京都のみたらし団子は5個

雨の八坂神社。雨ともいえど観光客は多い。 八代目儀兵衛で食事をしたあと八坂神社にお参りした。 ここにお参りに来るのは3年か4年ぶり。

雨の中でも参拝客は多い。 せっかくなのでおみくじを引くことにした。
ここのおみくじは、写真に写っているように、テントにおみくじの箱がおいてあり、そこで番号のついた棒を引き、その番号を係の人に伝えて(代金を添えて)、おみくじの札を出してもらうシステム。
前からなのか、最近のやり方なのかよくわからない。しかしこんな方法は私は初めてだった。

見よ! 第4番凶 ではないか!!
「山よりもこなたにとまるからす羽に 神のそのふははやくれにけり」
 夕べとなれば日の暮れるは常。また朝となれば日が昇るも常。明けぬ夜は無し。
    心穏やかに神に祈りて、静かに朝をまつべし。
 願望 叶う後慎まなければ破れることあり

久々の凶だった。
今宮戎でも凶ではなかった。
安倍晴明神社でも凶ではなかった。
今年は春から縁起がいいわい、と思っていたら京の八坂神社で凶か。
さて残るはあびこ観音だが。これも楽しみだ。

えべっさんつながりで、祇園えべっさんの「蛭子神社」にもお参りを。

以前にブログにも書いたが、大阪の今宮戎とここの蛭子神社=祇園えべっさんとは大いに関係がある。
八坂神社のホームページに次のような記載がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

祇園さんの蛭子社は「えべっさん」の原点

「商売繁昌で笹もってこい!」のかけ声でおなじみの「えびす信仰」は、日本各地に拡がっています。その「えべっさん」が、八坂神社の境内にいらっしゃるのをご存じですか? 全国的に名の知られた大阪の今宮戎神社のえべっさんは、八坂神社の氏子が今宮に移り住んだとき、祇園の「えべっさん」をその地にお祀りしたことに始まります。
そのご縁から、今宮戎神社からは毎年、祇園祭の折りには幣帛を、大晦日には鯛をご奉納いただきます。
八坂神社からは1月8日に、今宮戎神社の十日戎に先だっての献茶祭に神水を持参してお供えします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今宮戎神社のウィキペディアにも次のような記載がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、京都市東山区八坂神社は当社の起源を、八坂神社境内社の蛭子社(北向蛭子)を分祀し、八坂神社の氏子が今宮に移り住み、現在の地に祀ったことに始まるとしている。その縁起から、双方の神社は交流を続けている。1月8日の献茶祭では、八坂神社御神水奉納式が実施される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで私達が八代目儀兵衛の店を出て、八坂神社の門をくぐったが、これは正門じゃない、という話を聞いたことを思い出した。
そういえばこの門から本殿に歩いていったが、この道から到着した本殿は正面になかった。本殿は南を向いている。私達の入った門は西にある。
ということで、八坂神社の正門は南の門だったのだ。
京阪祇園四条駅から真っすぐにある西門が、八坂神社の正門だとつい思ってしまう。

ありました。 やっと発見した。
京都に来た目的は「八代目儀兵衛でランチを食べること」と「京都のみたらし団子の個数調べること」だ。

以前読んだ本で、地域によって違うものを調べているものがあった。
そこでずって気になっていたのが「みたらし団子」
大阪のみたらし団子は4個がふつう。しかし京都のみたらし団子は5個という。

八代目儀兵衛と同じで、これも何年か前から思っていたこと。京都に行く機会があれば調べてみようと。
写真のように5個だった。記念に2本買って店内でいただいた。

長年の希望がかなった京都での旅だった。