三角点を探る旅49

玉置神社の一等三角点

玉置神社、知る人ぞ知る、最強のパワースポットとして有名な神社。
世界遺産の熊野古道にある。
大峰山の修験道にゆかりのある地。

山頂は1000メートルを越えるところ。 神社はその山頂近くにある。

玉置神社の存在は30年ほど前から知っていた。
行こうと思ってもなかなか行けないところとして。
それは山が深いとか、道が険しいから、という意味ではない。
神社に呼ばれないと行けないという意味。
行こうと思って家を出たが、何か邪魔するものがあって、例えば天候や車の故障などがおきて3回も行くことができなかった、という話をよく聞いていた。
私も行きたいと思っていたがなぜか行けない。
今回、私の知り合いからの誘いがあったが、その日にはすでに予定が入っていた。
やっぱりなあ、まだ行けないなのかなあ。写真でもとってきて、とたのんだ。

そして、
なんと、山頂に三角点があったとメールが送られてきた。

えーっ、玉置山に三角点が! 全く私の知らなかったことだ。
玉置神社と三角点がむすびつくとは。
上の写真の石が積まれた右側の奥に三角点が見える。

角度を変えて写した写真。
一等三角点だ。

国土地理院のホームページを見ると、
標高1076メートル80センチ
明治28年8月10日に設置されている。

いやー、残念だった。
一等三角点がこの山にあるなんて、まったく想像もしなかった。
標高が1000メートルを越えているから、一等三角点なのだろう。
金剛山で一等三角点の写真を撮ったけれど、それから目にしていない。
あー、行っていたら、と思うが、「山頂までの道は心臓が口から飛び出すほどしんどかった」と帰ってきてからの感想を聞いて、やっぱり私は呼ばれていないなあ、いや無理はしてはいけないということかもしれないと自分で納得。

玉置神社の鳥居が神域とこの世の中との境界線と言われているそうだ。霧が出ていたのでなんとなくそんな雰囲気、という写真が送られてきた。

財布か定期入れに入れておくようにと、玉置神社のお守りを貰った。
「悪魔退散」のお守りだそうだ。
ありがたく頂戴した。
いつか玉置神社と一等三角点に行ってみたいと思う。

 

 

 

タラの丘 HILL OF TARA

アイルランド・カルチャー講座 第4回

アイルランド・カルチャー講座も4回目、後半に入ってきた。
アイルランドで行ってみたいところといえば、「風と共に去りぬ」の「タラの丘」。
多くの人がそう思っていると思う。
山下直子さんのお話によると、日本人の観光客が圧倒的に多いそうだ。

タラの丘はダブリンから北西36キロメートルのところにある。
ここには4〜5世紀ごろの土の砦が残っている。ケルトの人たちがやってくる前からこの地は聖なる場所としてあったらしい。


聖パトリックの像の写真を取り、サンザシ(英語名はホーソン)の樹の下を通り抜ける。サンザシは赤い実がたくさんついていた。

広い、草原のような丘。みわたす限りの草原、という雰囲気。
丸く盛り上がっているのは古墳らしい。古墳の中には新石器時代にさかのぼるものもあると山下直子さんは說明されていた。日本の古墳時代のずっと前から、ここで文化が栄えていたのだ。

この石柱は王の中の王が戴冠式を行ったと伝えられている。「運命の石 Lia Fail (リアフォール)または Stone of Destiny 」と言われ、「真実の王が触ると、唸りをあげる」という伝説があるそうだ。私は触ったけれど何もなかった(残念!)。ツアーの男性の添乗員さんに触るように促すと、「いやー、私が触って王になったら、みなさんと一緒に日本に帰れませんから遠慮します」と笑って答えてくれたことを思い出す。

土曜日の講座の後の追加のユーチューブで、山下直子さんは石柱には豊穣のシンボルとしての意味があることをおっしゃっていた。アイルランドでは大地は女性を表すそうだ。
近くの泉の紹介もあった。私は行っていないけれど、タラの丘周辺には7つの泉があるそうだ。また石柱の近くには泉が多いという、これもまた豊穣のシンボルとしての伝説が広がる背景にもなったのだと思う。

現在のタラの丘の紹介がビデオであった。 フェンスで囲まれているのにびっくり。
なにか修理中なのか、ひよっとしたら「新型コロナ感染予防」のため、観光客などが触らないようにしているのかもしれない、と山下直子さんの説明にあった。こんなところまで「新型コロナ」の影響があるのかと驚いてしまった。

