隆祥館書店(セブンルール)

私のよく見るテレビ番組に「セブンルール」というのがある。
様々な分野で活躍している女性をとりあげた番組た。
つい最近書店を取り上げた放送がなされた。
その書店が「隆祥館書店」という本屋さんだ。
番組を見ていると、場所が谷町六丁目ということにびっくりした。
大阪城や大阪府警のちかくだ。また松屋町筋もそばにある。
こんなところに本屋さんがあったかなあ、と思いながら番組を見て、これは行ってみる価値はあると思った。

ビルの1階にある小さな本屋さん。 私の学生時代には家の近所や駅前にはいくつも本屋さんがあった。人との待ち合わせのときにでも「〇〇書店の中で」とか「△△堂の本屋さんの前で」とよく言ったものだ。
しかしこの数年の間に街の本屋さんの姿がどんどん消えていった。
駅前の本屋さんがなくなって、コンビニや弁当屋さんにかわって、びっくりしたことが何度もある。
ここ「隆祥館書店」はそんな昔の本屋さんの雰囲気があふれる書店だった。

この書店の歴史や背景は左の本によくまとめられている。
図書館にあったので、番組を見たあとすぐに借りて読んでみた。
1952年に開業して70年になる老舗の本屋さん。親子二代に渡る経営で地元に定着して、ファンも多いそうだ。
今の店主の二村知子さんは元シンクロナイズドスイミングの日本代表でもあり、オリンピックでメダルも獲得した経歴がある。
父親のあとをついで店主となり、独自の活動で読者層をふやす努力をされている。左の本には、その経過と努力が詳しく紹介さている。

独自の取り組みとして二つあるようだ。
その一つが「ママと赤ちゃんのための集い場〜絵本と遊びでこころを育む〜」という毎月第3水曜日のとりくみ。
そしてもう一つが、本の作者・著者とのトークイベント。このトークイベントは250回をこえている。最近は本の著者からのオファーあるそうだ。読者と作者のあいだの壁をこわし、溝を埋める作業はどちらの方からも望んでいるからだろう。

私が買おうと思っていたのが左の本。
新聞の朝刊にこの本の広告が載せられていたからだ。
関東大震災のあと憲兵に逮捕され虐殺されたといわれている伊藤野枝をモデルにした小説である。
隆祥館書店に来たときは、書籍名や著者のメモを持って行ってなかったので、「伊藤野枝の伝記が出版されたと新聞で見たので」と店主の二村知子さんにたずねた。
パソコンや関係する本で調べてくれるが、何分私が著者も言えないので申し訳ない。
私もスマホで検索して見つけることができた。
その画面を二村さんに見せると「ああーっ、この本、今朝二冊仕入れました!」と笑顔で本を取り出してくれた。
さっそく買ったのが上の写真の本。
「風よ あらしよ」村山由佳著(集英社)
これだな、本に対する愛情がなみなみならない。本を買いに来たお客さんに親身になって相談に乗ってくれる。これが70年におよぶ小さな本屋の真骨頂なのだと思った。

育休明けで仕事に復帰している知り合いの女性に、この隆祥館書店のことや「ママと赤ちゃんのための集いの場」のことを紹介すると、
「母が孫のプレゼントに本を買うとき、相談に行った本屋さんがこの本屋さんです。」と返事がかえってきた。
赤ちゃん用の本から関東大震災の本まで、読者のニーズに答えてきたのがこの隆祥館書店なのだ。
私の家からは遠い本屋さんだけど、谷町六丁目に行く用事があれば寄りたいお店ができた。しかもそれが本屋さん。ありがたいことだ。