古事記を英語で読む

NHKラジオ講座(英語)に
Enjoy Simple English
がある。
一日5分間だけの放送、しかし中身は充実している。
金曜日は「英語で味わう日本文学」。今月は「古事記」。
以前に「枕草子」がこの番組で紹介された。
しばらくこの番組を聞いていなかったのだが、「古事記」というテーマなので久々に聞いてみることにした。

ところで「古事記」という文学は知っているようで知らなかったことに気づかされた。
私は小学校のときに「日本の神話」というような題名の本を読んでいたが、時とともにその記憶も定かでなくなってきた。

今回英語て「古事記」を読むにあたってもう一度勉強し直そうと思った。
そこで内容がよく分かるようにと次の三冊を図書館で借りてきた。

「21世紀版 少年少女古典文学館 
古事記」(橋本 治 著、講談社)

マンガ古典文学 古事記
(里中満智子 著、 小学館)

ぼおるぺん 古事記
(こうの史代 著、平凡社)

最初の一冊だけがふつうの翻訳版の「古事記」で、あとの2つは「マンガ」だ。
しかしこの三冊はなかなか工夫されていて、英語で書かれた「The Kojiki」を理解するのに役に立ちそうだ。

4月2日の放送は
「The Kojiki − The Begininig 」

This story took place a long, long time ago.
The world was just beginning.
Then the world divided into two, the land above the sky and the land below the sky. In the land above the sky, the first three gods appeared. At that time, the land below the sky was still soft and unshaped like a jellyfish.

「古事記」は漢文で書かれている。そのため私達は現代語に翻訳したものを読んでいるわけだが(枕草子や源氏物語のように)、その原文というのはどんなものなのだろう。ネットでしらべると様々な本が紹介されている。
ここでは私の借りてきた本にその原文が載せられていたので、紹介する。

こうの史代さんが、ホールペンで1ページに縦に約50字・横40行で4ベージにわたって漢文で「古事記」を書き写して紹介している。

天地初發之時於高天原成神名天之御中主神・・・

天地(あめつち)の初(はじ)めて發(ひら)くる時(とき)、高天原(たかまのはら)に成(な)れる神、名は天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・・・

という「有名な」文言から始まる。続いて

次に高御産巣日神(たかみむすひのかみ)、次に神産巣日神(かみむすひのかみ)、此の三柱の神は並(みな)独(ひとり)神也りまして隠身(かくれみ)なり。

ここまでが、こうの史代さんの漢文の1行目の内容である。またそれは

Enjoy Simple English

the first three gods appeared.

の部分に相当する。
この隠身というのが私には面白く感じられた。
橋本治さんの「古事記」では、
「人にお姿をあらわされるということはないのでした。」
里中満智子さんの「マンガ古典文学古事記」では
「姿形のない『とある存在』としての神が生まれた」
こうの史代さんの「ぼおるぺん古事記」では
点線で神の姿が書かれていて、欄外に
「現世に姿を現さない存在でいらっしゃる」と注が書かれている。
姿かたちのない神と人間の姿をした神が存在している、というのが日本古来の神の捉え方なのかもしれない。

左の「ぼうるぺん古事記」の5行目に
伊邪那岐の神(いざなきのかみ)、伊邪那美の神(いざなみのかみ)が登場する。
二人は天の沼矛(あめのぬぼこ)をもらい、ここから国生み神話がはじまる。
続きは次回に。