山月記③ 読解力

私がEnjoy Simple Englishで「山月記」のことに興味を持ったとき、偶然に「週刊文春」を見た。
そこには池上彰さんと新井紀子さんの対談が載っていた。そこに「山月記」のことが書かれていたのだ。
新井紀子さんは私のブログに何回か書いたことがある数学者。東大ロボ(東京大学にロボットは入ることができるか)を研究してきた人として私は知っている。最近は子どもたちの学力について研究していることで有名になり、新井先生の著書の「AI vs 教科書が読めない子どもたち」は私も興味があって読んだ本だ。そんな新井先生が「山月記」について発言してネットで炎上したという。

どんな発言が炎上のきっかけになったのかは、ネットで「新井紀子 山月記」と検索してみよう。興味のある人は検索するとすぐにわかると思う。

さて、週刊文春の池上さんと新井さんの対談のどこに「山月記」が出てきたいるのか、すこし記事を引用してみる。

池上 新井先生は数学がご専門で、AI(人工知能)の研究でも有名ですが、最近は国語の教科書に関する発言が話題ですね。

新井 炎上してしまって(笑)。

池上 私、目からうろこでした。中島敦の「山月記」が、高校の国語「現代文B」のすべての教科書に載っている。詩人になりそこねた男が虎になってしまうという、中国の説話を基にした小説です。新井先生がその理由を編集者に訊いたら、「山月記」を外すと採用率が落ちるんだと。

新井 国語の先生にとって、教え甲斐のある教材らしいんです。

池上 そのほか教科書によく載っているのは、森鴎外の「舞姫」と夏目漱石の「こころ」。三つとも男性作家による「エリート男性の挫折の物語」で、ジェンダーの観点が欠けているという問題提起でしたね。

新井 「この多様性の低さは、いったい何だ」と思ったんです。高校の女子生徒が、捨てられた舞姫や、自殺してしまう「先生」の奥さんに気持ちを重ね合わせたり共感できるかといったら、できませんよね。いまの時代においても男性と女性で苦悩や挫折の形は違うので、主人公にも共感できません。こういう論点を、国文学の先生はどなたもおっしゃらなかったのかな。

池上 芥川賞だって、女性作家が目立つ時代ですから。

新井 ある教科書は、小説や評論など23篇が載っている中で、女性の筆者は二人だけ。しかも一人は、明治時代の樋口一葉です。現代の女性の書き手を半分ぐらい入れて、多様な問題に触れてこそ、「現代国語」の教科書になるんじゃないでしょうか。日本がこれから移民に門戸を開ければ、多様なバックグラウンドの生徒が入学して来るわけですし。

池上 「現代国語」なのに、現代の問題に直面してどう生きるべきかを考える教材がほとんどない。新井先生の指摘で、初めて気が付きました。

二人の対談はここから「読解力」に移っていく。「『山月記』はなぜ国民教材になったのか」の本にも、「山月記」が読解のための教材として使われてきた歴史があることが書かれていた。
高校での「山月記」の読み取りも大事だが、それ以前の小中学校段階での読解力が不足してきているのではないか、というのが新井先生の主張らしい。

さて新井先生の「読解力が不足してきている」という指摘を考えていると、講談社の雑誌「本」に新井先生の名前が出てくるのを発見した。

この「本」は、フリーペーパーで、大きな書店においてある。
この中に、平田オリザさんが「22世紀を見る君たちへ」という連載を書かれている。これがとてもおもしろくて、これまでは大学入試のあり方や、現状が詳しく書かれていて、これからの大学入試がどのように変わっていくのかと毎月興味深く読んでいた。
7月号は「第13回 子供たちの読解力は本当に『危機的』?」というタイトルで、新井先生の問題提起に平田オリザさんが意見を述べている形になっている。
平田オリザさんは「AI vs 教科書が読めない子どもたち」の本を読んで「この本に書かれていることの本質は、けっして間違っていない」と述べられている。平田オリザさんは新井先生の主張を要約すると、次のようになると書かれている。
1.これからAIが発達し、多くの職業が失われると言われている。
2.しかし、まだAIにできない(苦手な)分野がある。これからは、そういった分野の職が増えるだろうし、それに対応できる人材を育成しなければならない。
3.『東大ロボくん』の成果から、AIがもっとも苦手とするのは、ある種の自然言語処理である。
4.そこで、子供たちには、英語教育やプログラミング教育よりも、とにかく『読解力』をつける教育を行わなければならない。

平田オリザさんは「全面的に賛成する」といっているが、「文章読解能力が危機的な状況にある」という意見には疑問をもっているような書きぶりになってくる。

そうして平田オリザさんは、新井先生の提案する「基礎的読解力を測る試験」の問題文を検討されている。ここからが推理小説を読むようにおもしろかった。

まず新井先生の「AI vs 教科書が読めない子どもたち」に紹介されている英文の問題に関する設問(英語の愛称についての問題)をとりあげている。中学生の正答率が38%で、高校生の正答率が65%だった。
その結果を見て新井先生は「背筋が寒くなる」ととらえ、平田オリザさんは「まあ、そんなもんだろう」ととらえている。

平田オリザさんはこの英文の出典を探されている。
新井先生のこの本にはのっていないので、以前の新井先生の書かれた本からたぶんこの英語の教科書ではないかと推定される教科書を見つけ出される。
この英語の教科書には問題文にあった愛称のことが載っているのだからたぶんそうなのだろう。しかしこれも新井先生にたずねて特定したものではないので、あくまでも推定だと私は思う。

そうしてこの英語の教科書の文章と、「基礎的読解力を測る試験」の問題文とがちがっていることがわかる。そこで平田オリザさんは新井先生の分析に?を持つ、という内容になっている。
ただ、平田オリザさんは「問題文と英語の教科書の文とがちがっているのは、新井先生の責任ではない。「基礎的読解力を測る試験」の問題文は問題作成チームが作ったものなので、新井先生の知らされないところでこの問題文がつくられたのだろう」と解説されている。
さて、私はここまで読んでみて、この経過を平田オリザさんは新井先生に伝えているのだろうか、と疑問に思った。意見交換や情報交換を直接二人ですればいいのに、してないのかな? 
平田オリザさんと新井紀子さんの対談をすれば、すぐに解決できるのに、と単純に思った。それにしても「読解力」というのは難しいものだ。本の読み取り、本の内容を理解する、文章の内容がわかる、その力をどのようにして計測するのか。「読解力」と言う言葉の定義もまた難しい。
わからないことがわかる、これが私の今の段階かな。