ミッション・マンガル

火星が月に接近中

最近火星が何かと話題になる。
1月20日から三日間、火星と月が接近するというニュースを見て、21日に写真を取ろうとしたが、なかなかうまく映らなかったので、国立天文台のホームページより引用したのが上の写真。
日本も火星の月(フォボスとダイモス)めがけてのサンプルリターン計画が進行中だ。

なんばパークル・シネマで火星へ向けての探査機打ち上げを取り上げたインドの映画があった。
「ミッション・マンガル ー 崖っぷちチームの火星打ち上げ計画」がそれだ。
この映画は実話に基づいている。
インドは2013年11月5日に火星探査機「マンガルヤーン」を載せたPSLV−XLを打ち上げ、翌年2014年9月24日、火星周回軌道投入に成功している。
この事実を映画化したものがこの映画「ミッション・マンガル」である。「マンガル」というのはサンスクリット語で「火星」という意味だそうだ。

左はこの映画のパンフレット。
パンフレットの下のロケットの写真はこのパンフレットからの引用。
火星探査機を載せたこのロケットは、全長約42メートル、直径2メートル80センチ、総質量約189トン。火星探査機の重量は1340キログラムで1トンを超えている(この内の852キログラムは燃料ということだから、本体、観測機器の重さは約500キログラムと思われる。)
ちなみに、はやぶさ2の本体は約609キログラムと発表されている。

ロケットの発射風景、大気圏と突破する様子や衛星分離などはCGと私は思うがとても良くできている。
探査機の製作現場や、探査機に金色のサーマルブランケットを取り付ける場面など、普段見ることがないシーンがたくさんあって、ワクワクしながら見た。

映画の内容については、パンフレットに宇宙飛行士の山崎直子さんが文を寄せているので、それを紹介する。

「こんなに元気が出る映画は久しぶりです。情熱、可能性を信じること、思いやり、心に響くことは、国境を超えて共通なのだと改めて思いました。・・・略・・・・・・
何度も困難に逢い、それでも諦めずに、はらはらしつつも乗り越えていく様子は、アメリカの映画「アポロ13」や、日本の初代小惑星探査機「はやぶさ」を題材にして映画と通じます。実話をもとにしているという点も同じです。その中でも、この「ミッション・マンガル」は、ひときわ溢れるユーモア、そして、ときに迷いながらも、信念を持って前向きに生きる女性たちが際立っているのです。
インドの民族衣装を着た女性たちが、ロケット打ち上げや探査機運用の管制センターで働いている様子には、最初は正直驚きました。しかし、それがインドらしく、独特な華やかさと伝統的な厳かさを醸し出しているのです。しかも、そうした女性たちが決してマイナーではなく、プロジェクトの中心を担っているのです。母の包容力に溢れるプロジェクト・リーダーのタラは、二軍の寄せ集めともいえるスタッフたちのやる気に火をつけ、チームを温かく励まし続けます。そして、タラや仲間たちを信じるチーム・リーダーのラケーシュ。この二人のコンビがとても清々しいのです。・・・・略・・・・・・」

映画だから「えっ?」と思う展開もあるが、インド映画らしく途中に大人数のダンスの場面があったり、アジアで最初の火星探査を目指す国を挙げての応援ぶりが垣間見られて、画面も華やかで美しいので見飽きることがなかった。
ロケット打ち上げ、火星までの宇宙旅行中のトラブル、火星の周回軌道にのるまでの苦難が上手に描かれている。
火星探査機『マンガルヤーン」が火星の夜に入って通信が途絶えて、計算上ではもう通信が回復するはずなのに電波が来ない。この場面では日本の金星への観測機「あかつき」を思い出した。「あかつき」も金星の夜に入って電波交信ができないところでエンジンの故障を起こし、軌道からはずれてしまった。しかしJAXAは5年の間復旧を試みて金星周回軌道に乗ることができた。この軌道計算をしたのが廣瀬史子(ちかこ)さんだったことも覚えている。日本のJAXAでも女性は活躍していることを忘れてはいけない。

上の写真もパンフレットから。ロケットと探査機の大きさが想像できる。いやー本当に大きいなあ。まわりにいる主人公たちのサリー姿がとても魅力的。

映画のパンフレットにある秋山文野さんの「インドの宇宙探査とアジア初の火星探査機『マンガルヤーン』」によると
「・・・・宇宙開発史上のエピソードと同様に、ミッションに関わった人物もモデルとなった科学者たちの人物像を合成し、ぎゅっと凝縮して描かれています。
実際のISRO(インド宇宙研究機構)は17000人と日本のJAXAの10倍以上のも職員を要する巨大組織です。そして女性の職員はそのうち20%ほど。JAXAは19%ですから、NASAのおよそ30%という比率には及ばないとはいえ、ISROは女性が活躍している宇宙機関なのです。現在、ロケットを打ち上げ中継の映像で、ISROの管制センターで女性が活躍している姿は珍しいものではありません。・・・略・・・・」

「マンガルヤーン」の管制センターでの探査機運用の緊迫感も、このあいだの「はやぶさ2」の管制室の様子と重なって、ドキドキしながら見てしまった。
映画では目の前で「マンガルヤーン」を操縦しているかのように表現されていたが、地球と火星の距離は7528万キロメートル。光の速さで4分。信号を送って返事が返ってくるのに約10分かかる。遠隔操作と自律航法なのだが、そこは映画。

日本の「はやぶさ2」の活躍を描いた映画ができないものかなあ。
「初代はやぶさ」の映画は4本つくられたが、私が見たのは竹内結子さんのものだった。きっとこの「ミッション・マンガル」に負けない映画ができると思う。

2月に3機の火星探査機が火星に到着予定

ところで火星には火星の周回軌道から観測している探査機、火星上動いて調査している探査機、火星を目指して飛んでいる探査機とたくさんある。
今活動しているのは、
①インドの「マンガルヤーン」も目標300日をこえて火星を観測している。
②アメリカの「マーズ・オデッセイ」。2001年に周回軌道に入り、現在も活動している。
③ヨーロッパ宇宙機構の「マーズ・エクスプレス」。2003年に周回軌道に入り、現在も活動中。
④アメリカの「マーズ・リコネサンス・オービター」。2006年に周回軌道に入り、30センチ単位の地形の写真を撮っている。
⑤アメリカの「キュリオシティ」。2012年火星に着陸した火星探査車。大きさは軽自動車くらい。3000火星日も活動して写真を撮っている。
⑥アメリカの「メイヴン」。2014年に火星周回軌道に入っている。
⑦ヨーロッパ宇宙機構+ロシアの「トレース・ガス・オービター」。2016年に火星周回軌道に入る。火星自動車(スキャパレリ)の着陸を試みたが失敗。
⑧アメリカの「インサイト」。2018年に着陸。シャベルで地面を掘ることができる。

そして現在火星に向けて飛行中の探査機が3機。JAXAのホームページに次のような紹介記事があった。

今年(2020年)7月末に打ち上げられた3機の火星探査機 (アラブ首長国連邦(UAE)のMars HOPE、中国の「天問1号」(Tianwen 1) 、米国のマーズ2020(Mars 2020))は、順調に火星へ向かっています。いずれの探査機も2021年2月に到着予定で、マーズ2020の火星探査車パーサヴィアランス(Perseverance)は2月18日頃に火星への着陸を予定しています。

アラブ首長国連邦の探査機は、日本のH2-Aを使って打ち上げられている。日本も打ち上げる力はあるのだ(ないのは予算)。
さあ、しばらくは火星から目が離せない。