古事記を英語で読む22

Two Brothers 1

Amaterasu’s grandson Hikohono-ninigi came to rule the land below the sky , and had three sons.

The first son, Umisachi-biko, lived by the sea and caught fish.

As for the third son, Yamasachi-biko, he lived in the mountains and caught animals.
These brothers spent their days finding things to give to their father.

「コノハナサクヤヒメの産屋につけられた火が燃え上がったときにお生まれになったホデリの命は、海に入って様々な魚を取る、ウミサチビコとなりました。産屋の火がおさまるときにお生まれになったホオリの命は、山に入ってさまざまな獣を取る、ヤマサチビコです。ウミサチビコもヤマサチビコも、毎日父神ヒコホノニニギの命にささげる獲物を取りに海や山へ入っていかれました。(橋本治さんの『古事記』より)

One day, Yamasachi went to see his brother.
He said,
“Why don’t we switch tolls with each other? Then you can hunt in the mountains and I will hunt in the sea.”

Umisachi didn’t really like the idea but finally agreed.

「・・・『私達はいつも同じところを持ち場にして猟をしていますね。でも、どうです?たまにはお互いの道具を取り替えて、違うところで猟をしてみませんか?』
一度は海で魚を釣ってみたいと思っていた山幸彦はそう言ったのですが、兄の海幸彦は承知しませんでした。
山幸彦は同じことを三度も繰り返していったのですが、どうしても兄の海幸彦は承知しませんでした。ところがもう一度山幸彦が同じことを繰りかえすと、海幸彦も『しかたがない』と思ったのでしょう。『それならお互いの道具を交換してみよう』と言いました。そして海幸彦は弓と矢を持って山へ、山幸彦は釣り竿を釣り針を持って海へとでかけて行ったのです。」(橋本治さんの『古事記』より)

Yamasachi was very excited to try his brother’s fishing pole, but he couldn’t catch any fish.

「その日の日が暮れようとしました。しかし海へ行った山幸彦には一匹も魚がつれませんでした。そればかりか、なれない海へ出かけていった山幸彦には、兄の海幸彦から借りた大切な釣り針を海の中へなくしてしまったのです。(橋本治さんの『古事記』より)

When Umisachi found out, he became very angry. “I will not forgive you until you find it!” Yamasach was crying by the sea when a kind god appeared.

*釣り針が亡くなったことを知った海幸彦は、「釣り針を返すまでは許さない1」と怒る。弟の山幸彦は、おわびにと自分の剣を砕いて500本の釣り針を作って兄の海幸彦に持っていくが「いらない」といって受け取らない。山幸彦はさらに500本の釣り針を作って持っていくが、兄の海幸彦は『なくした本物の釣り針をもってこい』と受け取らなかった。
困った山幸彦は海辺で泣いていると、
そこへ現れたのは、海の潮の流れを司るシオツチノカミ。

The god put Yamasachion a boat and said,
“This boat will take you to the sea god. He will help you.”

「『(山幸彦がじじょうをせつめいすると)、私にはいい考えがある。というよりもわたしにもその釣り針がどこにあるかはわからないけれども、どうすればそれが見つかるかぐらいはわかるから、それをお教えしましょう』
・・・略・・・そういうと、シオツチノカミはいきなり小さな船を作りはじめました。・・・・シオツチノカミは山幸彦の乗った勝間の小舟をぐいっと沖の方へ押し出したのです。船は沖へとながれていきました。」(橋本治さんの『古事記』より)

*山幸彦の乗った船のめざすところは、そう「竜宮城」ですね。次回へ。