サトコとナダ

イスラムのことをどれだけ知っているだろう。 そんな時に新聞で紹介されていたコミックを購入した。 それが「サトコとナダ」だ。

私はイスラムの人と話したこともないし、イスラムをテーマにした講演会などに行ったこともない。

海外旅行でドバイに行った時に自分の目でアラブの人たちを見ることはあったが、ガイドさんの説明を聞くだけの旅だったので、ドバイの人たちと話をする機会もなかった。

最近大阪でも、イスラムの人達の姿を見ることが多くなってきたので、少しは勉強しておかなくてはと思ったので、まず漫画から智識を得ようとした。

二人の出会いが、「そうだなー、はじめての出会いって、こんなんだろうなあ〜」と実感がわきそうなもの。舞台はアメリカに留学中の日本人サトコとサウジアラビアのナダのルームシェアからはじまる。イスラムのことを何も知らないサトコの感覚は私と一緒。絵も丁寧に書かれているので、引き込まれて読んでしまう。

もう少し文字の多い本で、と思って見つけたのがこの本。

本の題名が「サトコとナダ」から、と書いてあるので漫画の本と関係する著者が書いたものかなとおもったが、そうではなかった。
第1章のみが、漫画からの画面が引用されていたが、それ以外はまったく漫画の絵はなかった。

この本のカバーには次のように書かれている。
「皆さんはイスラムにどんなイメージをお持ちですか? メッカに向かって祈りを捧げる人々、ベールをまとう女性、遠い世界のちょっぴり怖い人たち・・・? メディアで取り上げられるイスラムは極端なものばかりなので、ネガティブな印象を持つ方も少なくないでしょう。そこで本書では、イスラムがいつどのようにして生まれたのか、その歴史的背景を紐解くことで、イスラムに対するステレオタイプなイメージをリセットし、よりよいお付き合いのためのヒントを探ってゆきます。我々が知らないうちに身に着けていた、偏見や思い込みというベールを、一旦脱いでみませんか? きっと、多様で豊かなムスリムの姿が見えてくるはずです!」

アルハンブラ宮殿では豊かなイスラム文化を知ることができた。しかし多様な姿にふるれことはまだまだ少ないのが現実だ。

「サトコとナダ」の絵を使って、イスラムの多様な姿が本の最初に紹介されていた。
イスラムといえば、上の絵の右端の男性、左端の女性が思い浮かぶがそうではないことが一目で分かるようになっている。イスラム教の信者は11億3000万人、世界の四人に一人はイスラムに関係する人たちだそうだ。
新書判らしく読みやすく、本のタイトル通り「イスラム入門』だと思う。

もう少し勉強用の本はないかなあと探していて、見つけたのが右の本。

池上彰さんの本で、写真や地図も多く大変読みやすくできている。

P40に『イスラム教は平和を求める宗教』という章がある。「現在、イスラム教徒の、ごく一部の人々が自爆テロなど過激な行動をとっているために、イスラム教に悪いイメージをもつ人が増えています。」と解説が続く。
なぜ過激派がでるのだろう、その根拠はなんだろう?という疑問がずっとあった。

池上さんは「過激派のまちがった『コーラン』解釈」と説明されている。

・・・・・・・・・

「コーラン」には、つぎのような記述があります。

1.「汝らに戦いを挑むものがあれば、アッラーの道において堂々とこれを迎え撃つがよい。だがこちらから不義を仕掛けてはならぬぞ。アッラーは不義なす者どもをお好きにはならぬ」(コーラン第2章より)
2.「もし汝らが(戦場で)死んだり殺されたりした場合、必ずアッラーのお傍に呼び集め戴けるのだぞ」(コーラン第3章より)

 「イスラム原理主義過激派」と呼ばれる人々は、「コーラン」のこうした記述から、自分たちのテロや破壊行為を、イスラム教の教えを守るための「ジハード(聖戦)」だと主張します。また、彼れは、2から(イスラムのために戦死したら、すぐに天国にいける」とも考えています。

 もともと「ジハード(聖戦)」とは、「イスラムの道に信者一人ひとりが努力すること」という意味です。「イスラムの教えを守り、広めるために戦争をしてもよい』という意味ではありません。・・・・略・・・・・この「努力」を意味する「ジハード」が、日本語では「聖戦」と訳されたこともあり、戦争のイメージが強くなってしまい、いまも誤解されているのです。

・・・・・・・・・

誤解となったもとの原因を根拠をあげて説明されているのは、池上さんらしいと思った。
この本のまえがきに「宗教は人の幸せをめざすものであるはずなのに、どうして宗教をめぐって不幸がおこるのでしょうか? このことについても一緒に考えていきましょう」と書かれている。
考えるための根拠や歴史的背景が紹介されている本だと思った。

わずか3冊で何がわかるか、とも思うが、考えていくための材料にはなっていると思う。

マンガの「サトコとナダ」は全4巻で終わりになっていた。

このマンガの監修の西森マリーさんは第4巻の最後の「完結によせて・西森マリー」に文章を寄せている。その最後にこう書いている。

「紙に導かれた出会いの産物、『サトコとナダ』をお読みになったみなさんが、世界観をさらに広げ、それと同時に日本のすばらしさをより深く味わうことができますように。
インシャーアッラー」

広い世界観をもちたいものだとつくづく思う。