古事記を英語で読む15

因幡の白兎 3

The Rabbit followed Okuni-nushi’s advice, and soon his soft white fur started to grow again!

The Rabbit was thankful and said,

“None of your brothers will marry Yakami-hime. You will.”

*thankful: 感謝して

教への如(ごと)為しかば
其の身 本(もと)の如(ごと)くになりき 
此れ稲毛の素菟(いなばのしろうさぎ)なり
故(かれ)其の菟 大穴牟遅神(おほなむちのかみ)に白(まを)さく
此の八十神(やそがみ)は必ず八上比売(やがみひめ)を得じ
袋(ふくろ)を負(お)へども汝命(なみこと)ぞ穫(え)む

橋本治さんの「古事記」では次のようになっている。
「あなたのご兄弟の神々は、けっしてヤカミヒメと結婚することはできないでしょう。いまあなたは、召使いのように大きな荷物の入った袋を背負っておいでですが、ヤカミヒメとご結婚できるのは、あなたなのですよ」

Okuni-nushi was very surprised, but the Rabbit’s words came true.

ThIs Rabbit was actually a special servant of Yakami-hime.

橋本治さんの「古事記」では、

「このうさぎは『因幡の白うさぎ』といって、じつはヤカミヒメのご用をはたすうさぎでもでもあったのです。今の世にウサギ神といわれているのは、このうさぎのことなのです」
と書かれている。

八十神であるオオクニヌシの兄弟たちは、ヤカミヒメに会って結婚を申し込むが、、、、

是(ここ)に 八上比瑪売(やかみひめ) 八十神(やそがみ)に答へけらく
吾(あ)は汝等(いましたち)の言(こと)は聞かじ 大穴牟遅神(おおなむちのかみ)に嫁(あ)はむ

橋本治さんの「古事記」では、
「ヤカミヒメの住む因幡の御殿では、オオアナムヂの神の兄弟の神々を前にして、ヤカミヒメがこういっていました。
『わたしは、あなた方の言うことには従いたくありません。わたしは、オオアナムヂの神の妻になるつもりです。』」

The brothers of Okuni-nushi were very angry that he married Yakami-hime.
They made a lot of trouble for Okuni-nushi, but in the end he became the leader of Izumo.

さて、a lot of trouble とはどんなことだろう?

古事記の原文では、さきほどの八上姫の言葉の後にこう続く。
「故(かれ)爾(ここ)に 八十神怒りて 大穴牟遅神を殺さむと欲(おも)ひて
共に議(はかり)りて・・・・」

と兄弟での殺人を計画する。なんとおそろしいことを・・・・

イノシシを捕まえろと、山の上から真っ赤に焼けた石を転がして抱きつかせて、焼き殺そうとしたり、真っ二つに切った大木の幹に挟んで殺そうとした。
オオクニヌシは他の神々に助けられ、最後はスサノオが住んでいる根之堅州国(ねのかたすくに)に身を寄せる。


スサノオの娘である須勢理姫(すせりひめ)と愛し合うようになったオオクニヌシは、スサノオのが繰り出す試練を乗り越えて、二人は根之堅州国から出る。
このときスサノオはオオクニヌシに、左の里中満智子さんのマンガのように、国造りを命じる。

このあとの様子は、橋本治さんの「古事記」によると、

「生大刀と生弓矢を持ったオオクニヌシの神は、スサノオの命のいったように、彼を殺そうとした兄弟の神を、山のふもとにまで追い、川の流れにまで追いつめて、これを家来としてしたがえてしまったのです。オオクニヌシの神は、八十柱の兄弟の神々の一番上に立つ神となりました。もう兄弟の神々のうちには、オオクニヌシの神にさからおうとする者はありません。」とある。これが、

They made a lot of trouble for Okuni-nushi, but in the end he became the leader of Izumo.

のことなのである。
さて、このようにして栄える国となってきた出雲の国。このことを別の考えで見ていたのがアマテラス。さてそれがどんなことなのか、、次回へ。