漢字ミュージアム

ここ「漢検 漢字博物館・図書館」は「漢字ミュージアム」とも呼ばれているところ。
甲骨文字の展示もあり、私は初めて実物の甲骨文字を見た。写真撮影禁止なので、ポスターの写真を撮った。思ったより小さく、何を使って骨に刻んだのだろうか?とおもう。

さてパネル展示は「カタカナ・ひらがな」にすすむ。

1、カタカナ・ひらがながみられました。

漢字だけを使って、工夫して日本語を書いていた日本人は、9世紀頃に独自の文字を作り出しました。それがカタカナとひらがなです。ともに、漢字を簡単にして作り出した日本語専用の文字で、はじめは「これは漢字の画を省略したもの」「これはカタカタ」「これはひらがな」と区別できるものではありませんでしたが、それぞれ独自に発展して、漢字とは異なる、ひとまとまりの文字として使われるようになりました。

2,漢字を「はぶく」ことから
       カタカナが生まれました。

9世紀前半頃から、漢文で書かれたお経を日本語として読むための漢字や符号が、紙の余白や漢字の四隅に書かれるようになります。お経の行と行との間の狭いスペースに、なるべく早く書くために、漢字の偏や旁(つくり)を省きました。こうして筆画をはぶいて書いた字を、「省画仮名(しょうかくがな)」「略体仮名」と呼びます。この省画仮名が、現在のカタカナのもとになりました。

カタカタは漢字の一部を取り出して作られました。

カタカナが芽生えた9世紀前半には、漢字の偏や旁をあまり省略せずに書き込んでいました。
それが、漢字やひらがなと見分けがつくようにと次第に形が変化していき、いっそう簡単なものになっていきました。
主に、下記はじめの一、二画目を使ったり(「ア 阿」、「イ 伊」など)、終わりの数画を使ったり(「エ 江」、「ヌ 奴」など)して、漢字の一部だけを取り出すことで、省略しました。

カタカナは、漢文を読む時の補助記号として生まれたものでした。つまり、あくまで漢字が主で、そこにカタカタでその漢字のよみがなや助詞(「て・に・を・は」など)、助動詞(「む・たり」など)、活用語尾(書くの「く」など)を補ったものです。
漢文訓読のときには、カタカナ以外にも、日本語として漢文を読む時の順番を示す「返り点」や、漢字の周りなどに点を打つことで読み方を表す「ヲコト点」と呼ばれる記号が用いられました。

平安時代末期〜鎌倉時代にかけてカタカナがたくさん使われだしました。

ひらがなとは違って、カタカナはひとまとまりの文字として独立してからも、多くの場合、漢字と交ぜて使われました。
それは、カタカナが漢文を読むために記号から生まれたものだからです。
漢字とカタカナを交ぜた、「漢字カタカタ交じり文」は、鎌倉時代を通じて、主に学問や仏教関係の書物を書く時に用いられ、日本語の散文(和歌や漢詩以外の文章)を書く時の文章様式として、広く使われました。
(左は今昔物語集から。助詞や助動詞をカタカナと小文字で2行に分けて書いている)

3,漢字を「くずす」ことから
      ひらがなが生まれました。

万葉仮名として使われている漢字を、早く楽に書くため、形をくずして書くようになりました。これがひらがなの起源です。 漢字の形をくずすということ自体は、奈良時代からなされていたのですが、くずされた文字を「ひらがな」という、漢字とは別の文字だと意識して人々が使い始めたのは、9世紀末頃だと考えられています。

万葉仮名を、早く書くためにくずしたものを「草仮名(そうかな)」といいます。
ひらがなは、この草仮名をさらにくずして、漢字とは別の文字として使ったものです。
草仮名とひらがなとは、はっきりと区別できるものではありませんが、『源氏物語』や『宇津保物語(うつぼー)』の記述から考えると、平安時代の人は「さう=草仮名」と、「かんな・かな=ひらがな」とを使い分けていたようです。
貞観(じょうがん)9年(867)に、讃岐国の戸籍帳に書かれたメモには、万葉仮名からひらがなに変化する途中の草仮名が使われています。
・・・・・略・・・・・

日本独特の文化「国風文化(こくふうぶんか)」が盛んになり、文学にもひらがながつかわれるようになりました。

 10世紀になると中国文化の永享が薄くなり、日本独自の文化が盛んになりました。これを「国風文化」といいます。この時代には、ひらがなを使って多くの優れた文学作品が書かれました。ひらがなは細やかな感情を表すのに適しているので、日本独自の優れた作品を記すことができたとも言われています。 漢字を使って日本語を書くと、どうしてもことばが硬くなり細やかな思いや感情が表現できません。この時代から、文学に使われる文字も、日本独自のものとなりました。

