Celtic Concert ケルト音楽

アイルランドへの旅行が終わったあと、大阪でケルト音楽のコンサートがあった。

島之内教会でおこなわれるので、場所も楽しみだったし、アイリッシュハープやリコーダーの演奏があるので申し込んだ。

アイリッシュハープは、アイルランドの図書館での展示を見ただけだったので、実際の演奏にふれたかった。
アイリッシュダンスの食事会のときは、アイリッシュハープがなかった。あのときは下の写真のようにバンジョー、バイオリンとギターの演奏だった。

ここが島之内教会。クリスマスコンサートのポスターがはってあった。

キリスト教の教会の中でのアイリッシュミュージックというのは不思議な雰囲気だった。しかもたしかここはプロテスタントの教会だったはずだが。
上の写真はリコーダーの演奏、そして左の写真はアイリッシュホイッスルの演奏。
このような楽器を使った演奏をアイルランドで聞きたかったなあ。

やっぱりありました。アイリッシュパープの演奏が。
思っていたよりもがっしりとしたものだった。
左がアイルランドのトリニティ・カレッジの図書館で見た、アイルランドの古いアイリッシュハープ。
あらためて写真を見直すと、確かに伝統的な楽器だと思う。このようなハープを持って吟遊詩人は旅をし、演奏していたそうだが、写真のように大きくて重そうだが、どうして運んでいたのだろうか。でもこのコンサートのときは女性の演奏者が自分で持って入場してきたので、持ち運びはしやすいのかもしれない。

休憩前の最後の曲、She Moved through the Fair あの子は市場をかけめぐり
の紹介に「あなたがどんなに貧乏でも、両親は反対しないわ、もうすぐ結婚できるわね!」あの子は嬉しそうに市場ではしゃいで・・・それが彼女を見た最後の姿」
とある。とても気になる内容。あとで調べてみると、身分違いの若い男女の恋が描かれているが、それはアイルランドのカトリックとプロテスタントの対立であったり、民族の抗争であったり、アイルランドの複雑な歴史の中で生まれてきた歌のように思える。

日本に帰ってきても、アイルランド、ケルトの影響はまだまだ私の中に生きているように思える。TSUTAYAでケルティック・ウーマンのCDを借りてきて聞いている。