The Breadwinner ブレッドウイナー

ブレッドウィナー、「一家の稼ぎ手」となったパヴァーナの物語。

この映画のポスターには次のような説明がある。
「2001年アメリカ同時多発テロ事件後のアフガニスタン、カブール。11歳のパヴァーナは、お話を作って聞かせるのがとても上手な女の子。しかしある日、父がタリバンに捕まり、パヴァーナたちの暮らしは一変、女性一人での外出が禁じられているため、パヴァーナは髪を切り「少年」になって、一家の稼ぎ手(プレッドウイナー)として町に出ます。パヴァーナが目にした新しい世界とは? 家族たちの運命は・・・・?

この映画のカタログに原作の紹介が載っている。 「原作者 デボラ・エリス  ・・・平和活動家として世界中を旅行し、戦争・貧困・病気・差別などによって困難を強いられている子どもたちを取材している。1997年と1999年の二度に渡ってパキスタンのアフガニスタン難民キャンプをおとずれ、たくさんの女性や子どもたちから聞き取り調査をして書いたのが、本作の原作となる「生きのびるために」、続編「さすらいの旅」「希望の学校」と合わせ、世界17カ国で翻訳、出版されている。・・・本の印税をCanadian Women for Womeh in Afganistan (アフガニスタン女性のためのカナダ女性)、ストリート・キッズ・インターナショナル、IBBY(国際児童図書評議会)のChildre in Crisis Fund (困難にある子どもたち基金)、ユニセフに寄付している。」

私はこの映画を見るまでに、アフガニスタンの現実を考えたことはなかった。
そこで生活している人たち、とりわけ子どもたち、そのなかの女の子たちのことは全くと行っていいほど考えたことはなかったし、映画の中にある事実は知らなかった。
「ボーッと生きてきた」自分に痛烈なパンチだった。

この映画のことは昨年新聞で知った。そこにアニメーションはアイルランドの「ブレンダンとケルズの秘密」を作った会社が担当した、と書いてあった。この「ブレンダンとケルズの秘密」の映画を子ども向けの本にしたのが右の本。私がアイルランドで買ってきた本だ。
これは見に行かなくては、とその時に思った。大阪での公開は1月からということで楽しみにしていたが、なかなか日がとれず、映画館もテアトル梅田だけだったのでずるずると2月になってしまった。上映時間も最初はお昼の12時ぐらいからだったのに、2月の2週になると夜の9時からになっていた。これは無理かなとあきらめかけていた。ネットで調べてみると、京都で昼に上映していることがわかった。

京都の出町柳駅のそばにある「出町座」だった。
すずさんが迎えてくれた。
はじめての映画館だったが、喫茶や本の紹介もあり、マニアにはたまらないだろうなあ、という雰囲気満点の映画館だった。土曜日の3時頃だったが、20人くらいの入りだった。この日の京都はコロナウィルスの影響か、外国人観光客の人や観光バスも少なく、鴨川も昔の京都らしい風情があるように感じられた。

怒りではなく言葉で伝えて、花は雷でなく雨でそだつからー

この映画では「物語」が重要な役割を果たしている。パヴァーナが弟や家族に話す物語は、映画のストーリーと並行しながら、困難の中に希望を見出す力があることを示している。映画の中にも紹介される「怒りではなく言葉で伝えて」「花は雷ではなく雨で育つから」、怒りに満ちたヘイトスピーチや爆弾やミサイルでは何も育たない、人の口から語られるれる民族の歴史から生まれる物語は、人の心を癒やし、力づけるのだと思う。詳しい映画のストーリーは書かないでおこう。
映画を自分の目で見て感じてほしい映画だから。

この映画で私の心をうったのは、パヴァーナの声だった。力強くて、優しくて、前を向いている声だった。カタログを見ると、声優はサーラ・チャウディリーというトロントに住むインド系カナダ人で、「レ・ミゼラブル」のトロント公演で、コゼットの子供時代を演じたという。この映画の声優を務めたのは12歳の時だという。
いずれDVDになったとき、ぜひもう一度見てみたい映画だ。
そしてこの映画の原作となった「生きのびるために」を是非読んでみたいと思った。

 

*新聞に紹介された映画「ブレッドウイナー」の記事。