露店のない今宮戎 2021

ここは今宮戎駅。駅から見た「えべっさん」の入り口。
2021年1月9日のお昼前。えべっさんにの宵宮。
明日は本宮で日曜日だから大混雑だろうと予想して早い目に来た。
今宮戎駅からえべっさんの入口を見て、「やっぱり人が少ないなあ」と思いながら神社に向かうと気がついた。人の数が少ないだけじゃない。通路の両側に所せましたあった露店がない。商売繁盛の音楽も流れていない。

入り口は入場制限をしていない。「マスク着用」と「おしゃべり注意」の放送がずっと流れている。

本殿の前はさすが人は多い。しかし「押し合いへし合い」しながら賽銭箱に近づく、という感じではない。なんとなく人との接触を避けながら、賽銭箱の前で手を合わせている人のお参りがすむのを待って、自分が前に出る、という感じだった。しかし夜になって、人がどっと出てきたらどうするのだろう、入り口での入場制限と、本殿前での人数制限をするのかもしれない。

さすがに福むすめさんの前は人が多い。しかし写真目当てのカメラマンはすくないようだ。
今宮戎神社のホームページを見ると、
「十日戎で奉仕をする満18 – 23歳の女性。毎年公募で選出される。
 2011年(平成23年)度より「福娘」から「福むすめ」に改称された。大阪府豊中市の服部天神宮で先駆けられていた外国人留学生枠が2007年(平成19年)度から設けられた。
・・・略・・・・・」とある。今年は2348人の応募があったそうだ。福娘とつい書いてしまうが、そうではなく「福むすめ」が正式な呼び名だそうだ。

本殿の裏側にある「ドラ」がない。いつも叩いているドラがない。
「ドラはありません」とかいた立て札を持った警備員さんが立ってるだけ。接触による感染予防なのだろう。新型コロナウイルス感染予防対策はこんなところまで影響している。

おみくじの売り方も変わっていた。
おみくじの札が入った筒をガラガラとふって取り出すという方法はだめ。接触による感染の危険性があるということだろう。
「一、二、三、四、五」と書かれた箱がある。自分の好みの番号を言うと、そこからおみくじを出してくれるという方法になっていた。

さて、今年の運勢は?

「今年も凶かな?」といいながらひいたおみくじは「吉」。
えべっさんも、このコロナ危機のなかでは、「凶」を出しにくいのだと思う。だってこれ以上の「凶」となったたら恐ろしいからね。

高島屋に向かうために境内を出て、廣田神社の方に曲がる。
何もない、一軒もお店がない、露店のないえべっさんだ。

廣田神社のガラガラ・鈴のひもがない。
これも感染予防の対策のひとつらしい。

今宮戎神社のホームページを見ると
十日戎の参拝ををお控えねがいます」
と大きく書かれている。
「大阪府の吉村洋文知事が、政府に緊急事態宣言の再発令を9日にも要請する意向を表明されました。
当社はこの報に接し、
参拝を控えていただき、郵送福笹への移行をお願いする次第です。
祈祷に関しても郵送祈祷の申込へ移行をお願いする次第です。
どちらも、当社ホームページからのお申込みと
現金書留のお申込みが可能です。
・・・・・・略・・・・・・・
露店に関しては、自粛のお願いをしています。
自粛要請に対し承諾をいただいています。露店出店は、ほぼ無いものと推測しています。」

上の写真左は高島屋に向かっての道路、右は今宮戎駅にむかっての道路。
まったく普通の道路。いつもの十日えびすの露店と人混みでごったかえしている風景は全く無い。みごとなくらいに自粛要請が貫徹されている。
私はこんな十日えびすをみたことがない。何十年と今宮えびす、えべっさんをお参りしているが、露店がないえべっさんは初めてだ。
なんとか新型コロナウイルスの感染を予防したい気持ちはだれもが持っている。

今宮戎の交差点には、機動隊の車が待機している。 高島屋に向かう途中でも、屈強な機動隊員が10人近く移動していた。
夜の参拝、明日本宮の参拝に備えているのかもしれない。
三連休の十日えびす、コロナがなければ「商売繁昌、もうかりまっせ」のえべっさんになるはずだったのに、今年はだれにとっても試練の年始めになった。
我慢の三連休、試練の三週間、静かな年末年始などと掛け声がかけられてきたが、その効果はほとんどなかった。大阪・兵庫・京都に緊急事態宣言が出るかもわからない中での今日、明日、明後日のえべっさん。私達の行動にかかっているようだ。