愛蘭土紀行 28

日本に向けて出発・アイリッシュウイスキー

8時20分にロビー集合・出発。

11時20分、エールフランス航空でパリに向かってダブリンを出発。
2時間25分の旅。パリには14時45分に到着。

パリで日本行きの便を待つ。出発は17時40分の予定。

出発までの時間利用して、免税店で自分へのお土産物を買うことにした。

私は「愛蘭土紀行1」(司馬遼太郎)にある「ウイスキーのEを飲む」という章があるのを思い出した。そうだ、アイリッシュウイスキーを買おう。

この「ウイスキーのEを飲む」という章はとてもおもしろくて、そもそもウイスキーの発祥はアイルランド説が有力というのが記憶に残っていた。

「・・・わたしが見たかぎり、岩波の『英和大辞典』のその項が素人に親切なように思われた。

 whisky の綴りの方が一般的であるが、商品名としてイギリスではスコットランド産が whisky  アイルランド産が whiskey  アメリカでは輸入品が whisky  国産品が whiskey  と綴り分けられることがある。

この綴りに関するかぎり、アイルランド文化は英国英語に影響せず、むしろアメリカ英語のほうに、たった一語ながら ー 人を酔わせるほどの強烈さで ー 影響を与えたといえる。
 Eのあるウィスキーは、味というか、舌ひびきが濃いようにおもわれたが、同行者はみなこの味のとりこになった。(P264〜265)」

 家に帰って、以前買ったホワイトホースと見比べてみると、写真のように

 WHITE HORSE   BLENDED  SCOCH WHISKY    と書いてあった。

 空港で買ったアイリッシュウイスキーは、

 BLACK BUSH IRISH  WHISKEY とEのあるウイスキーだった。

飲んでみると、確かにとりこになりそうな味だった。これからウイスキーを買うときは、Eのあるウイスキーにしようと思った。

12時間余りの飛行時間。機内食が2回出た。羽田についたのが翌日のお昼。12時45分ごろ。

旅の間、お世話になったケイライン・トラベルの旗。

誰が作ったのかを聞くのを忘れていたが、手作りの刺繍のきれいな旗だ。

ナルニア国物語をベースにして、アイルランドの文化と歴史を学ぶ旅だった。
日本との関係の深い、「ガリバー旅行記」を書いたスイフト ー 本屋さんでの体験が、アイルランドの人情に触れた時だった ー や、ラフカディオ・ハーンの育った家を見ることができたし、オスカー・ワイルドのカラーの像にタッチしたのも楽しかった。アイリッシュウイスキーの美味しさを知ることもできて、大変有益だった。

写真はアイルランドのポスト。 左は北アイルランド、つまりイギリス領の郵便ポスト。 右はアイルランド共和国の郵便ポスト。 独立とともにイギリスの赤はすべて(たとえば2階建てバスも)緑に塗り替えられたという歴史があるそうだ。

イギリスのEU分離問題がアイルランド島にどのような影響を及ぼすのだろう。
旅は終わったが、アイルランドへの関心はまだまだ続きそうだ。