ギネスシチュー

アイルランド料理に挑戦してみよう。
左の本はアイルランドで買ったレシピブック。
ギネスビールを使ったシチューを作ろうと思って探してみるが、そのような表題のレシピはない。
Irish Stew という項目はあるが、ここにあったのはラム肉を使ったもので、ギネスビールは使っていない。伝統的なシチューのレシピだと思う。
ギネスビールを使ったシチューは、一番上に上げた写真、Mickey Gill’s Beef Braised with Stout のようだ。アイリッシュスタウトとレシピに書いてあるからこれがギネスビールのことだと思う。
この本に紹介されている材料を原文(私の解釈いりで)を紹介すると、
2 tbsp olive oil (オリーオイル大さじ2)
2 bay leaves (ローリエ2枚)
1.25 kg stewing beef, cut into chunks
small onions, or 1 large onion, sliced (玉ねぎ1個を使った)
1 garlic clove, crushed
2 tbsp seasons flour (味をつけた小麦粉・・日本にはないので普通の小麦粉を使う)
150 ml Irish stout
225 g carrots, thickly sliced
115 g button mushrooms, sliced (まだ傘の開いていない小さなキノコ)
1/2 tsp dried mixed herbs (ミックスハーブ小さじ1/2 家にあったハーブを利用)
Salt and freshly ground black pepper (塩と黒胡椒)
chopped fresh parsley, to garnish mashed potatoes, to serve (付け合わせのポテト、刻んだパセリ)

以上が本で紹介されている材料。いったい何人分なのか? 本のあちこちを斜め読みするがどうも書かれていないみたい。
日本のシチューのレシピを見ると、4人分で牛肉400グラムと書いてあるのが多いので、1.25 kg となると相当に多い。しかし他の野菜は4人分ぐらいなので、牛肉400g程度を用意した。(アイルランドの人は日本の3倍ぐらいの肉を食べているのかなあ・・・)

写真のように材料を用意した。

オリーブオイルを熱し、小麦粉を混ぜた牛肉を加えて焼き色を付けるように熱する。
(レシピ本では大きな煮込み用の大きな鍋を使っているが、フライパンを使った。またこのときにローリエを入れる指示が書いてあったが、私は煮込むときにローリエを入れた)

肉を取り除いて、にんにくを炒めて玉ねぎをしんなりとするまで加熱。(until softened と書いてある)
きのこがなかったので、じゃがいもをいれる。

ギネスビールを入れる。レシピでは150 ml だが、ここは気前よく1本分のギネスビールを投入。
蓋をせずに加熱して、沸騰させてアクをとる。
私は圧力釜を使ったので、蓋をして加熱。シューッといいだしたら火を小さくして、15分間加熱し、あとは自然にピストンが落ちるまで待った。

なかなかいい色に仕上がっている。 これはギネスビールの色のせいだろうか。

お皿に入れるとなかなか美味しそう。 家で育てたレモンバジルをちらしてみた。
ギネスビールの苦味はまったくなく、牛肉もとても柔らかく仕上がっている。冬にもう一度つくってみよう。
付け合せのマッシュポテトのサラダも作ってみた。この本にあった Colcannon (コルカノン)だが、その調理方法は次の機会に紹介してみたい。
ところでこのレシピ本にある「 MICKEY GILL’S 」とはどういう意味なのだろう。
ネットで調べてみるが全くわからない。
山下直子さんの講義のときに質問してみると、
MICKEY GILL という名前は、アイルランドの人にとってはとてもなじみがふかいそうだ。この名前だけで、「ああ,アイルランドだ」と連想するようなネーミングと教えてもらった。世界的に有名な「ミッキーマウス」も、アイルランドを連想させるミッキーを意図的にウォルト・ディズニーは使ったという話もあるそうだ。実はウォルト・ディズニーのルーツもアイルランドにあることも初めて知った。
山下直子さんの講義が料理にも生かされるという、貴重なレシピだった。