くまのプーさん3

上の写真は、あべのハルカスでの「くまのプーさん展」の入口にあった看板。

入口の看板は、「くまのプーさん」の第一章の挿絵を利用して作られている。
この文章と挿絵について、「「くまのプーさん』を英語で読み直す」には次のような説明があった。

・・・・・・・・・・・・

まず本文のレイアウトだが、ミルンはシェパードと共同で作業を始めたとき、シェパードにどのような挿絵を描くか、細かい指示を出している。大きさ、形、内容、ページにおける位置など、すべてミルンが決定しているのだ。たとえば最初の章を見てみよう。ここではプーが木に登り、ハチミツを探す場面が出てくるが、その様子が描かれた絵の横には各行に一つの語が下まで書かれており、ページの一番下には短い詩が載せられている(上の絵を参照)。こうした配置は、作者ミルンの意図に基づくものなのである。普通こうした場合には、編集者や装丁をおこなう人間がレイアウトを決めるものだが、これが作者の手で行われている。いったいなぜなのだろうか?
しかしこれについては説明する必要がないだろう。ページを見ているだけでも、このレイアウトがいかに大事かが一目瞭然だからだ。実際、ディズニーにしても、あれほどいろいろな変更を加えたにもかかわらず、映画の中では同じレイアウトをつかっているのだ。

・・・・:・・・・・・

これは第7章の挿絵。これについても解説がある。

「この挿絵が含まれたページでは、カンガの動きに合わせるかのように、文章の配置も上下に動くようになっている。・・・・
 本文と挿絵に関して、もう一つ指摘すべき点がある。プーの物語では、本文と挿絵が密接に結びついて作品を構成していることだ。物語は当然ながら本文を左から右へ読んでいくわけだが、登場人物の絵の中で示されている指示が、本文と完璧に対応しているのである。つまり、もしプーがどこかへ出かけると書かれていれば、彼の姿は左から右へ動くように書かれ、文章と対応するわけだ。

これは日本語版ではわかりにくい点で、というのも本文と挿絵が違う方向に動くからである。
日本語版で感じを掴むには、挿絵を逆にするか、本文を縦書きから横書きに変えたほうがいいかも知れない。
この問題はそれほど重大なことではないけれど、考えてみれば本が読者に与える心理的効果は、大きな事柄が引き起こすものではなく、ごく小さなことがたくさん集まって生まれるものなのである。」

左は岩波文庫の「くまのプーさん」。
日本語訳は縦書きで書かれている。
そのため、カンガルーの飛んでいる方向は、文章の書かれている方向とは逆になっている。左へ文字を読んでいくことで話が展開していくのだが、カンガルーの進んでいる方向は過去の方向に向かっている、ということなのだ。

翻訳する時に、挿絵を左右反転する、そんなことは許されるのだろうか?
考えたこともなかったことだ。
とにかく、「くまのプーさん」は、作家ミルンが本のイメージをしっかりともっていて、それに基づいた細かな指示の下にシェパードが絵を描いた。それが「くまのプーさん」を誕生させ、全世界に広まったと言えるだろう。

図書館で下のような本を見つけた。

本の裏表紙には、「・・・ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で開催された大規模な展示に合わせて刊行された本書では、作者のA.Aミルトンと挿絵のE.H. シェパードが力を合わせてプーと仲間たちの物語を創り出した背景にどんな秘話があったのかを探っていきます。・・・」とある。
この本にはミルンとシェパードがどんなやりとりをしていたのかを想像できる部分が多く載っていた。たとえば、

左は「プー横丁にたった家」の第8章「コブタがとてもりっぱなことをするお話」(岩波書店 石井桃子訳)にある挿絵。
この挿絵について、ミルンとシェパードのやりとりが載せられている。

「ミルンはシェパードに細かい指示を出しています。『フクロの家が崩れたとき、壁にあるドアに付いていた郵便受け箱は、天井についた郵便受け箱になる(フクロの家の玄関は居間に続くという設定だ)。暖炉が正面を向き、コブタは右側の椅子に座っている。プーは左側だ。家が潰れた後は、右手の壁(ロバートおじさんの肖像画がかかっている壁)が床になる。左側の壁(ドアが埋め込まれている壁)は天井になる。これでわかるかい?」

シェパードは細心の注意を払って構成を考え、参考のため、嵐の前のフクロの部屋まで描きました。」
その絵が上のスケッチ、下にはシェパードの注釈が書かれている。

二人の協力がよく分かる。文章だけでなく全体構成を視覚的に考えていたミルン、その指示を注意深く絵にしていったシェパード、この二人の天才によって「くまのプーさん」シリーズは完成したのだと思う。

「ハルカス美術館」の一階上にある喫茶店で、「くまのプーさん展」にちなんだケーキセットをいただく。コーヒーの上に、ハチをかたどったラテアートというのかな?

学芸員さんの説明の後、もう一回入り直して、ゆっくりと「くまのプーさん」展を楽しむことができた。芸術鑑賞で頭が一杯になったので、胃袋に美味しいコーヒーとケーキでしばしの休憩をとった。ハルカスの「くまのプーさん」展は、今後10年は日本で見ることはできないという原画を見ることができるという、大変お得な展覧会だと思う。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA