大恐竜展 in スカイオ③

進化の歴史

この図はインターネットよりの引用。

https://www.kaseki7.com/z_column/dinosaur_evolution.html

鳥類の進化の歴史についての図もあった。

上の図から鳥類の進化がわかる。 鳥盤類も竜脚形類も滅んだ。 竜盤類の獣脚類の一部が生き残り、原鳥類そして鳥類に進化したと説明されている。私たち哺乳類は、古生代石炭紀(約3億年前)に、両生類から別れたと図にある。

左の写真は恐竜展にあった鳥類の化石。
アーケオプテリクス(鳥類:古鳥類)、ジュラ紀後期のもので、ドイツで発見されたと説明があった。アーケオプリテクスは「始祖鳥」と呼ばれていたものだ。始祖鳥が現在の鳥類の直接の祖先、という説には異論もあるそうだ。

 

日本のアンモナイト

恐竜展の出口に近い所に日本産のアンモナイトが展示されていた。
「ゴードリセラス イズミエンゼ」約20センチぐらいの大きさだ。
淡路から四国にかけて中生代の地層「和泉層群」がある。その地層から発見されたアンモナイト。そこから「ゴードリセラス イズミエンぜ」と名付けられたそうだ。
上のアンモナイトは貝塚市で発見されたと説明がある。(ネットで調べると「ゴードリセラスとはアンモナイトの種類で、ゆる巻きで楕円形の断面を持つ」とあった)

「シャスティクリオセラス・ニッポニカム」(白亜紀前期、和歌山県湯浅町産出)。「一見渦巻き状に巻いているように見えるが、実は中心部は空になっていて、少しゆるんだ巻き方をしている」のが特徴だそうだ。

貝塚、和歌山と近い所に古い化石があることを知ったのは収穫だった。
いつか、化石とり、アンモナイトの採集などがやってみたいものだ。

化石の発掘体験のコーナーがあった。
男の子が楽しそうに砂に埋まっている化石をほりだしている。
その背中にあるリュックはなんと、恐竜型。こんなリュックがあるんだ!と、それにびっくり。ショップコーナーを見たがそのようなリュックは売っていなかった。そうすると家から恐竜リュックで来たんだな。恐竜大好きなんだ。ネットで「恐竜 リュックサック」と検索してみると、左のような紹介があった。

https://item.rakuten.co.jp/quintetto/23-un-0139/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

小さな子ども連れの若いお母さんやお父さんの姿が多かった。
5月2日に3万人突破、と新聞記事があった。
やっぱり恐竜ファンが多いのだ。