愛蘭土紀行 その6

クイーンズ・カレッジ

ここはクイーンズ・カレッジ。
C.S.ルイスのお母さんフローレンスさんが通った大学。お母さんはルイスが10歳のときにガンで亡くなっている。ルイスの心の喪失感は埋められることはなかったらしい。

なんともきれいな建物。美しい建造物だ。
現在はクィーンズ大学ベルファスト(THE QUEEN’S UNIVERSITY BELFAST)と呼ばれている。
1810年にTHE BELFAST ACADEMICAL INSTITUTION として創立され、1845年にクィーンズ・カレッジ・ベルファストになり、1850年にコーク、ゴールウェイのクィーンズ・カレッジと合同してクィーンズ大学アイルランドになった。
1880年にロイヤル・ユニバシティ・アイルランドと改名された。そして1908年現在のクィーンズ大学ベルファストとアイルランド国立大学(NATIONAL UNIVERSITY OF IRELAND )にわかれたそうだ。大学もいろいろと変化があるらしい。
ルイスのお母さんが通っていた頃は、クィーンズ・カレッジ・ベルファストだったと思われる。

この日は大学でイベントがあるらしく、大学の入口では何か印刷物を配っていたり、キリスト教関係のパンフレットを配っていたりしていた。
大学の正門前で、大学生(赤いシャツを着ている男性二人)と記念写真を写す。
赤いシャツを着た学生があちこちにいたが、みんな真面目そうだった。

左の写真はクィーンズ大学ベルファストの紋章。
左側にある赤いては「アルスターの赤い手」と呼ばれているもの。
この赤い手は神話に由来するもので、アルスター王国にはしかるべき後継者がいず、王の候補によるボートレースが開かれた。「アルスターの石に最初に手を付けたものが王になる」と決められてレースが行われた。ある王の候補が負けそうになった時、自分の腕を切り落として岸に投げ、「最初にアルスターの石にさわった」として国王になったという伝説である。
この赤い手は「北アイルランドのシンボル」として使われることがあるそうだ。

どんなイベントなんだろう?と大学の構内に入ってみると、大音量で「ダンシング・クイーン」の曲が流れていた。ABBAの「ダンシング・クイーン」だ。
クィーンズ・カレッジでダンシング・クイーンとは、すっかり私の気に入ってしまった。「クィーンズ・カレッジのテーマソングはダンシング・クイーンだったりして」と一人で笑ってしまった。

上の地図の左下にQueen’s University の文字が読み取れるはず。
次に向かったのは、地図の北にある Titanic Belfast に向かう。