ダンボールでドラムセット その2

ダンボールで作ったドラムセットの現在の形。
包装紙や色紙を貼って手作り感満載。

ドラムペダルは平ゴムを使って、ゴムの力で戻るようにしている。
丸穴の空いた板は百均で購入。一番はし(足のかかとが当たる部分)は蝶番で止めて自由に動くようにしている。
左の写真のようにペダルとして使える。
ゴムの長さを調節して、戻り方や力の入り具合を調節(くくるだけだから簡単)。
ドラムやシンバルの支えを工夫した。今あるものを使って、ということを基本にした。
手前のドラム2つは牛乳パック3個をつないで作り、倒れないようにこれも牛乳パックを切って三角柱を作り、足元を補強した(一番上の写真と二番目の写真を参照)。

シンバルは竹をどのようにして支えようかと考え、最終的にはポテトチップスクリスプの円筒の容器を利用した。ポテトチップスクリスプの入れ物に竹を突き刺し、小石で固定。そしてウイスキーの円筒の容器と塩化ビニールのパイプがあったのでそこに入れる。ボテとチップスクリスプと塩化ビニールのパイプやウイスキーの円筒の容器とのすきまはプチプチの梱包材をぐるぐる巻きにして埋めて動かないようにした。
上の写真左はウイスキーの円筒の容器を使ったもの。支えはダンボールを三角に切って写真のようにして倒れにくいようにした。
上の写真右は塩化ビニールのパイプを使ったもの。これはお菓子の小箱をつかって底面積を広くし倒れにくいようにした(小箱には小石を入れている)。

シールを張ったり、色紙で模様をつけたり、あとはお好みでかざりつけ。
ダンボールだから大きな音も出ないし、修理も簡単。
これで好きなドラムの練習もできるだろう。