レモンバジル

今年はレモンバジルを植えてみた。
春先、いつもの花屋さんにバジルの苗がまだ出ていないので、ホームセンターの種売り場を見ていると「レモンバジル」の種が売られていた。
レモンバジルは植えたことがないので、どんなものかと春にうえてみた。
発芽率も高く、たくさん芽がでたので、ご近所の人にもわけることができた。
左の写真のプランターにはレモンバジルと普通のバジルと、レモンバジルの種が入っていた袋が映っている。

上の写真のブランターの下に映っているのが普段よく見るバジル。
このバジルは冬を越して2年目のバジル。今年の冬を越すと3年になるが、さあどうだろう。去年の冬はそれほど暖かかったということだ。
レモンバジルの葉は、普通のバジルと比べると小ぶりた。9月末から花が咲き始めている。
レモンバジルでバジルソースを作ったり、乾燥バジルをつくったりした。

さつまいもとバジルチキン

ご近所からさつまいもをもらったので、レモンバジルとさつまいもでなにか作れないかとネットで調べてみた。
クックパッドに「ハニーレモンで さつまいもとバジルチキン」というレシピが紹介されていたので、それを参考にしてつくってみることにした。

鶏もも肉二枚。ホークでブチブチと突き刺して、調味料が通るようにする。
塩コショウをふりかけ、自作のバジルソース(上の写真の小皿に入っているもの)を鶏肉の表面に塗る。
プラスチックの袋に入れてもんで、冷蔵庫に30分ほど寝かしておいた。

さつまいもは1センチの厚さで切り、水にさらしておく(5分ほど)。
耐熱皿に入れて、ラップをし、3分間ほど加熱。

レモン2個を2ミリぐらいの厚みで切っておく。

オーブンは220度で余熱のスタートをする。

電子レンジで熱したさつまいもをオーブンの上に並べ、その上に2ミリの厚さに切ったレモンをのせていく。

バジルソースなどで下味をつけていた鶏肉をその上に乗せる。
220度に予熱しておいたオーブンに入れ、20分ほど加熱した。

今回のレシビは4人分の分量だった。 お皿の右にあるのは、バジルとモッツァレラチーズとトマトのサラダ。
レモンバジルでつくった自作のバジルソースをつかったチキン料理、1年ごしで育っているバジルとチーズとトマトのサラダ。
家族全員が完食だった。

レモンバジルはその名の通りレモンの香りがする。普段のバジルの香りとくらべると弱いというか、優しい香りだ。レモンバジルは冬を越すことができるだろうか?
それも植物を育てていく楽しみのひとつだ。