あびこ観音でおみくじ 2020

今年のあびこ観音は日曜日に参拝に行った。

いいお天気だった。

さて恒例のおみくじ。今回は親戚の子どもたちと行ったので一緒におみくじを引いた。その結果は

見よ。第71番の凶、第88番の凶、第64番の凶、私のを含めて3枚が凶だった。

あびこ観音のおみくじは凶が出る。というのは私達家族の中で定番となっているが、こうも続くと驚くほかはない。
過去に私一人で3回引いて、3回連続して凶が出たことは以前にこのブログに書いたことがあると思う。今回は京都の八坂神社に続いてあびこ観音と場所を変えての凶。

3人が凶だと、もう笑うしかなく、これからはいいことばっかり起こるぞ、と言いながらおみくじを枝にくくりつける。

いました、芭蕉せんべいのおじさんが。
お元気そうだった。
「来るのん待ってたんやで」と、愛想のいい声でおじさんが言う。
私も負けずに
「今宮戎には来なかったの? いてるかなと探したのに」
というと、
「堀川戎にいってたんや」と芭蕉せんべいをサービスしてくれる。
私は300円を渡して、新しい芭蕉せんべいを注文した。
あざやか手さばき、芭蕉せんべいがどんどん大きくなっていく。そばを通る女性に声もかける。いつもの会話が続き、私達のそばにいた大人の男性が
「このおっちゃんがいないと、さびしいなあ」と声をかける。
えべっさんやあびこの観音さんは縁日の雰囲気がいっぱいあり、それが楽しい。

堺包丁の店はないかと探したが、地下鉄までの道にはそのお店はなかった。
食べ物の店がほとんどで、ここに包丁のお店は出しにくいのかも。

あびこの由来は?

日本各地に「あびこ」という地名がある。
インターネットを見ると、「あびこ」という地名についてしらべたブログがいくつかある。
千葉県の人が熱心なようで、それようのホームページもあった。
10年ほど前の記事もあり、少し古い資料なので、実際に今の地図にあるかどうか調べてみた。

1.大阪市住吉区の「我孫子」

2.大阪府泉大津市の「我孫子」

3,滋賀県愛知郡秦荘町の「安孫子」

4.埼玉県羽生市今泉の「我孫子」

5,秋田市金足黒川の「阿彦沢(あびこさわ)」

6、仙台市泉区松森の「阿比古」

7、宮城県女川町の「鮑子」(あわびのこ、と書いてあびこ)

8、千葉県の「我孫子市」

古い地名や小字(こあざ)に「あびこ」という名前が残っているかもしれないが、
2020年の2月現在、ヤフーの地図に「あびこ」(漢字は上のようにいろいろあるが)という地名が確認できたのは上の8つの地域だった。

「我孫子」という地名について調べいる本があった。
「千葉地名の由来を歩く」(谷川彰英著 K.Kベストセラーズ)
その本の第2章に「我孫子市」の記事がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「我孫子」は難物である。「我孫子」を「あびこ」と読むことはだけは知られているが、その由来となると、諸説あっていまぁ決定的と言える説はない。・・・略・・
私が最初に手掛けた「我孫子」地名は大阪市住吉区の我孫子である。・・・かつては「東成郡依羅村(ひがしなりぐんよさみむら)」一帯のエリアである。現地には我孫子一族を祀る大依羅神社神社があり、小学校名にも「依羅小学校(よさみしょうがっこう)」がある。全国にあるかなりの数の我孫子地名の中でも「依羅」という地名をのこしていることから言って、まずこの大阪の我孫子が中心的な役割を果たしていたことは間違いないことと考えてよい。

・・・・・・・・・・・・・・・・

この後には「日本書紀」の記載、「古事記」の記載と続く。
著者の谷川さんの説は「我孫子一族は全国に広がっているが、千葉県の我孫子市に依羅神社がないので、大阪から移住してきたとは考えにくい」ということのようだ。
 しかし私達大阪に住む者にとっては、全国にある「あびこ」の地名・人名のルーツがここ「あびこ観音」にあると考えるのは、大変気持がいい。

「あびこ観音」は、地下鉄御堂筋線の「我孫子駅」が最寄りの駅。「我孫子」と漢字で書かれている。
ホームページには「あびこ観音」とひらがな表記。
お寺の入口には「総本山 吾彦観音」と書かれた石柱が立っている。

この「我孫子でも吾彦でも平仮名でも、なんでも引き受けます」という姿勢が大阪らしい。このおおらかさがいいのだが、どうしておみくじは凶が多いのだろう。