パズルをつくる 5

スライディングパズル

これはスライディングパズル、あるいはスライドパズルと言われているもの。
上の資料は、「秋山仁先生の作る!解く! IQパズル大百科」(学習研究社)から引用した。

これが製品となって売られているのが、

将棋の駒であったり、「箱入り娘」と題したパズルである。

発泡スチロールの板を使って、上の図のように部品を作り、パズルの形にしたのが左。
使ったのが薄い発泡スチロールの板だったので、2枚ないし3枚重ねて持ちやすい大きさにした。
この発泡スチロールの板は100均で買うことができた。
張り合わせるの使ったのりは、事務用のスティックタイプののりで十分張り合わせることができた。

これは結構難しいパズルだった。

インターネットで調べてみると、ウィキペディアにその歴史が紹介されていた。

英語では「Klotski」(ポーランド語で木のブロックを意味する「klocki」より)と呼ばれる。ルイス・W・ハーディ(Lewis W. Hardy)は「Pennant Puzzle」の名で1909年に商標を登録し、1907年にはすでに特許も出願している。イギリスでは同様のパズルが1932年に特許出願されており、フランスにも「赤ロバ(L’Âne rouge)」と呼ばれる同様のパズルがある。 日本で流行し始めたのは昭和10年(1935年)代のことである。 中国では「華容道」と呼ばれ、1940年代後半以降に広く知られるようになった。各ブロックの名前が『三国志』に由来するパズルとなっており、「娘」にあたるブロックは曹操となっている。

なかなか歴史のあるゲームであることがわかる。
その解法が本に紹介されていたので、以下に載せておく。

これでAが外に取り出せた。
本の回答の図のままの写真ではない。
また一つ一つの動きを写真に撮っているのではない。数手動いているが、変化がわかるように写真に撮ったつもりだ。

AからKまでのピースの置き方によって、難易度がかわりそうだ。
この本はシリーズになっていて、平面や立体のパズルが紹介されている。
また紙や発泡スチロールなどの身近なもので再現できるのも面白い本だ。