山下直子さんの講義によると、「風と共に去りぬ』を書いたマーガレット・ミッチェルは、父方がスコットランドで母方がアイルランド出身だそうだ。曽祖父が農園主で作中のタラ農場のモデルとなっている。祖母がアイルランド移民と結婚し、南北線層の話をよく聞いていたらしい。それもこの作品に反映されているそうだ。物語の設定として、30年アメリカにいてもアイルランド訛りの抜けない父親、タラという地名をつけるなど、こてこてのアイルランド人が思い浮かぶようになっているらしい。

「愛蘭土紀行1」で司馬遼太郎さんは次のように書いている。
「・・・アイルランド人の形質や気質について・・・形質としては『アイリッシュ・ブルーの大きな目』(映画『ブルックリン』のシアーシャ・ローナンの青い目がそうだと思う)、民族性としては「アイルランド人が卑怯者だということはきいたことはない」、・・・さらには『アイルランド人はたとえ敗北に直面しようとも敗北を認めない。
 スカーレットは、百敗する。南軍が破れ、家も町も焼かれ、最初の夫も二度目の夫も戦いでうばわれ、三度目の夫のレッドバトラーも失踪した。すべてを失いながら、さいごに、昂然と顔をあげる。 『タラへ帰ろう。ー』 それは、彼女が父からゆずりうけた農場の名というだけではなかったろう。アイルランド人としての不撓の血が流れていることをわすれるな、ということをその地名をとなえることによって暗喩したのちがいない。再生への祈りでもあったはずである。」

アイルランド人の「土地への愛着」、土地を奪われてきた歴史的背景が、小説「風と共に去りぬ」にある、と山下直子さんはいう。
360度見渡せるタラの丘に立つと、スカーレット・オハラの気持ちが何となくわかるような気がする。草原のような大地と吹き抜ける風、広い空の下にいると、「よし、がんばろう」という気力がわいてくる。

「風と共に去りぬ」の続編として、「スカーレット」(アレクサンドラ・リプリー作、森瑤子訳)が紹介された。(左の写真はアマゾンのホームベージより)
私はこの本を読んでいないので、内容については触れることはできない。
しかし山下直子さんのお話で、アイルランドの西海岸側の町や史跡が写真とともに紹介されて、とても興味深かった。
行ったこともないところなので、機会があればと思っていると、この講座の質問に答えるユーチューブで、「司馬遼太郎さんのアイルランドツアーがあれば行ってみたい」という参加者からの意見が紹介された。「今はないけれど、皆様のご希望を聞いて・・・」という旅行社からの返答もあり、これは期待が・・・・。
ますますこの講座が面白くなってきた。

 

 

 

アイルランドとジャガイモ

 映画「ブルックリン」。20世紀フォックスのホームページから。
山下直子さんの講義で、1950年代のアイルランドから移民した女性が主人公という映画が紹介された。この時代はアイルランドの六人に一人が移民していたと言われる時代だ。
早速ツタヤでレンタルした。はじめにエリス島での移民局の場面があった。
前回私のブログで、本の挿絵で紹介したところとほぼ同じだったのでびっくりした。移民局の許可を得て、ドアを出てアメリカの土を踏むエイリッシュ・レイシー。ドアから眩しいほどの光が溢れ出す。
1950年代のアイルランドの女性の生き方を知る、素晴らしい映画だと思った。

アイルランドとジャガイモ

ベルファストのホテルのそばのコンビニに行くと、ジャガイモのお菓子がいっぱい並んでいた。
日本でポテトチップスと呼んでいるものだが、アイルランドではクリスプスという。
なかでもTAYTO(テイトー)というクリスプスは1954年の発売というから60年以上の歴史がある。
たしかに美味しい。しかし日本では見たことがないお菓子だ。

ジャガイモはよく知られているように、原産地は南アメリカのチリ。コロンブスがアメリカ大陸を「発見」してから、スペイン人たちが南アメリカに上陸し、ジャガイモのことを知ったのが1570年ごろ。ヨーロッパに伝わったが食用としての栽培はなかなか広がらなかった。しかしアイルランドでは1700年代前半にはジャガイモを植えて食用にしていたそうだ。大麦や小麦などの穀物は税金としてほとんど取られてしまったが、ジャガイモは税金で取られることはなく、収穫したものは自分たちで消費することができた。ここからアイルランド人とジャガイモの長い付き合いが始まる。
山下直子さんのお話によると、現在のアイルランドでは8種類ぐらいのジャガイモが売られているそうだ(全世界では4000種というからおどろく)。特にルースターという赤いじゃがいもはホクホク系で人気があるそうだ。

