愛蘭土紀行 その18

アヴォカ織り工房の見学

ここはアヴォカ織り工房のある地域。 ホームページを探してみると、次のような記事があった。

 長い伝統を持つアイルランドの老舗毛織ブランド AVOCAは、1723年にアイルランドウィックロー州のアヴォカ村で、素朴な毛織物の工場としてスタートしました。上質な素材とAVOCAならではの美しい色合いの毛織物はたちまち人気を呼び、国内でも注目されるブランドに。
 創業以来家族経営が行われており、ファミリーだからこそできる率直な意見交換は、温かみのあるAVOCAのブランドイメージを現在まで守り続けています。
https://www.felissimo.co.jp/contents/lp/?cid1=50213&cid2=50214

小川が流れていたり、お花が咲いていたりと、とても優雅な雰囲気のあるところ。 中の工房を見学させてもらった。

きれいな糸や布が見える。機械化される前の道具もおいてあった。

大きな杼(ひ)があった。そばで伝統工芸の様子のテレビが再生されていた。

製品の説明なのだろう。私は織物のことはよくわからないが、興味のある人にはたまらないのだろうなあ。色鮮やかで、暖かそうな風合いだった。

工房のそばには綺麗な小川が。織物にとっては、水が大切なのだろう。

そばのショップにはおみやげものにぴったりなマフラーやセーターなどが販売されていた。アイルランドのことわざの本や絵本もおいてあった。
私は奥にあったレストランが気になり、時間があればここでお茶を飲みたいと思った。パンやクッキーもおいしそうだった。ただ席がほぼ満員なので、工房の見学だけでなく、ここのレストラン目当ての人もいるのかなあと思う。

工房の見学の後バスに乗り、少し遅めの昼食を取りにいく。 窓から見える風景はのどかで、ナルニア国もこんな感じかなあと思う。