古事記を英語で読む2

伊邪那岐と伊邪那美 イザナキとイザナミ

The other gods told Izanaki and Izanami to make the land below the sky into something wonderful.
They gave the two gods a beautiful spear. Izanaki and Izanami took the spear and put it into the ocean that held the soft, unshaped Land.
They mixed the water and land around and around.
When they took the spear out, some of the water dripped down and created an island called Onogoro.
Izanaki and Izanami went down onto the island, got married and made many more islands.
First came Awaji Island, then Shikoku.
Oki, Kyushu, Iki, Tsusima, Sado and Honoshu were next. This is How the eight islands of Japan were created. 

 

天の沼矛(あまのぬぼこ)で海をかきまぜて、矛からポタポタとおちてできた島がオノコロ島というのは有名な話。
この島が現在のどの島に当たるのかは諸説あって確定されていない。淡路島周辺の島であったのではないか、というのが有力らしい。

淡路島、四国、隠岐の島、九州、壱岐の島、対馬、佐渡ヶ島、最後に大倭豊秋津島(おおやまとよあきつしま)とよばれる本州がうまれた。
島の大きさや大和朝廷のあった奈良からの距離を考えると、なんとなく不思議な順序だなあと思ってしまう。

After Izanaki and Izanami created the islands, they started to make many gods.
Together they created the gods of houses, water, wids and many more.
The two made 35 gods in total.
The last god was the god of fire.

35の神々の誕生。いったいどんな神たちなのだろうか。
橋本治さんの「古事記」からその部分を抜書きしてみると、

「まず伊邪那岐命のお生みになったのは、オオコトオシオの神という男性の神です。これは『これから大きなことをがんばって始めるぞ』ということを表す神で、『大事忍男』と記します。・・・次に伊邪那岐命がお生みになったのは、大切な家の土台を作る石と土の神でした。・・・門の神屋根の神大きな建物の神風に耐える住居の神・・・家の神々が生まれた後には、海の神、・・・河が海へと流れ入る河口にできる港のそのうちの河の方面を守る神海の方面を守る神、・・・港の河口には水面を静かにする神みずのあぶくをおさえる神、・・・波たちさわぐ水面の神潮のあぶくを生み出す神が生まれました。水の神はそのほかには、人々に生活の水をあたえる神が四柱生まれています。
水の神の次には、風の神、その次には木の神、その次には山の神野の神が生まれます。・・・人が暮らすための土地の神野山にたちこめる霧の神暗い谷間の神と、自然の中で人を迷わせる神が生まれ、船の神食物の神が生まれました。・・・
・・・たいへんなことが起こりました。火の神をお生みになった伊耶那美命(イザナミノミコト)が、火の神の炎に焼かれて、大やけどをしてしまったのです。」

数えていくと火の神をいれても35にはならない。
こうの史代さんのマンガに出てくる神々をかぞえても35にはならない。
里中満智子さんのマンガには神々の数は具体的には書かれていなかった。
伊耶那美命が亡くなるときに生まれた神々もいるので、その神々を加えて数えると今度は35をこえてしまう。

ネットで調べてみると、この35という数は、誰と誰と誰というふうには特定できていないようだ。
「國學院大學の古事記学センター」というホームページにその解説が載っていた。

http://kojiki.kokugakuin.ac.jp/kojiki/%E4%BC%8A%E8%80%B6%E9%82%A3%E7%BE%8E%E3%81%AE%E7%A5%9E%E9%81%BF%E3%82%8A/

本居宣長もその論者の一人なぐらいに、古くから論議されているようだ。
私にはとても「このように考える」なんて言えないので、ここは「古事記には35柱の神々が生まれたと書かれている」というところで理解しておこう。

さて、この火の神(火之夜芸速男神−ヒノヤギハヤオノカミ、またの名をヒノカガビコノカミ,またはヒノカグツチノカミ)の誕生によって伊耶那美命(イザナミノミコト)に生死の危機がやってくる。その時、伊邪那岐命(イザナキノミコト)は・・・次回に続く