女流文学作品の文字として
ひらがなが盛んに使われるようになりました。

平安時代中期には、女性たちがひらがなを使って、盛んに物語や随筆、日記といった文学作品を書きはじめました。
女流文学があまりにも有名なので、女性しかひらがなを使わなかったと思いがちですが、実は男性もひらがなを使っていました。
ひらがなのことを「女手(おんなで)」と呼ぶのは、女性はひらがなしか書かなかったからとも、また、ひらがなそのものではなく、ひらがなを数字続けて(連綿させて)書いたものを「女手(おんなて)」と呼ぶのだ、ともいわれています。
(上の写真は池田本とよばれ、「桐壷」の冒頭の部分。)

*ここのパネルの記述は少しことば足らずだと私は思う。
平安時代の女性がひらがなしか使えなかった、女性が漢字を使うことは(男性が、当時の社会が)よしとしない雰囲気があったのではないか、と私は思うからだ。
女性は漢字を使わなかったのか? そうではないと思う。上の源氏物語は漢字かな交じり文で書かれている。紫式部が源氏物語をひらがなだけで書いたのか、漢字かな交じりで書いたのか、はたまた万葉仮名だけで書いたのか、私にはわからない。写真のような写本を見ると、漢字かな交じりで書いたのではないかと私は思う。

パネルはさらに変化する日本の文字について知らせてくれるが、少し時代を飛ぶことにする。

 

 

 

 

漢検漢字博物館・図書館

ここは八坂神社の直ぐ側にある、「漢検漢字博物館・図書館」

ホームページには次のように紹介されている。

『漢検 漢字博物館・図書館』(漢字ミュージアム)は、ただ漢字を見るだけでなく、触れる・学ぶ・楽しむ展示を通して、いくつもの驚きや発見を生み出す体験型ミュージアムです。日本の漢字文化を国内はもとより世界へと広く発信し、「漢字って面白い!」と感じる子どもや大人がたくさん増えるよう、これからの未来につながる知的“かんじ”好奇心をお届けします。

『漢検 漢字博物館・図書館』(漢字ミュージアム)は、平成23年に閉校した京都市元弥栄中学校跡地に建築しています。
京都には、地域教育の礎として全国に先駆けて小学校を創立した教育への熱い思いがあります。その小学校の卒業生たちがさらに学び続けた中学校が、新しく生まれかわり、京都市内のみならず全国すべての小中学生にとって漢字を学び集う場所になります。そして日本の漢字文化の拠点となり100年後の日本をささえる教育の拠点になりたいとの思いを込めています。

レブリカだけど、甲骨文字に直接触れるなんてことは今までなかったこと。

金属に掘られた古代の文字。どんなふうにして刻んだろうと考えてしまう。

右側の木簡の説明には、「湖北省荊門市(こほくしょうけいもんし)の郭店1号墓から出土した、紀元前3〜4世紀頃のもの。『老子』が書かれている。」とあった。紀元前300年ごろといえば、2000年以上前のもの。そんな昔から文字があり、しかも残されているなんて、すごいことだと思う。

壁面には日本語の歴史がパネルとして紹介されていた。そのパネルに書かれていることを紹介してみよう。

漢字を日本語風に使いこなしはじめた

1.漢字に日本語訳を与えて「訓」が生まれました。

日本人ははじめ、文章そのものは漢字で書き、地名や人名などの固有名詞は、感じの意味を捨てて音だけを借りて綴るという方法で文章を書いていました。こうして、頭の中で漢文を日本語として長年理解していくうちに、次第に漢字の意味と「やまとことば」とが結びついて、この漢字は日本語では皆がこう読むべきだ、という決まりができました。その決まった読み方を「訓」といいます。

2,漢字を表音文字として使う万葉仮名が生まれました。

漢字の意味を無視し、漢字の音読みや、訓読みだけを表音的に用いた文字が、万葉仮名です。例えば「夜麻登(ヤマト)」の「夜」「麻」「登」は音読みを使った万葉仮名、「夏樫(ナツカシ)」の「夏」「樫」は訓読みを使った万葉仮名です。奈良時代の「万葉集」で使われた仮名なので「万葉仮名」と呼ばれますが、「万葉集」が初めてつかったわけでも、「万葉集」がすべてこの仮名で書かれているわけでもありません。この呼び名は、奈良時代の仮名を象徴的に指す呼び方です。

