日本語表記の歴史 6

濁音と濁点

万葉仮名には、左のように濁音を表す漢字が使われていた。

「が」なら、「賀」・「何」・「河」・「我」などの漢字が、

「ぞ」なら、「俗」

「ぢ」なら、「治」・「地」・「遅」・「尼」

「ぼ」なら「煩」と、

なるほどそういう漢字を使って「これは濁音です」とわかるようになっていたのだなあと納得できる。

では、「ひらがな」「カタカナ」の濁音を表す「濁点」はいつから使われるようになったのだろう。(上の表は「光村の国語 広がる! 漢字の世界2 漢字が日本にやってきた!」から)

平安時代ー濁音専用の「かな文字」がなかった

「見て読んでよくわかる! 日本語の歴史①」に、濁音についての説明があつた。

「現代では濁音であることを示すために静音の『か』『さ』などのかな文字の右肩にふたつの「’’」(濁点)を打ち、『が』『ざ』などと書きますが、平安時代にはひらがなにもカタカナにも、濁音をあらわすための文字はありませんでした。学問的な書物には濁音であることをしめす記号がありましたが、文学作品や手紙などでは濁音の指示はありませんでした。また、濁音も静音と同じ口の形で発音され、語と語と結びつくと、もとは静音だったのが濁音に発音される(連濁)こともあるので、現代のように濁音と静音はまったく異なる音だと区別して、意識されてはいなかったのではないかとも考えられます。
 いずれにしても、平安時代の人は、文章の中で濁音の指示がなくても文脈に沿って理解し、不自由しなかったものと思われます。
 かな文字に濁点を打って濁音を示す方法が普通の文章で用いられるようになったのは、江戸時代以降のことでした。公式の文書では、濁点を打たないで書くことが、明治時代まで続きました。」

とある。

左は源氏物語の「桐壺」の冒頭の部分。

「い徒連(いつれ)の御時にか女御更衣あま多佐ふらひ給てける中にいとやむことな起きはにはあらぬ可すく連て時めき給ありけり・・・」と書かれている。(専修大学 斎藤研究室のホームページより引用)

http://mojilabo.com/viewer/

万葉仮名と平仮名が使われている。平仮名の濁点はないことがわかる。

平安時代の人たちは、濁音・濁点がなくても前後から判断していたことがここで推測できる。

 

「日本語全史」(ちくま新書 沖森卓也著)によると、

「濁点は、漢文訓読もしくは学問の世界から社会一般に広がっていった。右肩に濁点が固定するのは15世紀後半以降のことで、17世紀初頭になると、その位置がほぼ定着するようになった。ただし、濁点は片仮名書きにはかなり忠実に付されるものの、平仮名に置いてはまだあまり普及していなかった。(P147)」

下の写真は、「下学集(かがくしゅう)」の一部。1444年(文安1)に成立した国語辞書。(「見て読んでよくわかる! 日本語の歴史②」筑摩書房より)
壬生(ミブ)櫛筍(クシゲ)など、片仮名に濁点が打たれているのがわかる。

下の写真は、1821年に刊行された「雅語譯解」。
平仮名に濁点がうたれているのがわかる。(「図説日本語の歴史」今野真二著 河出書房新社 より)

こうして濁音をあらわす仮名として、濁点がつけられていったことがわかる。

上の写真の左は「大日本帝国憲法」の一部、右は「日本国憲法」の一部。どちらもインターネットより引用したもの。
明治時代は漢字と片仮名が使われ、全文を見ると濁点もない。
日本国憲法は平仮名が使われ、濁点もある。

現在のように、法令文書などにも濁点が使われるようになったのは昭和になってからだと言われている。(昭和21年6月17日船「官庁用語を平易にする標準」の策定からだとされている。)
私達の使っている、平仮名中心の文であり、濁点が平仮名でも片仮名でもどちらでも使うようになったのは比較的新しいことがわかった。