パズルをつくる 4

ザ・タイヨウ

久しぶりにパズルを作ってみた。 原本は左にある「パズルをつくる」(芦ヶ原伸之著、大月書店)。

1月にちなんでその中から選んだのが「ザ・タイヨウ」。
スライドパズルに分類できるものと思う。
これは1914年にアメリカパテントの GEY  MY  GOAT を基本として、著者の芦ヶ原さんがデザインを変えたものと説明がある。

ピースをただ滑らせるだけで、太陽のピースを真ん中にもってくるというもの。
まわりは最初の形と違ってはいけない。

簡単そうなので、やってみた。材料は発泡スチロールの工作用の板があったので、それを利用した。

 

発泡スチロールの板を張り合わせて厚みを出し、本からザ・タイヨウの絵をコピーして、発泡スチロールの上にはっていった。
見やすいようにと、太陽や炎、バックに色鉛筆で色をぬった。
その方がピースの動きがよく分かるだろうし、完成の絵もわかりやすいだろうと考えたからだ。

本についている回答を見ながら動かしてみたが、どうもおかしい。

わかりやすくするために、左の写真のようにピースに番号をはった。
回答を見ながら動かすと、2番と6番のピースが入れ替わるのが最終の形になる。
それでは炎の色とバックの青色が違っているではないか。
どこでまちがった?
なにか見落としていることはないか?
と思い、本文を読み直してみた。
「太陽の周囲の曲線は、いいかげんに描かれたものではなく、きわめてデリケートに描かれている。つまり太陽の中心から見て、右上と左下のピースは、図柄がまったく同じなのである。」と書かれている。
右上とは2番のピース、左下とは6番のピース。確かに同じ図柄だ。
ああそうか、私は色を塗ってしまったから違う図柄に見えていたのだ。

色を塗っていない、線だけのピースにしてみた。

こうして2番と6番のピースを見てみると、全くおなじ図柄であることがよくわかる。

ピースを動かして2番と6番がいれかわっても、その形は同じだ。ただ人間の理解として炎の部分とバックの部分も入れ替わっていると判断して見ているので、全体の形は動かす前と後では変わっていない、というのだ。
私は炎とバックに色を塗ったので、違いとして目に見えたということだろう。

単なるピースのスライドだけではなく、図柄にも工夫があるパズルだ。

*この本にある回答に一部間違いがあったので、ただしい手順を書いておく。

5,6、7、5,6、4、3、6、9、2,6、9,2,G
1、6、9、3,4,2,5,7、2、5,G、9、6、1
(Gは太陽のピースのこと)