愛蘭土紀行 24

スイフトとガリバー

この聖パトリック教会に「ガリバー旅行記」を書いたスイフトが眠っている。
上の写真の左側の像がスイフトである。

このタイルの下に棺が埋められているそうだ。人が囲んでいたのできちんと写真に取れていないが、スイフトの横にあるタイルに「ステラ」の名前が書かれている。
写真に二人の男女が写っているが、スイフトとステラだ。
そのへんの事情について、司馬遼太郎さんは書いている。

「祭壇をはるかに望む右手の床の上に四角い真鍮板が貼られているのに気づいた。スウィフト。そのように刻まれている。棺がこの真鍮板の床の下におさめられているのにちがいない。・・・・略・・・
 アイルランド人に大きな才能が宿っていることを最初に示した作家が、ジョナサン・スウィフト(1667年〜1745年)であることにたれも異存はあるまい。
かれはクロムウェルの死より10年のちに、ダブリンでうまれた。幼くして孤児になり親戚に養われて成人し、さきほどその前を通ったトリニティ・カレッジ(英国国教会の大学)に入学した。
 その入学は1682年で、日本では天下泰平、五代将軍綱吉の治世のはじめのころである。アイルランド人にとって生きるのがやっとという時代がつづいていた。
 中野好夫氏によると、怠惰放縦な学生だった。学課に好き嫌いが多く、古典や詩、歴史には熱中したが、形而上的なものや抽象的なもの(神学、哲学、数学)などはきらいで、生涯を通じてそういうものを軽蔑していたという。
 食うために国教会の僧になり、46歳の時、この教会の首席司祭になる。
 スウィフトはずっと独身で通していたが、そのかわり恋愛はした。若いころに知り合った女性に”ステラ”という愛称をあたえて愛し、また中年のころ、24も歳下の女性を愛した。
 おもしろいことに、床下のスウィフトの棺は、かれよりも早く亡くなった”ステラ”の棺と並んで埋められている。それにはさまざまないきさつもあるらしいが、ともかくも、英国国教会は粋なものである。」

完全には撮せていないが、スウィフトとステラの名前が見える。

聖パトリック教会の見学の後、いくつかの観光に行くのだが、午後の自由時間に行った本屋さんでのことを書いておこう。上の写真がその本屋さん。トリニティ・カレッジのそばにある本屋さんだけにたくさんの本があった。

ここで「ガリバー旅行記」の本を探したのだ。
以前に「ガリバーは踏み絵を踏んだのか?」で調べたことがあるが、スイフトが「ガリバー旅行記」を出版したのは1726年59歳のときだった。初版は1週間で売り切れるという大評判になった本だ。
スイフトが「ガリバー旅行記」を書くきっかけになったことはいくつかあるようだが、その中の一つに前年の1725年にデフォーが「ロビンソン・クルーソー」を出版したからだ、という説もある。スイフトの負けじ魂が感じられる説だ。

私はアイルランドで、アイルランドの人が買って読んでいる「ガリバー旅行記」が買いたかった。
写真でわかるように大きな本屋さんで、子どもの本のコーナーや歴史のコーナーなどがあり、ウロウロしたがわからない。「ガリバー旅行記」はどの分類の本になるのだろう? 妻と二人でうろうろと書棚を見ていると、アイルランドの人らしい男性が声をかけてきた。「何を探しているのだ?」という顔つきで英語で話しかけてきた(と思う)。
私は「ガリバー」「ガリバーズトリップ」などと言うが、全く通じない。
作者の「スイフト」といえばわかるだろうと思い、「スウィフト、スイフト」と繰り返すがこれも全く通じない。
そうだ携帯で撮した、聖パトリック教会のスイフトの肖像を見せればわかるだろうと思い、見せてみた。
彼は「オー、Swift , Jonatha Swift 」と言ったと思う。「Swift, Swift 」と、にっこり笑って私に正しい発音をさせるように何度も繰り返して言って、本屋さんの中を案内してくれた。

書棚から何種類もの「Gulliver’s Travels 」の本を出してきた。
絵本のような本、子ども用に短くした本、ペーパーバックの本、ハードカバーの本など数種類もの本を積み上げてくれた。
妻は日本語で「ありがとう」を繰り返していた。

私は以前から気になっていた、ラピュタの章で、ガリバーが踏み絵をしていないことを役人に告げ口したのは「船長」か「水夫」かを調べてみた。
ラピュタの章はあっても、「踏み絵」のことがのっていない本がほとんどだった。
1冊だけが注を付けていた。
それが左のハードカバーの本だ。

本文のその部分が上の赤い線で引いたところ。
注を見ると、Skipper : Cabin boy と書かれてあった。
やはり「船長」ではなかったのだ。これで私が疑問に思っていたことが解決した。
アイルランドに来て解決できるなんて、とても嬉しかったし、楽しい経験だった。

司馬遼太郎さんの本には、アイルランド人はとても親切だ、ということが書いてあったが、それは私にとっては真実だった。