難波神社寄席 第三問

さて桂文喬さんの落語「宿題」からの最終問題。

4人姉妹で、サクランボを分けました。  
4人で分けると1個余ったので、鳥にやりました。  
食べようとしたら友達が来たので、友達に1人分あげました。  
3人分を4人で分けると2個あまったので、鳥にやりました。  
食べようとしたらお父さんが帰ってきたので、お父さんに1人分あげました。  3人分を4人で分けたらちょうど割り切れたのですが、最初に分けたときよりも10個ずつ少なかったのです。  
さて、サクランボは全部で何個あったのでしょうか。

関係が理解し難いので絵に表してみよう。

一番最後のさくらんぼ一人分の個数をn個とすると、このときのさくらんぼ全体の量は4n個となる。

①.一つ前の段階に戻って、「お父さんのさくらんぼを含めて」このときのさくらんぼの量は 4n+4/3n 個になる。
 A’+B’+C’=4*n だから A’=B’=C’=4/3*n

②.一つ前にもどって、A’+B’+C’+D’+2=4(4/3*n)+2 となる。

③.さらに一つ前に戻って、A=B=C=(友達の分)だから
 A+B+C+(友達の分)=4*{4(4/3*n}+2}/3
            =(64/9)*n+8/3

④.③で求めた数が4姉妹の合計数だから4で割ると一人分が出る。その数は
  最後の数であるnより10多いので、

  {(64/9)*n+8/3}/4=n+10 これを計算すると
    (64/9)*n+8/3=4n+40
       64n+24=36n+360
         64n−36n=360−24
           28n=336
             n=12
  nは一番最後のさくらんぼ一人分。その数は最初の数より10小さい。
  したがって最初のさくらんぼの合計数は (12+10)*4+1=89

  答え 最初のさくらんぼは合わせて89個あった。

なんとも面倒な計算になってしまった。

本当にこんな問題が小学校の宿題ででるのだろうか。
この落語「宿題」は桂三枝さん(現在の桂文枝さん)の創作落語。どこでこの題材を見つけ出してきたのか大変興味があるところだが、私にはよくわからない。

落語「宿題」では、上のような計算までは含まれていなかった。
わけのわからない問題に怒り心頭のお父さんは塾に文句を言いに行く、抗議に行く、怒鳴り込みに行く、実際はどのへんの段階なるのかわからないが・・・
「こんな問題をださないでくれ」と怒ったお父さんに、塾の先生はなんと返答したのか、それがこの落語「宿題」のさげ、おちになるのだが、そこは実際に聞いて確かめることをおすすめする。

しかし桂文喬さんはよく覚えているなあと感心する。
文章問題の問題文、解答のための数字や計算式、丸覚えするといっても意味がわからなければ暗記もできないだろうに、と思う。そうすると桂文喬さんも紙の上で計算式を何回も書いて覚えたのかなあと思ったりするが、古典の演目だけでなく、新作落語にも芸の幅を広げようとする前向きさには、私も見習わなくてはと感じた。

落語は繁昌亭だけでなく、いろんなところでおこなわれているようだ。
繁昌亭のようなしっかりとした寄席だけでなく、難波神社寄席のように大会議室のような部屋を寄席風にレイアウトを変えてやっているところもあるそうだ。
機会があれば、いろんな寄席に行ってみたいし、落語だけでなく上方演芸にもっと親しみたいと思う今日このごろだ。