愛蘭土紀行 その13

カーリングフォード湾

カーリングフォード湾、Carlingford lough このlough はアイルランド語で湖とか湾とか言う意味。この湾が国境になっている。

フェリーが来るまでしばらく待つ。
こちらはイギリス領アイルランド、湾の向こうはアイルランド共和国。
イギリスがEUを脱退するということは、ここが国境になり、国境警備や税関や手荷物検査などが行われるようになるかもしれない、ということ。
この湾で働いている人にとってそれは重大な関心事になることは、想像できる。
仕事で毎日行き来している人にとってはとても大変なこと。
イギリスのEU分離がアイルランド共和国にとって大きな影響を与えることがわかる。

フェリーの直ぐ側に古城があった。この湾に関係する貴族の館だったのかもしれない。畑の周囲は石で囲まれている風景は、アイルランド特有のようだ。

海岸の砂浜で遊んでいる女の子がいた。イギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンの「思い出のマーニー」を見ているようだった。

乗船時間約20分。アイルランド共和国にやってきた。

貨幣もポンドからユーロへ、道路標識もマイルからキロメートルに変わる。


道路標識や案内板には英語とアイルランド語の2つが表記されている。
上の案内図はセント・パトリック大聖堂にあったもの。

さて、私達はバスでキングスコートにあるホテル、カブラ・キャッスル・ホテルに向かう。