The Torikaebaya Tale とりかえばや物語7

Haru was pregnant.
It was not her plan, but she accepted her destiny.
She told Natsu they were going to have a child, and he was very pleased.
“Haru, maybe it’s time for you to live as  a woman.
We are a couple now, so you have to follow my wishes.”

Haruは悩んだ末に、Natsuに自分が妊娠したことを伝える。

「かかることさえ出ぬとならば、なほはじめも聞こえしやうに、産霊神の契りを違へぬさまにおぼしなりね。・・・・中略・・」
宰相は、「いとどことわりなれど、すべてのは、さるべきにこそは、かうなおぼし入りそ」
「このように子まで生まれるというなら、やはり最初から申し上げたように、産霊神のおぼしめしを変えぬようにお考えなさい。・・・中略・・」
Natsuは「お苦しみはまったくもっともですが、すべてこれは、しかるべき運命なのです。それほどまでお考え込みなさるな」(とHaruをなだめる。)

Haru remembered all the happy days she spent as a man, but those days were finished.

She wanted to die.
But she thoughts about her parents and decided to live

田辺聖子さんの「とりかえばや物語」(文春文庫)ではこのあたりを次のように表現している。

「(Natsuのなぐさめを聞いて)たしかに、このままでいられるはずはない。いずれはそうしなければならないだろう。そのときの春風のあたまに浮かぶのは、男として活躍したいままでの人生の楽しさだった。
国政の現場で、なみいる大臣や高級官僚を前に、堂々と自分の意見をのべたこと。政務を処理して、自分でさばき、決定を下したこと。
または、はなやかな宮中の行事で、人々から注目されたこと。
花の宴、月の宴、自分の作った詩や和歌を、帝をはじめ、人々にほめられたこと。宮廷貴公子の花、とたとえられたあの日々。あの記憶を、あの人生を、われから消してしまおうというのか。
『男として生きるのは、あんなにもたのしかった。はなやかな人生。・・・ぼくはあれを、うしなわなければいけないのか』
春風は泣いて苦しむ。そのさまを見る夏雲は、
「これは本当に、女姿にもどる決心をしたんだな」と思ってうれしかった。
「この春風を、ぼくの妻にして家の中にすえよう。冬日(Fuyuのこと)もやがては、ぼくが世話をしたい・・・」
・・・・・中略・・・・・・
「春風はしかし、夏雲が思うように、女姿に戻って、夏雲の邸の奥深く、とじこもろうと決心したわけではなかった。春風は、夏雲をあまりたかく買っていない。
『・・・このていどの男に身をまかせ、家にとじこめられて生涯を終えるなんて、やっぱりいやだ。といって、いつまでも世間で活躍するというわけにはいくまい。・・あともう、ひと月かふた月か。・・・世をすてるというより、命をすてようか」
春風は見の処置について、そこまで考えるようになっている。」

・・・・・・・・・・・・・・・

She went to live in a small house outside of the city before anyone could see she was a pregnant woman.

人前から姿を消そうと考えたHaruは、それとなく関係のある人達にあいさつをしていく。あとふた月、あとひと月と時間が過ぎ去っていく。
3月の花の宴はHaruが男姿での最後の晴れの舞台だった。詩や笛を披露する。
そして右大将に昇進する。
4月になると身重の体で動きにくくなる。
Haruは悩んだ末に、権中納言に昇進したNatsuの世話になって、宇治に身を隠すのが最良の道だと決心する。

Everyone at the emperor’s palace was very surprised.
The handsome, young husband of a minister’s daughter just disappeared.
He left his wife and child without saying anything.

田辺聖子さんの「とりかえばや物語」ではこのように説明している。

「京では翌朝、お供の人々が牛車をととのえておむかえにあがったところ、夜おそく帰りました、という返事、ところどころをさがしてもいっこうにゆくえは知れない。毎月、数日をすごす乳母の家にも春風の姿はない。吉野にもいない。
父の左大臣は悲嘆にくれた。・・・略・・・宮中でも大さわぎになった。ぶじに春風が戻ってくるよう、盛大なお祈りが神社やお寺にささげられた。あの宮中の花、といわれた春風が、とみな、心配せぬ人はない。」

 

四の君・Huyuと幼子(といってもNatsuの子だが)を残して姿を消したHaruの行方を知るものは誰もいなかった。
そうした京のまちに、こんなうわさが囁かれるようになった。