上の写真は松本侑子先生の「赤毛のアンの幸せになる言葉(主婦と生活社)」から。
アイルランドでもこのような風景がみられるのだろう。
ジャガイモは花が咲く。
当たり前のようだが「えっ?」という人も多い。なぜなら「じゃがいもの種をまきました」という言葉を聞かないからだ。かわりに「種芋を植えた」という。そう、小学校の理科で、ジャガイモ地下茎で増え、さつまいもは根っこで増えると習ったことを覚えている。
ジャガイモ畑には種をまくのではなく、種芋を植えているのだ。

「赤毛のアン」のマシューとマリラはスコットランド系の移民で、ケルト的な文化を背景に持っている。そのことは「赤毛のアン」を翻訳されている松本侑子先生がよくおっしゃっている。
ここではジャガイモのことに焦点を当てると、赤毛のアンシリーズ第3巻「アンの愛情」にはこんな場面がある。

「・・・お手間じゃなきゃ、手を貸して、ジャムを配膳室にしまっとくれ。今夜中に、急いで芋を片づけちまうんでね。お嬢さんがたは、こんな仕事はしたことはあるまいね。手が荒れるんで、嫌なんだろ」
「畑を貸しに出すまでは、私もよく種芋を切りました」アンはほほえんだ。
「私なんか、今でもしてるわ」ダイアナが笑った。「先週は3日も」それから茶目っ気たっぷりにつけたした。「そのあとは、毎晩、両手にレモンジュースをぬって、子山羊革のてぶくろをはめるのよ」
(文春文庫「アンの愛情」モンコメリ作、松本侑子訳 P134〜P135)

「赤毛のアン」というと、お茶会や劇や朗読などで楽しんでいる女の子たちのはなし、と思っていたら大間違い。農村で働く女性の姿が上のようにしっかりと描かれている。アイルランドの女性たちも、アンやダイアナのように種芋を何日もかけて切っているのだろう。

上の写真は私の家の近くにある畑で撮った写真。ジャガイモの花だ。この写真はピンクの花だが白い花も咲いていた。
大阪でもジャガイモの花は咲く。しかし松本侑子先生の写したプリンスエドワード島のように一面に咲く、ということはない。

左の本は私がジャガイモとの花と実について興味を持つきっかけとなった本。
私のブログでも以前紹介した。
この本のねらいは小学生たちに「花と実によって植物は広がっていった」という基本に気づかせるために書かれている。
ジャガイモも花が咲き、実がなり、種ができる。その種からジャガイモを育てることができる、という事実に着目している。
山下直子さんのお話に「ジャガイモは全世界で8000種ある」というのも、ジャガイモの種から育てて、品種改良をしてきたから、8000もの多種多様なジャガイモができたという歴史があるからだと思う。
新しい品種を作るには種がいる。いったん新しい品種ができると、あとは種芋で増やすことができる。種芋だからクローンのようなもので、同じ性質を受け継いでいる。だから病気になると、全体にひろがってしまう。それがアイルランドのジャガイモ飢饉の原因の一つだろうと言われている。
山下直子さんのお話では、今はアイルランドでは8種類のじゃがいもをお店で見ることができるそうだ。多様な品種があれば、一つが病気になってもあとは大丈夫というわけだ。これもジャガイモ大飢饉で学んだことの一つだと思う。
 ヨーロッパでジャガイモが広がるのに時間がかかったように、日本もそうだった。「ジャイもの花と実」の本にも説明がある。日本にジャガイモが入ってきたのは、豊臣秀吉が死んだ年、1589年のことだと言われている。しかし日本でもジャガイモを食べ物と考えなかったようで、1783年の大飢饉のときに栽培がひろがってきたそうだ。しかし本当に日本で広く栽培されるようになったのは明治時代になってからだそうだ。アメリカやヨーロッパから新しいじゃがいもの品種が入ってきて、その作り方が知られるようになってはじめてたくさん作られるようになったという。たとえば北海道の男爵いもは、川田龍吉男爵によって広がったと、山下直子さんのお話にあった。男爵いもは「アイリッシュ・コプラー」いう品種だそうで、ここでもアイルランドとのつながりがあった。

アイルランドでいただいた食事はどれもおいしかった。
肉も、魚も、野菜も、デザートも。
左はランチでいただいた煮込み料理。シチューといっていいのだろう。
ジャガイモのスープや、マッシュポテトのサラダなど、ジャガイモ料理もふんだんにあった。
山下直子さんのお話では、アイルランドでは料理に合わせてジャガイモの種類も変えるそうだ。日本人がお米はコシヒカリやササニシキなど、お米そのものの味を楽しむように、アイルランドの人はジャガイモの味の違いがわかるのだろう。
時間を見つけて、アイルランドの料理を作ってみたいものだ。