3,漢字を使った日本独特の文章が生まれました。和歌漢文

漢文の文章様式でありながら、その中に日本語の要素が混ざっている文章のことを「和歌漢文」と呼びます。和歌漢文の見た目は純粋な漢文に似ていますが、語順や語彙などに日本語の影響があるため、漢文としては読めません。奈良時代から、日常的な文章や戸籍などを書くときに広く使われました。
10世紀ごろからは、貴族が和歌漢文で自分の日記を書くことが盛んになり、その後も手紙文などの文体として長く使われました。

左は古事記の最古の写本。1371年〜1372年頃のものと言われている。主に和歌漢文で推古天皇までの歴史がきされている。

 

4,漢文を日本語として読むためのしるし。訓読記号

漢文を日本語に置き換えて読むときにはさまざまな記号(符号)が使われました。中国語は日本語と語順が違うので、漢文を日本語として読む場合には、読む順番と書く必要があります。この時に使われる記号が「返り点」です。他に、助詞(て・に・を・は)などを補う必要もありますが、これは漢字の四隅や四辺の決まった場所に「、」を打つことで表しました。この点を「ヲコト点」と呼びます。このような記号は、墨だけではなく、角筆(かくひつ)という硬い棒の先によって、紙を凹ませることで記されることもありました。

5,漢字を使った日本独自の国字がうまれました。

日本で独自に作られた漢字を「国字」といいます。
中国大陸と日本とは生活環境や文化が異なるので、感性も異なりますし、日本にあるもの全てを漢字で表すことはできません。
そこで、奈良時代より少し前から、日本人は独自の漢字を作って使ってきました。
例えば「イワシ」は、「すぐに死んでしまう弱い魚」なので「鰯」。
サカキは「神に捧げる木」なので「榊」などです。
このように、国字は多くが会意(かいい 漢字の意味を組み合わせて一つの漢字を作る方法)によって作られました。

左の木簡は、
右は藤原宮跡出土のもの。今の山口県からの荷物につけた木の札(木簡もっかん)。万葉仮名で「伊委之(いわし)」と書かれている。
左は平城京跡出土のもの。「鰯(いわし)」四十隻(よんじっせき)を申請した時の木の札(木簡)。国字の「鰯(いわし)」が使われている。

この後、パネルは「カタカナ」「ひらがな」の発展が記されている。
以前、私は日本語のひらがな・カタカナの歴史を調べて、ブログにのせたことがあるが、この時にここの「漢字ミュージアム」を知っていたら、もっと短時間でできたのに、と思う。しかしなかなか楽しい博物館だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

錫で作ったカカオとコーヒー豆

「咲くやこの花館」で、今年も「カカオとコーヒー展」があった。
2月1日から3月1日まで開かれている。
たくさんのイベントが用意されていて、ワークショップも数多くあった。
「世界一おいしいコーヒーを淹れよう」や「アマゾン・カカオのおいしい話」なども興味があったが、日にちが限定されているので参加することはできななかった。
そんななかでも私が興味を持ったのは「錫で作るカカオとコーヒー豆」というワークショップ。これも一日だけの体験だったが、たまたま行ける日だったので体験することにした。

錫のお皿と、カカオ・コーヒー豆をつくることにした。
まず渡された錫の円盤をハンマーでたたく。下の写真の右上のあるのが完成モデル。

休みの日なので小学生の親子連れも多い。錫の体験には小さな子も、中学生くらいの子も、高齢者も参加している。やはりこういった体験は珍しいから、興味を持つ人は多いようだ。

カカオとコーヒー豆は溶かした錫を型に入れて作る。

錫を溶かす装置の温度計は250度を示している。右側のような型を合わせてすきまに錫を流し込んでいる。

ベンチやヤスリで周りの余分な錫を取り除く。

スプーンの裏側をつかって磨くと、光沢が出てくる。
こんな方法があるとは知らなかった。

これができあがり。 流し込んだときは、カカオが三個、コーヒー豆が四個ぐらいできあがる。しかしもらえるのはカカオは一個、コーヒー豆は二個。上の写真は子どもが作ったものも並べているので三個になっている。
錫の値段は高い。以前にハルカスで錫でカップを作ったときも、マレーシアで錫の容器を見たときもそうだった。
今回の体験は、錫の重さで体験の料金を決めているため、持って帰れる量が決まっていると職人さんが話してくれた。
しかし、こんな体験ができるのは大歓迎だ。大阪の伝統産業である錫の容器が、小さなお皿や、アクセサリーになるカカオやコーヒー豆を作って楽しめることは、錫が身近に感じることができてとても良い取り組みだと思った。

ガーナ共和国の子どもたちの図工展もあり、ガーナの子どもたちがどのようにカカオを栽培しているのかもそこからわかるようになっている。
毎年いろんな工夫をしていることがわかる。
おみやげにいつものようにコーヒーの苗を買うことにした。