漢字ミュージアム

ここ「漢検 漢字博物館・図書館」は「漢字ミュージアム」とも呼ばれているところ。
甲骨文字の展示もあり、私は初めて実物の甲骨文字を見た。写真撮影禁止なので、ポスターの写真を撮った。思ったより小さく、何を使って骨に刻んだのだろうか?とおもう。

さてパネル展示は「カタカナ・ひらがな」にすすむ。

1、カタカナ・ひらがながみられました。

漢字だけを使って、工夫して日本語を書いていた日本人は、9世紀頃に独自の文字を作り出しました。それがカタカナとひらがなです。ともに、漢字を簡単にして作り出した日本語専用の文字で、はじめは「これは漢字の画を省略したもの」「これはカタカタ」「これはひらがな」と区別できるものではありませんでしたが、それぞれ独自に発展して、漢字とは異なる、ひとまとまりの文字として使われるようになりました。

2,漢字を「はぶく」ことから
       カタカナが生まれました。

9世紀前半頃から、漢文で書かれたお経を日本語として読むための漢字や符号が、紙の余白や漢字の四隅に書かれるようになります。お経の行と行との間の狭いスペースに、なるべく早く書くために、漢字の偏や旁(つくり)を省きました。こうして筆画をはぶいて書いた字を、「省画仮名(しょうかくがな)」「略体仮名」と呼びます。この省画仮名が、現在のカタカナのもとになりました。

カタカタは漢字の一部を取り出して作られました。

カタカナが芽生えた9世紀前半には、漢字の偏や旁をあまり省略せずに書き込んでいました。
それが、漢字やひらがなと見分けがつくようにと次第に形が変化していき、いっそう簡単なものになっていきました。
主に、下記はじめの一、二画目を使ったり(「ア 阿」、「イ 伊」など)、終わりの数画を使ったり(「エ 江」、「ヌ 奴」など)して、漢字の一部だけを取り出すことで、省略しました。

カタカナは、漢文を読む時の補助記号として生まれたものでした。つまり、あくまで漢字が主で、そこにカタカタでその漢字のよみがなや助詞(「て・に・を・は」など)、助動詞(「む・たり」など)、活用語尾(書くの「く」など)を補ったものです。
漢文訓読のときには、カタカナ以外にも、日本語として漢文を読む時の順番を示す「返り点」や、漢字の周りなどに点を打つことで読み方を表す「ヲコト点」と呼ばれる記号が用いられました。

平安時代末期〜鎌倉時代にかけてカタカナがたくさん使われだしました。

ひらがなとは違って、カタカナはひとまとまりの文字として独立してからも、多くの場合、漢字と交ぜて使われました。
それは、カタカナが漢文を読むために記号から生まれたものだからです。
漢字とカタカナを交ぜた、「漢字カタカタ交じり文」は、鎌倉時代を通じて、主に学問や仏教関係の書物を書く時に用いられ、日本語の散文(和歌や漢詩以外の文章)を書く時の文章様式として、広く使われました。
(左は今昔物語集から。助詞や助動詞をカタカナと小文字で2行に分けて書いている)

3,漢字を「くずす」ことから
      ひらがなが生まれました。

万葉仮名として使われている漢字を、早く楽に書くため、形をくずして書くようになりました。これがひらがなの起源です。 漢字の形をくずすということ自体は、奈良時代からなされていたのですが、くずされた文字を「ひらがな」という、漢字とは別の文字だと意識して人々が使い始めたのは、9世紀末頃だと考えられています。

万葉仮名を、早く書くためにくずしたものを「草仮名(そうかな)」といいます。
ひらがなは、この草仮名をさらにくずして、漢字とは別の文字として使ったものです。
草仮名とひらがなとは、はっきりと区別できるものではありませんが、『源氏物語』や『宇津保物語(うつぼー)』の記述から考えると、平安時代の人は「さう=草仮名」と、「かんな・かな=ひらがな」とを使い分けていたようです。
貞観(じょうがん)9年(867)に、讃岐国の戸籍帳に書かれたメモには、万葉仮名からひらがなに変化する途中の草仮名が使われています。
・・・・・略・・・・・

日本独特の文化「国風文化(こくふうぶんか)」が盛んになり、文学にもひらがながつかわれるようになりました。

 10世紀になると中国文化の永享が薄くなり、日本独自の文化が盛んになりました。これを「国風文化」といいます。この時代には、ひらがなを使って多くの優れた文学作品が書かれました。ひらがなは細やかな感情を表すのに適しているので、日本独自の優れた作品を記すことができたとも言われています。 漢字を使って日本語を書くと、どうしてもことばが硬くなり細やかな思いや感情が表現できません。この時代から、文学に使われる文字も、日本独自のものとなりました。

女流文学作品の文字として
ひらがなが盛んに使われるようになりました。

平安時代中期には、女性たちがひらがなを使って、盛んに物語や随筆、日記といった文学作品を書きはじめました。
女流文学があまりにも有名なので、女性しかひらがなを使わなかったと思いがちですが、実は男性もひらがなを使っていました。
ひらがなのことを「女手(おんなで)」と呼ぶのは、女性はひらがなしか書かなかったからとも、また、ひらがなそのものではなく、ひらがなを数字続けて(連綿させて)書いたものを「女手(おんなて)」と呼ぶのだ、ともいわれています。
(上の写真は池田本とよばれ、「桐壷」の冒頭の部分。)

*ここのパネルの記述は少しことば足らずだと私は思う。
平安時代の女性がひらがなしか使えなかった、女性が漢字を使うことは(男性が、当時の社会が)よしとしない雰囲気があったのではないか、と私は思うからだ。
女性は漢字を使わなかったのか? そうではないと思う。上の源氏物語は漢字かな交じり文で書かれている。紫式部が源氏物語をひらがなだけで書いたのか、漢字かな交じりで書いたのか、はたまた万葉仮名だけで書いたのか、私にはわからない。写真のような写本を見ると、漢字かな交じりで書いたのではないかと私は思う。

パネルはさらに変化する日本の文字について知らせてくれるが、少し時代を飛ぶことにする。