古事記を英語で読む18

The Goddess' Grandson 3

これまでのことを振り返ってみると、アメノホヒは地上に降りて3年たっても音信不通、次に送ったアメノワカヒコは8年間も連絡なし。
おまけに使者として送ったキジを、持っていた弓矢で射殺してしまう。怒ったタカミムスヒはその矢を投げ返すと、アメノワカヒコの胸に刺さって死ぬという結果になった。

アメノワカヒコが死んだあと、彼の両親が高天原から葬儀のためのやってくる。そしてアメノワカヒコの妻であるシタデル姫の兄がアメノワカヒコにそっくりなのに驚愕する。そこから話は別な方にすすむのだが、Enjoy Simple English では省かれているので、ここではこれ以上ふれないことにする。

Amaterasu was very angry.
”Isn’t there a better god to send?”
Then a great warrior god was chosen.
He went down and talked with Okuni-nushi and his children.

*warrior : 戦士

「亦(また)何れの神を遣(つかわ)してば吉(よ)けん」
とアマテラスは神々に相談する。
最終的にアメノオハハリの神の息子であるタケミカヅチの神に決まる。
タケミカヅチの神とは、イザナキが火の神を切り殺した時、剣のツバについた火の神の血から生まれた神。勢いのある神がいいということになったのだろう。

He went down and talked with Okuni-nushi and his children.

とあるように、タケミカヅチの神はオオクニヌシと話をした。Enjoy Simple English には簡単に書かれているが、橋本治さんの「古事記」をもとに説明を加えると、オオクニヌシは二人の子の意見を聞いてほしいと言っている。

一人目は、「オオクニヌシの神にかわって、その偉い神の御心を聞く役目を持った神」のコトシロヌシの神。彼はオオクニヌシから話を聞いて承知する。

二人目は「力が強く乱暴な神」のタケミナカタの神。
高天原の戦いの神であるタケミカヅチは、タケミナカタと言い争い、信濃の国まで追いかけて屈服させる。

After some discussions and fights, Okuni-nushi finally agreed on giving the land back.

「わたしの息子たちの言ったことに、わたしもしたがいましょう。この葦原の中つ国は、アマテラス大御神のおおせになったように、すべてさしあげます。」(橋本治さんの『古事記』より)

Amaterasu was very happy to hear this.
She told her oldest son that he could now rule the land below the sky.
But he said,
”I think my son Hikohono-ninigi is right for this job.”

アマテラスはアメノオシホミミに、(地上の国は騒がしいと言って、行くのを嫌がったアマテラスの長男)

「・・・あなたはこれから葦原の中つ国へ天下って、その国をご支配なさい。」
と命ずると、

「・・・わたしは下界へ下るための身支度を整えておりましたのですが、その間に、私には子どもが生まれてしまいました。わたしのお受けする役は、わたしよりもその生まれ出た子にふさわしいと思われます。・・・・」(橋本治さんの『古事記』より)

と言って、自分の子・アマテラスからすれば孫にその役目を負わせようとする。

Amaterasu agreed and gave her grandson three special treasures; a beautiful bead, a mirror and sword.
The bead and mirror had been used to bring Amaterasu out from a cave.
The sword had been found in the eight-headed snake.With these three treasures, Hikohono-ninigi went down to the land below the sky and became the new ruler.

*bead : ビーズ玉(ここでは勾玉)
*sword : 剣,刀

ヒコホノニニギを下界に送ることに同意したアマテラスは、ヒコホノニニギにいわゆる「三種の神器(アマテラスが天岩屋から出るときに使った鏡と勾玉、スサノオが八俣の大蛇から取り出した草薙の剣(くさなぎのつるぎ)」を渡す。
かくして高天原から地上に降りたヒコホノニニギが、地上世界の新しい支配者になる。
この部分は、「国譲り神話(くにゆずりしんわ)」として理解されているところ。
里中満智子さんのマンガにも、
「中国の歴史書『三国志』の『魏書』(ぎしょ)の中の東夷伝(とういでん)・倭人条(わじんじょう)ー俗に言う『魏志倭人伝』には、『二世紀後半に倭国(日本)では大きな内乱があり、女王卑弥呼が治めるようになり乱が収まった』と記されています。・・・それ故に『倭国の大乱』は大和対出雲の戦争である。勝った側の大和朝廷が『力で出雲をねじ伏せたくせに、話し合いで出雲が大和をたてたー』というきれいごとにして古事記に記したのだ。などという説もあります。・・・・・出雲・因幡には大きな勢力があったの事実。政権側と出雲の間には、おそらく色々あったのだろうと察する・・・」と書かれている。

さて、これから地上の世界の新しい支配者となったヒコホノニニギの話がはじまる。