったんだわ・・(田辺聖子「とりかえばや物語」)」と思う。

さて一方Haruは尚侍として宮中にもどってくる。

しかしその前に、自分が生んだ男の子との別れがあった。

Crying, Haru gave up her son.

原作では次のように書かれている。

■親子の御契り絶えぬものなれば、「行き会ひつつ見ぬようにもあらじ。さばかりなりしわが身の、この児愛しとても、いとかく人げなくて通わむをわづかに待ち取りて、過ぐすべきかは」と、なほ過ぎにし御心の名残、強くおぼし取りて。

田辺聖子さんの「とりかえばや物語」ではこのように書かれている。

「生きてさえいれば、また会えるわ。・・・親子の契りは絶えないのだもの。
それよりも、私はここで朽ちていっていいような身ではない。あれほど誇りにみち希望にあふれ、人々に賛美されていた私が、いくらこの子が可愛いからと言って、こんな情けない扱いをされ、男が通ってくるのをじっと待つだけ、というような暮らしに埋もれはてていいものか。
私には誇りがある。男のご機嫌に、よろこんだり心配したり、という人生はごめんだ」
さすがに半生を男として生きてきた春風は気丈だった。

春風は自分の子どもを乳母に託して、京に出る。
ここは「母としての人生を取るか、自分の人生を生きるか」現在も様々な意見が出るところだろう。 多くは「子どものため」「母として」いきる人生を選び、称賛される小説や映画や舞台が多いと思う。 しかしHaruは自分の人生をえらぶ。今から1000年前の文学にその生き方が書かれている。
これが息長く現在まで伝えられている物語の秘密、パワーなのかもしれない。

Then she went to the emperor’s palace and worked as Aki.
People didn’t notice the change.

HaruもAkiと入れ替わったことを気づかれず尚侍の仕事をすることが出来た。
Enjoy Simple English では書かれていないが、Haruと女東宮のお付きの女官と話す場面がある。そのときのHaruの応対ぶりに

■そのほどの御事、とやかくやと聞え合わするにも、過ぎにし方よりも道々しう、御けはいなどのただほのかに言続けても宣はざりしを、聞くわくほどに物うち宣へるも愛敬づき、聞かまほしきさまにいとをかし。
その間の事を、あれこれと確かめても、かつてより道理をわきまえ、以前はご様子もぼんやりと言葉を続けて物をおっしゃらなかったのに、今は聞いて納得できる程度には物をおっしゃるのも魅力があり、いよいよお話が聞きたくなるふうですばらしい。(桑原博史「とりかへばや物語」より)

この様子がEnjoy Simple Englishでは、次のように表されていると思う。

They only thought Aki was now a littel brighter, and a little quicker with her answers.

Enjoy Simple English では省かれているが、女東宮にHaruとAkiは二人でこの間の事情を説明する。女東宮はショックを受け、これからの自分の生き方を考えるようになるが、ここではこれ以上ふれない。

女東宮は人知れずに出産となり、生まれた子どもはAkiとHaruの父親の左大臣家に。女東宮は父院の御所で養生することになる。
尚侍のHaruはどこへも行かず、とどまることになる。
この時をチャンスとばかりに帝がHaruのもとに忍び込む。
もともとAkiが尚侍のときから好意をよせていた帝は、姿形がそっくりなHaruを以前のAkiと思い、再び入内させるようにと左大臣に働きかける。

Then one day , the new emperor saw Aki, who used to be Haru, and fell in love with her.
He proposed to her again.
How could the father refuse?
Aki was really a woman this time.
He happily replied yes.
His daughter married the emperor and had many children.

英文のように帝の女御としてHaruは帝のもとに行き、結婚することになる。
このあとAki, Natsu,そしてHaruの産んだ子どもはどうなるのだろうか。
次回ですべてが回収されていく。