愛蘭土紀行 その7

タイタニック・ベルファスト

バスから見えるのは巨大なガラス張りの建物。
タイタニック号の悲劇から100年後の2012年に、写真のような斬新なデザインの展示館「タイタニック・ベルファスト」ができた。

真ん中のガラス張りのところを拡大してみると、映画のタイタニックのワンシーンを思い出させるような場面が見えた。

タイタニック号は
全長約270m、
全幅約28m、
高さ53m、
総トン数46328トと言われている。
タイタニックの実際の大きさを想像させるために設計されたビルなのかもしれない。1階は軽食とお土産物屋さんのショップが有った。
海外からの観光客がいっぱいだったが日本人はいなかった。

タイタニック号の大きさがわかるような、実物大の掲示もあった。
鎖はこんなに大きかったのか、とびっくりもする。

タイタニック号が造られたところ。両側に電信柱のように並んでいるが、そのあいだにタイタニック号が入っていたそうだ。遠くに大きな客船が見えるが、そんな感じだったのかもしれない。
タイタニックの姉妹船として、オリンピック、プリタニカの2隻があり、タイタニックと合わせて3隻体制が考えられていたようだ。
1912年4月14日の深夜、氷山に接触して沈没。乗員乗客合わせて1500人以上が亡くなったと言われている。その慰霊碑がシティホールにあったわけだ。

バスに乗って昼食のためのレストランに行く。 こじんまりとして、温かい雰囲気のレストランだった。

トラディショナル・アイリッシュ・シチュー、アイルランドのパン、バニラ・パンナコッタ、コーヒーというメニュー。 日本人の私達には丁度いいくらいの分量だった。

暖炉には本物の火が。そばにある黒いものは泥炭。
泥炭に触ったのは初めてだった。軽いものなんだなあ・・・、アイルランドには泥炭が多いと言われているが、本当に泥炭が燃えているの見るのは初めてだ。
後で調べてみると、泥炭は火力発電所で使われているそうだ。
青い陶磁器が暖炉の上の棚に飾られている。
松本侑子さんが「これは・・・・」と話されていたが、しっかりと聞いていなかった。残念。ポルトガルで見た陶磁器のように思えた。

このあとは、ケア・パラペル城のモデルと言われる、ダンルース城に向かう。