スカイミラーの旅9

スカイミラーへ行くボートの発着場。 私達が帰る頃には、バスが2台停まっていた。
スカイミラーに上陸できる時間は限られているため、観光客も殺到するのだろう。

昼食は川の上に、京都の川床のようにはりだしたレストラン。

川で取れた貝の料理などが出た。砂が残っていて、十分に砂抜きがなされていないなあ、と思いにながらも食べた。その夜、少しおなかの調子が悪くなった。
他の人にはそんな症状がなかったようだが、私はあの貝が悪さをしたと思っている。

昼食後、バスに乗ってホテルに帰る。 日本へ帰る飛行機は22時40分発の予定。 ホテルでフィットネスクラブのシャワーを浴び、着替えて空港へのバスを待つ。
ロビーではハープの演奏がされていた。

飛行機の座席は最前列だったのでゆとりがあった。
日本とマレーシアの空路は片道6時間ほどだが、私はこの旅行では映画を全く見なかった。それは小野不由美著「十二国記」の最終巻を読んでいたからだ。18年ぶりの新作、しかも4冊。3冊めの後半で「やっとここで王の生死が・・・」と思わず声をだしたくなるほどの、読みだしたら止まらないシリーズ最新作。
この旅行の往復で読み切ろうと思っていたから、映画を見なかったわけ。

飛行機は地球の夜の部分を飛んでいる。

マレーシアから乗ってきた飛行機にお別れ。関西空港はまだ暗い。時刻は5時40分頃、予定通りに日本についた。

手続きに1時間ほど。 電車に乗っている途中で日が昇ってきた。
今日は日本晴れになるかもしれない。

スカイミラーの旅も終了。スカイミラー、これから有名になるだろうなと思う。