愛蘭土紀行 その2

予定時刻どおりアムステルダムに着いたようだ。

おかげで全力疾走で移動することはなかった。

乗り換えてイギリス領アイルランド、ベルファストに行く。

アムステルダムと日本の時差は7時間。ベルファストとは8時間の時差。

この旗がめじるし。Kライン・トラベルの刺繍が美しい。だれが作ったのか聞くのを忘れていた。

乗り換えた飛行機はCityhopper 100 と機体に書かれている。
昔のYS-11見ないな感じかな?

軽食が出た。 映画は見られないので、司馬遼太郎さんの「愛蘭土紀行1」を出してくる。「愛蘭土紀行」といっても、「愛蘭土紀行1」のほとんどはイギリスのこと。後半にアイルランドのことがでてくる。司馬遼太郎さんの意識として、アイルランドを語る前に、イギリスとの関係を押さえなくてはならないと考えたのだろう。

ベルファストに到着。荷物も到着。
荷物も乗り換えしてくれるのだから便利なものだ。
バスに乗ってホテルに移動する。

一泊目のホテルは Grand Central Hotel Belfast グラント・セントラルホテル・ベルファスト 上の左の写真は空港でのホテル紹介の写真。右はホテルの部屋からのながめ。アイルランドの夜空は曇っていた。
緯度の高い国での夜空を見るのを楽しみにしていたが、市内のホテルなどで周囲が明るいこと、そして空の雲のため、夜空の星や月を見ることはできなかった。

夕食はついていない。パンフレットにも「夕食は長時間フライトと時差の関係から体調に合わせて各自お召し上がりください。日本からレトルト食品等をスーツケースに入れてお持ちいただくと便利です」とある。
用意してきたカップライスで夕食とする。
お風呂はバスタプがあるので、これも日本から持参のバブでしっかりと温もることにした。
明日からが本格的な観光・勉強がはじまる。