アイリッシュハープ

山下直子さんの講義の最終には、アイリッシュハープの演奏があった。

奈加さんのホームページを見るとアイルランドへの思いがよく伝わってくる。
プロフィール紹介よりの引用。
・・・・・・・・・・・・・・・・

アイルランド音楽との出会いは、10歳のとき。♪ ロンドンデリー・エアーや ♪ 庭の千種を初めて聴きました。その美しいメロディーの中にある物悲しさや逞しさに心惹かれ、大人になった今でも私の大切なものとなっています。

アイルランド音楽。それは、聴く人を優しく包み込む癒しの音楽であり、昔から歌い継がれてきた歴史のある音楽だと思います。
エメラルドの島の音楽は、深くて神秘的な世界へと私を連れて行ってくれます。

https://yasukonaka.com/profile/

・・・・・・・・・・・・・・・・

奈加さんのもっている写真のアイリッシュハープは重さが約3.5キログラムだそうだ。
3.5キログラムというと赤ちゃんぐらいだ。講座の画面で、奈加さんがハープを持ち上げて全体の形を見せてくれるところがあり、なるほど持って歩けるものだと思った。
桜の木でできているそうだ(アイルランドでは柳の木が使われることが多いと、山下直子さんの説明にあった)。大型のハープは足のペダルで半音などの操作をするが、アイリッシュハープは手元のレバーで行うそうだ。

上の写真はトリニティ・カレッジの図書館に展示されていたアイリッシュハープ。
現存する世界最古のアイリッシュハープだそうだ。14世紀から15世紀初頭のものと推測されている。
高さ約86センチメートル、
重さ5.2キログラム。
弦は29本だそうだ。
これぐらい大きいと持って歩くの困難かと思う。

上の写真は大阪市中央区にある島之内教会での「ケルト音楽の演奏会」があったときに写した写真。
ハープの演奏者はこのアイリッシュハープを担いで会場に入場されていた。

ハープの上部を拡大してみる。半音の操作はなかなかむずかしそうだ。

上の写真は昨年末にマレーシアに行ったとき、ホテルのロビーでハープの演奏があったので、その様子を写真にとったもの。これはグランドハープとよばれているもの。
こうしてみると、ハープにもいろいろな種類があることがわかる。

吟遊詩人

吟遊詩人といえばホメロスが「オデュッセイア」を語っている場面を想像する。歌や詩を創り、各地を回ってそれを歌って人々に聞かせる。そんな人達は世界のあちこちにいたようだ。
日本の琵琶法師などもそのような人たちの範疇に入るのだろう。

アイルランドの伝説的な吟遊詩人はターロック・オキャロン(1670年〜1738年)だそうだ。山下直子さんの話によると、天然痘で失明した彼はハープの修行を3年間し、馬と案内人とともにハープ演奏の旅に出たという。訪れる土地の町の人や貴族などに様々な曲を創り、その数は200曲をこえるそうだ。

奈加靖子さんのもっているハープなら肩に担ぐこともできるだろうし、馬がいれば移動もしやすいだろうと思う。

奈加さんのお話によると、アイルランドの特徴として「私はハープを持っている」という言い方をせずに「このハープが私のところにある」という表現になる。「今私はとてもしあわせです」は「今幸せという気持ちが私のところにある」という言い方をするそうだ。「持っている」という所有の感覚が英語とは違うのだという。
民族の言葉には、その民族独自の感覚や表現があるということなのだろう。
奈加さんはアイルランド語で歌を歌っているそうだ。「歌を歌うことは、物語を語っていくこと」と話されていた。それは吟遊詩人の心だと思った。

6回の講座がこんなに早く進むものかとおどろく時間だった。
訪れた国なので深く知ることができた。
山下直子さん、ユーラシア旅行社の皆さん、ありがとうございました。