タルト・タタン

タルト・タタン 栗原はるみさんのレシピで作る。

NHKの朝の連続ドラマ「エール」で、タルトタタンが登場した。
ドラマで、「タルトタタンというお菓子は失敗からスタートして、現在の有名なお菓子になった」という話があったので、早速調べてみることにした。

するとこの日からしばらくの間、「タルトタタン」に関わる記事がたくさんアップされていた。みんなこの朝ドラを見ているんだ、と感心した。

私も作ってみることにした。レシピはネットにあった栗原はるみさんのものを参考にした。

【材料】(15cmのパイ型)
・りんご(紅玉)  3個(600g)
・バター  25g
・砂糖  120g
・ラム酒  大さじ1
・シナモンパウダー  小さじ1~2
・パイシート(冷凍)  1枚

栗原さんのレシピではりんご(紅玉)3個、となっているが、今はリンゴは高い。また紅玉という種類のリンゴは私の周りのお店にはなかなか出回ってこない。今回は「ふじ」2個で作ることにした。したがってレシピは三分の二で計算することにした。

1.りんごの皮をむき芯を取り4つ割にする。
2.鍋にバターを溶かしてりんごを入れ、砂糖を少しずつ加える。

レシピではリンゴを4つに切っているが、私はさらに2等分して、リンゴ1個を8に切り分けた。リンゴ2個だから16個のリンゴに分けたことになる。

3.砂糖が溶けて水分が出てきたら、クッキングペーパーで落としブタをして  弱火で10分煮る。
4.シナモンパウダーとラム酒を加えて、また落し蓋をし、さらに15分煮る。 

ネットで見たレシピにはシナモンパウダーやラム酒の分量はのっていなかったので、ここは自分流 ー 適当に入れた。

5.最後に火を強めて1~2分煮る。
キャラメルソース色になり木べらで混ぜると  底が見え、飴状のとろみがついたら火を止める。  (※絶えず鍋を揺すって、こげ付きに注意!)

落し蓋をして弱火で10分、シナモンパウダーとラム酒を入れてさらに15分、かなり時間をかけている。リンゴにたっぷり味を染み込ませているのだろう。

6.型にりんごの皮が付いていた側を下にして並べ、隙間を埋めるようにりんごを重ね、残った煮汁を注ぐ。

私は12センチぐらいの容器を使った。
リンゴを並べて入れる前に、金属の容器の内側にバター(マーガリン)などを塗っておいた。焦げて底にへばりつくことの防止策だ。

7.6にパイシートをかぶせ、シートの周囲は容器の内側に沿って、軽くはさみこむ。

パイシートは市販のものでいいと思うが、私はこのタルトタタンを作る前にアップルパイを作っていたので、その時のパイ生地を使った。この生地は天然酵母で作ったもので、その作り方はまた次の機会に紹介したい。

8.250℃のオーブンで15分くらい焼く。

9.少し冷めたら、ひっくり返して出来上がり。

250度というのが私の予想を遥かに超えろ温度設定なので、どうしょうかなあと少し悩んだ。しかしここはレシピ通りに250度15分でやってみることにした。
が、やはり10分もしないうちにパイ生地が黒く焼けてきた。このままでは真っ黒になると予想して、アルミホイルでパイ生地の表を包んだ。アルミホイルで表を包み込んだ形で15分オーブンで焼いた。
おもては上の写真のような焼き上がりになった。

常温まで冷ましたあと、ラップに包んで冷蔵庫に一晩入れておいた。
レシピでは「少し冷めたら、ひっくり返して」と書いてあるが、私は冷蔵庫で冷やすことにした。一晩というのは約半日、12時間ぐらいと私は解釈している。
半日冷やすと、逆さにしても生地が落ちてこない。
底が外れる容器だったら便利かもしれない。
私はフキンを熱湯であたため、軽く絞って金属容器の底を温めた。
するとすぐに生地が型からはずれた。

なかなかおいしそうではないか。
リンゴに含まれたジュースが溢れ出してくる感じ。
適当にラム酒とシナモンパウダーを入れただけなのに、エールの環さんが食べているような雰囲気のタルトに仕上がった。
タルトタタンという名前の由来は、
19世紀フランスにある「タタン」という名のホテルが発祥地らしい。
アップルパイを作っていたステファニーは、仕事が忙しかったので、リンゴと砂糖を炒めすぎてしまい、焦げたようになった。失敗をごまかそうと、ステファニーは炒めたリンゴの入ったフライパンの上にタルト生地をのせ、フライパンごとオーブンに入れた。焼けた頃にフライパンを出してひっくり返すと、パイ生地が下になり、そのうえに焼けたりんごがのっている、これまでにない美味しいデザートが出来上がっていたということらしい。

今回もリンゴに念入りに火を通している。それもこのタルトタタンの歴史から来ているのかもしれない。
思いの外手軽に、といっても一晩冷蔵庫に寝かしているが、テレビに出た有名なタルトが出来上がって楽しかった。紅玉で作るともっと美味しくて、しっかりした形になるのかもしれない。しかし「ふじ」でも十分だ。これも栗原さんのレシピがいいからかもしれない。