錫で作ったカカオとコーヒー豆

「咲くやこの花館」で、今年も「カカオとコーヒー展」があった。
2月1日から3月1日まで開かれている。
たくさんのイベントが用意されていて、ワークショップも数多くあった。
「世界一おいしいコーヒーを淹れよう」や「アマゾン・カカオのおいしい話」なども興味があったが、日にちが限定されているので参加することはできななかった。
そんななかでも私が興味を持ったのは「錫で作るカカオとコーヒー豆」というワークショップ。これも一日だけの体験だったが、たまたま行ける日だったので体験することにした。

錫のお皿と、カカオ・コーヒー豆をつくることにした。
まず渡された錫の円盤をハンマーでたたく。下の写真の右上のあるのが完成モデル。

休みの日なので小学生の親子連れも多い。錫の体験には小さな子も、中学生くらいの子も、高齢者も参加している。やはりこういった体験は珍しいから、興味を持つ人は多いようだ。

カカオとコーヒー豆は溶かした錫を型に入れて作る。

錫を溶かす装置の温度計は250度を示している。右側のような型を合わせてすきまに錫を流し込んでいる。

ベンチやヤスリで周りの余分な錫を取り除く。

スプーンの裏側をつかって磨くと、光沢が出てくる。
こんな方法があるとは知らなかった。

これができあがり。 流し込んだときは、カカオが三個、コーヒー豆が四個ぐらいできあがる。しかしもらえるのはカカオは一個、コーヒー豆は二個。上の写真は子どもが作ったものも並べているので三個になっている。
錫の値段は高い。以前にハルカスで錫でカップを作ったときも、マレーシアで錫の容器を見たときもそうだった。
今回の体験は、錫の重さで体験の料金を決めているため、持って帰れる量が決まっていると職人さんが話してくれた。
しかし、こんな体験ができるのは大歓迎だ。大阪の伝統産業である錫の容器が、小さなお皿や、アクセサリーになるカカオやコーヒー豆を作って楽しめることは、錫が身近に感じることができてとても良い取り組みだと思った。

ガーナ共和国の子どもたちの図工展もあり、ガーナの子どもたちがどのようにカカオを栽培しているのかもそこからわかるようになっている。
毎年いろんな工夫をしていることがわかる。
おみやげにいつものようにコーヒーの苗を買うことにした。