Snow Moon 雪月

2021年2月27日、満月。
東の空に登ってきた満月が見えた。この日の月の出は17時45分。
撮影は18時を少し過ぎていた。

拡大してみると、月のうさぎがよく分かる。少し雲がかかってきたので、下の方にぼんやりと雲が写ってしまった。

ネットでネイティブ・アメリカンの月の呼称が紹介されていた。
1月は Wolf Moon 狼月
2月は Snow Moon 雪月
3月は Worm Moon 芋虫月
4月は Pink Moon 桃色月
5月は Flower Moon 花月
6月は Strawberry Moon 苺月
7月は Buck Moon 男鹿月
8月は Sturgeon Moon チョウザメ月
9月は Harvest Moon 収穫月
10月は Hunter’s Moon 狩猟月
11月は Beaver Moon ビーバー月
12月は Cold Moon 寒月

なんとなく楽しいネーミングだ。ネイティブ・アメリカンもアジア系だからかな。

満月を見る度に、南半球ではどのように見えるのだろう、ということが話題になる。
満月に変わりはないけれど、月の模様、そう、ウサギの耳はどう見えるのだろうと。

以前に私のブログで、ニュージーランドに行ったときの月の写真を紹介したことがある。(2018年1月4日 南半球の夜空)
南半球、たとえばニュージーランドやオーストラリアではこのように見える。
ウサギの耳は下にあるのだ。

日本と比べると、左右・上下が反対になっている。
同じ月なのにどうしてそう見えるのか? そう、どうしてそう見えるのか、というところが大事なのだ。それは、地球が丸いから。
以前に書いた絵をもう一度載せておこう。

同じものをみているのだが、
地球上に立っている人間の見方がそれぞれ違っているからなのだ。
それを体験する簡単な方法が、反りくり返って見るという方法だ。

冬の星座の「オリオン座」。
ベテルギウスが左上で赤く光っている。
対象の位置にあるリゲルは右下にある。

ニュージーランドで撮したオリオン座。
ペテルギウスは右下、リゲルは左上に見える。
月と同じように、左右・上下が逆さまになっている。

南半球の人はどんなふうに星座を見ているのだろう?と思ったときは、上の絵のように反りくり返って見てみればいいわけだ。
そういうが、反りくり返ってみるのが辛くなってきたこの頃だ。