スカイミラーの旅1

「マレーシアのウユニ塩湖」と呼ばれているスカイミラー、そこに行ってみた。
テレビでの紹介があった。日本人で行ったことのある人は100人にもならない、という宣伝だったので、今がチャンスと思った。

ネットで調べてみると下のような紹介があった。

“マレーシアのウユニ塩湖”こと「スカイミラー」とは、クアラルンプールのお隣の州、セランゴール州の沖合にある砂の島のこと。この島が現れるのは、新月と満月のそれぞれ前後4日間だけ。さらに、上陸できるのは干潮時と限られている。
 

関空からの出発。
マレーシアのクアラルンプールまで約7時間の旅。日本との時差は約1時間。

機内はほぼ満員。お昼の機内食は写真のように、日本人向きの味付けだった。 アジア内の飛行だから、なぜかリラックスした感じ。

マレーシアは多民族国家で複雑だが、ガイドさんの説明による概略的な分類を記す。
マレー系が約65%、
中国系が約24%、
インド系が約8%となっている。
その他に少数民族がいるそうだ。
宗教も、国教としてイスラム教があるが、中国系は仏教、インド系はヒンドゥー教徒が多いそうだ。
言語は公用語としてマレー語が使われている。イギリスの植民地であったため、英語は準公用語として使われている。
学校では民族によって教えられる言語は違ってくるが、マレー語と英語は必修になっているそうだ。
写真のように空港の表示も、マレー語と英語でなされている。

午後の4時頃についた私達は、バスに乗ってクアラルンプールの市内に移動する。 バスから見た市内は写真のように大きなクレーンが見え、ビルの建設が進む活気ある街だった。