古事記を英語で読む14

因幡の白兎 2

The rabbit followed their advice. The combination of ocean water, wind and sun was terrible. 
It hurt the rabbit even more.
The rabbit could not stop crying.

橋本治さんの「古事記」によると、

「海の水は皮をむかれてむき出しになってしまった体にピリピリとしみましてた。・・・がまんして体じゅうに塩水をかけました。そして風当たりの良い崖の上にのぼったのです。・・・心地よく吹いていたはずの風が、みょうに強く感じられました。肌がピリピリします。風が吹くたびに肌はひきつるように乾いて、そこに太陽の光はつきさすように照りつけます。・・・うさぎの体は全身にひび割れができて、流れていた血がおそろしいような模様を作って固まっていました。うさぎは、こわくて、ワーワー泣きました。」

Just then, Okuni-nushi arrived at the beach.
He heard the rabbit crying and asked.
”What happened to you?”
The Rabbit answered.
”I live on one of the islands near by and I wanted to cross the sea.
I told some sharks that I was going to count how many there were.
So I asked them to get in a single line.
But it was a lie.
I was just using their backs to get here.
The only mistake I made was telling them about the lie before reaching the beach.
The sharks got really angry with me and pulled off all my fur.
It was terrible!
Then your brothers came and gave me some bad advice, and it hurts even more now !”
*fur; (ウサギなどの柔らかい毛の)毛皮

故(かれ)海の「鰐(わに)」を欺きて 言いけらく
吾と汝と族(うから)の多き少きを競べ(くらべ)計(かぞ)へてむ

故(かれ) 汝(いまし)は其の族(うから)の在(あ)りの随(まにま)に 悉(ことごとく)率と来て 此の島より気多(けた)の前(さき)まで 皆列み伏し 度(わた)れ

爾(ここ)に吾其の上を踏みて 走りつつ読み随(わた)りてむ 

是(ここ)に吾が族(うから)といずれか多きを知らむ

如此(かく)言ひしかば 欺(あざむ)かへて 列(な)み伏せる時、吾其の上を踏みて読み渡り来て 今地(つち)に下(お)りむとする時に
吾云(い)ひけらく 汝は我に欺(あざむ)かつつ 言ひ竟(お)はる即(すなわ)ち 最端(いやはし)に伏せる鰐(わに) 我を捕(とら)へて 悉(ことごと)に我が衣服(きもの)はを剥(は)ぎき
此(こ)れに因(よ)りて泣き憂ひしかば 先に行(い)でし 八十神の命(やそがみのみこと)以(も)ちて 海塩(うしお)を浴(あ)みて 風に当(あた)り 伏してよ とをしへ告(の)りき
故(かれ)教への如(ごと)為しかば 我が身悉(ことごと)に傷(こそな)へつ

*この部分はよくしっている話なので、マンガと古事記の原文を見比べてみていくとわかる部分だと思う。

Okuni-nushi felt sorry for the Rabbit.
He said, “Wash your body with fresh water.
Then sleep on a bed of these fluffy plants.”

*fluffy; ふわふわした

橋本治さんの「古事記」では、
「いいか、この浜の先には河が流れ込んでいる水門(みなと)がある。・・・そこへ行って、海に流れ込む前の真水につかり、体を洗いなさい。それからその水門のあたりの岸辺には蒲(がま)がはえているから、その草の先に茶色の穂をつけているものをたくさん集めて、その上にねころがっておいで。・・・・」と書かれている。

ここで登場する「鰐(わに)」は、爬虫類のワニではなくて、サメのことだと解釈されている。出雲の方言で「サメ・フカ」のことを「わに」と言うと、こうの史代さんは注をつけている。
またウサギが転がった蒲(がま)は、「がま科の多年草。水辺にはえ、高さは2メートルほど。葉は細長く1メ−トルにもある。黄色い花粉を止血に用いたとされる」と橋本治さんは注を付けられている。
里中満智子さんのマンガにあるのが蒲の穂。その中には黄色い綿状のものがはいっている。漢方につかわれたり、火打ち石のほくちとして使われたこともあるそうだ。

さてオオクニヌシに治療法をを教わった白うさぎは・・・・次回へ